パイナップルケーキには土鳳梨酥と鳳梨酥がある。台中でしか買えない日出の土鳳梨酥をいただきました。[ Did you know pineapple cakes between authentic one and another? ]


あけましておめでとうございます。
酉年です。
とりはトリでもニワトリが一般的ですが、
なんとも美しいクジャクが描かれたパイナップルケーキをいただいたので、
新年いっぱつ目はパイナップルケーキのお話でも。
20170101-PineappleCake_Taiwan-2.jpg
パイナップルケーキといえば価格帯も味もピンキリです。
台湾みやげといえばパイナップルケーキ!勝手にパイナップルケーキ頂上決戦です。
だいたい800円以上するヤツがうまいよ、という結論でしたが、
なんとなんと!
パイナップルケーキは大きく分けて2種類あるってことに気がつきました。
20170101-PineappleCake_Taiwan-8.jpg
土鳳梨酥(トォー、フォン・リン・スゥ〜)と鳳梨酥(フォン・リン・スゥ〜)です。
いままで食べた経験上、土鳳梨酥って書いてあるヤツが圧倒的にうまい。
ちなみにこの白い包みの土鳳梨酥は中身も台湾のカタチをしてて、
すごく美味しかったのに包み紙に会社名がかいてなくて迷宮入り中・・・
職場のロッカーにいっこだけポツンと入っていたのです。
20170101-PineappleCake_Taiwan-7.jpg
土鳳梨酥と鳳梨酥の違いですが、
土鳳梨酥は中の餡が100%パイナッポーアッポーペン・・・失礼しました。
100%パイナップルから作られています。
鳳梨酥の餡はパイナップルと冬瓜をミックスしたものです。
この豪華な箱の土鳳梨酥は台中でしか手に入らない人気商品だそうです。
20170101-PineappleCake_Taiwan-3.jpg
台中、日出の土鳳梨酥です。
オフィシャルサイト:http://www.dawncake.com.tw/
20170101-PineappleCake_Taiwan-4.jpg
土鳳梨酥と鳳梨酥では土鳳梨酥のほうがうまいとかきましたが、
一般的に鳳梨酥より土鳳梨酥が高価でまわりのクッキーも上品な味がします。
どちらが好きかは味の好みなので自分でいっぱい買って食べてみるしかない!
20170101-PineappleCake_Taiwan-5.jpg
日出の土鳳梨酥は丸いカタチをしていました。
20170101-PineappleCake_Taiwan-6.jpg
中の餡も外のクッキー生地もおいしいです。
まだ台北にしか行ったことはありませんが、台中に行きたくなります。
パイナップルケーキには土鳳梨酥と鳳梨酥がある。
1月1日から「ため」になるお話でした。
スポンサーサイト

信州小布施のおいしいおみやげ。小布施堂のくりあんケーキとオブセ牛乳のゴーフレット。[ I got YUMMY souvenirs from my friends. Two items both from OBUSE area in Nagano. ]


秋と言えば「栗」ですね。
栗といえば「小布施堂」ですね。
めちゃくちゃうまいケーキをいただきました。その名もズバリ、
くりあんケーキです。
201609OBUSEDO_cake-4.jpg
ゴロンとでっかい栗が入っています。
右下の指のオイリーさで分かるかと思いますが、
さわっただけで分かる超絶しっとりケーキです。
201609OBUSEDO_cake-3.jpg
栗はもちろんのこと、パウンドケーキ部分も最高にうまいです。
コレを作った人は天才です。
以前いただいた小布施堂の栗鹿ノ子も長生きを決意させるほどに美味しかったのですが、
和菓子だけならず洋菓子もハイクオリティな小布施堂さんです。
ちなみに、くりあんケーキ1個361Kcalというなかなかのハイカロリーっぷりです。
不動のハイカロリー = うまいという式ですね。
201609OBUSEDO_cake-2.jpg
ところで、わたしのまわりは「おぶせ」ブームなんでしょうか?
信州小布施のオブセ牛乳のゴーフレットもいただきました。
月の上で寝てるボーヤの可愛いパッケージです。
201609OBUSEDO_cake-5.jpg
七宝柄の演技の良さそうな焼き菓子です。
201609OBUSEDO_cake-6.jpg
サックサクでこれまた美味しかったです。
というわけで「オブセ2連発」でした。
ごちそうさまでした。

金沢の落雁の老舗「諸江屋」のらくがんを東京のKITTEに買いにいきました。[ "Rakugan" is Japanese traditional sugar candy. "Moroeya" made Rakugan since 1849. ]


JR東京駅丸の内南口駅を出て横断歩道をわたってすぐのところにあるKITTE。
はじめて中に入ってみましたが・・・キレーイ!
なんだか外国のショッピングモールに来たみたいな異国情緒っぷりです。
201608moroeya_Tokyo-4.jpg
ここの地下に「諸江屋」という金沢の落雁屋さんがあるのです。
東京出店はここ一箇所のみです。
201608moroeya_Tokyo-5.jpg
金沢城と城下町の柄の包装紙に包まれたサイロコ状のコレ!
かわいくってたまらんでしょ。
201608moroeya_Tokyo-2.jpg
これは「わび・たんす小」という商品です。
タンスも良くできています。
こんな贈り物もらったら絶対嬉しいわ!と思います。
201608moroeya_Tokyo-3.jpg
「わび」は贈り物用に買って「花うさぎ」を自分用に買いました。
赤・碧・紫のパッケージがあります。
201608moroeya_Tokyo-6.jpg
諸江屋・花うさぎ、400円(税別)です。
201608moroeya_Tokyo-8.jpg
パッケージの色は3種類ありますが、中身は同じです。
白・ピンク・きみどりの落雁が入っています。
201608moroeya_Tokyo-9.jpg
「おーい、お抹茶、おねがーい!」
上品な落雁にはおいしい抹茶が欲しいです。
わたしの茶筅、どこいっちゃったんだろうかなぁ〜?
201608moroeya_Tokyo-7.jpg
落雁諸江屋 / 和菓子(落雁) | KITTE内
KITTE OFFICIAL WEB | http://jptower-kitte.jp/shop/b119.html