北陸新幹線の中で買える250円の白えびビーバーの話。


北陸新幹線の中でメニュー表をしげしげと見ていてビーバーに思いを馳せていました。
ビーバーというあぶらっこいスナック菓子を知っているのか?
富山や石川にゆかりのある人なら知らない人はいないであろうビーバーですが、
関東でビーバーを知っている人はよっぽどの北陸マニアか変態だけです。
201803BEAVER_snack-2.jpg
ワゴンを押したおねーさんがきたので「ビーバーください!」と引き止めます。
いくつある?ってきいたら3つあったので全部買いました。
ノーマルのビーバーは新幹線には常備されておりません、白えび味だけです。
201803BEAVER_snack-3.jpg
スーツケースの半分はおみやげのためにある。
それはタイに行こうが日本の中であろうが揺るぎない法則です。
たった1泊2日の仕事だったとしてもスーツケースを持ち出した以上は、
半分のスペースをおみやげで埋めて帰るんだ!
という覚悟を決めたということに他なりません。
ちなみに、みやげで本日のギャラの80%以上を使ったことはナイショです。
201803BEAVER_snack-4.jpg
あぁ、これこれ、このしっとりとしたサクサク感、ビーバーだわぁ〜
じんわーりとベロの上に残る白えび味がまたたまらんわ〜
ノーマルビーバーよりもずいぶんと上品な味になってるわね〜
北陸新幹線に乗った白えびビーバーを買うことをお忘れなく!
スポンサーサイト

わたしの愛する富山銘菓「不破福寿堂の鹿の子餅」から鹿マークが消えていた話。


その夜、富山な大雪だったのです。
短時間にして降り積もった雪道を10分ほど歩くと、次の日見事なまでの筋肉痛になりました。
201802Toyama_Souvenir-2.jpg
さ、わたしの大好きなアレを買って帰ろうじゃありませんか。
きときと市場とやマルシェです。
ところが、わたしの愛する不破福寿堂の鹿の子餅を販売しているお店が改装中で、
鹿の子餅を手に入れられないピンチ!!!
201802Toyama_Souvenir-3.jpg
無事、新幹線駅の入り口の隣にあるおみやげ屋さんでみつけました。
コレを買わないで帰ることなんてできません!
201802Toyama_Souvenir-5.jpg
そもそも包装紙が変わっていたので見つけるのに手間どってしまいました。
ひたすら鹿のマーク入りのあの包装紙を探して店内を何周もしてしまったではないか!
201802Toyama_Souvenir-8.jpg
というか、あの鹿のマークはどこにいってしまったのだ!?
パッケージが大伴家持と御車山の車輪になっています・・・
201802kanokomochi-1.jpg
不破福寿堂のなつかしい鹿マークで今年着る用のTシャツでも作ろう・・・
まさか鹿マークが無くなるなんて思ってもいなかったな・・・
というかTシャツ第一弾はすでにめっちゃ鹿撃ちそうなTシャツとして出来上がっています。
鹿Tシャツはちゃんと時と場所を選んで着用しています
201802Toyama_Souvenir-6.jpg
閑話休題。
不破福寿堂の鹿の子餅はコーヒーにもよく合います。
koffeで買ったコーヒーと共にいただきましょう。
201802Toyama_Souvenir-7.jpg
鹿マークはなくなってしまいましたが、不破福寿堂の鹿の子餅は永久不滅、
唯一無二の富山銘菓としてわたしの中で君臨し続けています。
201802Toyama_Souvenir-4.jpg
外国チックなトラム駅を見たりしながら鹿の子餅を買いに富山に行ってみないか?
まだ、あなたが出会っていない美味しいもの、いっぱいあり〼
「とやまにこられんけ?」

タイみやげのクノール・グリーンカレーパウダーが天才的に旨いという話。


最高に美味しい最強のタイ・グリーンカレーの素はこれ以外にありえません。
クノールのグリーンカレーパウダーです。
201802Thai_Green_Curry-2.jpg
さっそく作ろう!
作り方は英語でも書いてあるのですが、肝心の材料と分量がタイ語のみ!
タイランドのクノールのマイペンライっぷりに頭が下がります。
分量のおさらいはこちらで。
201802Thai_Green_Curry-3.jpg
フクロタケっぽいものを食べたかったので、
ホールのまんまのマッシュルーム缶をぶちこみました。
その他の具材はジャガイモと鶏肉のみです。
201802Thai_Green_Curry-4.jpg
忘れちゃいけないのが砂糖です。
砂糖の入っていないグリーンカレーなんて星のでてない夜空みたいなもんだぜ。
ただの砂糖ではなくパームシュガーにしましょう。
ドライタイプのパームシュガーは使いやすくてマストお土産ですよ。
瓶に入ってるやつは重いので、この袋タイプのやつが最高です。
201802Thai_Green_Curry-5.jpg
盛り付けセンスがないことで名を馳せているチナコロキッチンです。
森のようにブロッコリーを置きたい!
この木なんの木気になる木みたく!・・・おしいね、遠いね。
201802Thai_Green_Curry-7.jpg
ヘドンのビッグバドを肴にグリーンカレーを堪能しました。
ほんっとにうまいなぁ〜コレ。
タイのお土産には絶対クノールのグリーンカレーパウダーですよ。
201802Thai_Green_Curry-6.jpg
シーズンインまで2ヶ月を切ったバスフィッシングですが、
ビッグバドをリメイクしてルワァ作ろうサミット2018が開催されました。
そのうち素敵なルワァのメイキング風景をおとどけします、おたのしみに〜。
グリーンカレーごちそうさまでした。