新大久保のネパール料理レストラン「アーガン」でネパール成分を補給するの巻 [ Nepal Restaurant Asngan at Shin-ookubo, Tokyo. ]



お久しぶりのネパールです、新大久保のアーガンです。
新大久保駅からほんのすぐそこなのに、人、ひと、ヒトが居すぎてなかなか店にたどり着かない。
新大久保駅前は歩行者天国にでもしたら良いよ、せめて土日だけでも・・・

201903Aangan_Nepal-2.jpg

ひとまず、じゃがいものアチャールとネパールアイスでかんぱーい!

201903Aangan_Nepal-3.jpg

マトンセクワ、うめぇ。
ネパールでそんなにマトン食わないって話はこちら。

201903Aangan_Nepal-4.jpg

ネパール行きたいネパール行きたいって言ってたら、
12月にネパールに行って来た友達が出国カードをプレゼントしてくれました。

201903Aangan_Nepal-5.jpg

おみやげはネパールのコップとココナッツビスケット
なぜかパールに行っていない別の友達がメヘンディをくれました、超うれしい。

201903Aangan_Nepal-15.jpg

今日の店内BGMはどーやらお経らしいぞ。
ランチを楽しんでるだけで徳を積めるという最高なBGM。
ついでに店の入り口の巨大なマニ車もグルングルン回しておこうじゃあないか。

201903Aangan_Nepal-7.jpg

ネパール料理といえばモモ。
ももが16個ものっかってる大皿を注文し、あびるように食べます。

201903Aangan_Nepal-6.jpg

エッグバラとラーメン。
ネパールのラーメンとは?

201903Aangan_Nepal-14.jpg

ヒンドゥー教の神さまクリシュナ神です。たぶん。

201903Aangan_Nepal-12.jpg

ネワリボジセットを注文してみました。

201903Aangan_Nepal-8.jpg

おねーさんが運んで来て、説明しながら並べてくれました。

201903Aangan_Nepal-9.jpg

これはワクワクするセットですね。
ネパールのお酒ラクシーは「現地のはもっとドロドロしてた!」とのことです。

201903Aangan_Nepal-11.jpg

そーいえば、ネパールにも「そばがき」があるそうですよ。
蕎麦の実が収穫できるんだって。
え?ヒマラヤの美味しい天然水で蕎麦を打って食べれるんじゃない?それって。

201903Aangan_Nepal-13.jpg

ネワリボジセットについていたネパールのデザート「ラルモン」です。
丸いカステラ(ドーナツ?)をひたすら甘いシロップに漬け込んだ歯が溶けそうなお菓子です。
甘くて死ぬ!といいながら完食した甘党です。

201903Aangan_Nepal-16.jpg

今回は、BCまで連れて行ってくれるガイドさんを見つけたよ!という朗報がありましたが、
えーと、まだカトマンドゥにも行ったことないんですが・・・
なんと2週間で30万円!それは安い!行きたいなBC。

201903Aangan_Nepal-10.jpg

もうお腹いっぱいで動けなくなっているところへトドメのジャガイモのパンケーキきたー!
だれだ、こんなに注文したやつ!(w

201903Aangan_Nepal-18.jpg

しかしですよ、こんなに飲み食いして8120円とは!安い・・・

201903Aangan_Nepal-17.jpg

ネパール民族料理 アーガン (Aangan)
東京都新宿区大久保2-32-3 リスボンビル4F
TEL:050-5592-7957
営業時間 11時から24時まで

。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。

🍛カレーデータベース
スポンサーサイト

取手でネパール料理探索中!「マナシ」



取手でネパール料理店の捜索中です。
さて、ネパールレストラン?インドレストラン?マナシです。

201812MANASHI-curry-2.jpg

ディナーセットのはじまりはじまり〜。
マンゴーラッシーを飲みながら豆のせんべいを食べます。
このしょっからい豆せんべいは、バスマティライスとカレーの上にぶっかけるとうまいんだよ。
でも、きょうはナンを食べます。

201812MANASHI-curry-3.jpg

手前がふつうのナン。
奥のがチーズナン。
これでもか!ってほどにチーズが入っているチーズナン!
マトンカレーとナン、うまかったです。

マナシ [ MANASHI ]
茨城県取手市藤代678-1
TEL:0297-83-5949


🍛カレーデータベース

新大久保駅の左側エリアでネパール成分を補給する休日 in ナングロガル・ネパール料理レストラン


わたしたちは日本の中の小ネパールである新大久保に集まって、
定期的にネパールの成分を補給しないと生きていけない部類の生物です。
はい、しゅーごー!
201809NangloGhar-12.jpg
新大久保駅の左側のエリアの「ナングロガル」にやってきました。
ちなみに右側エリアは言わずもがなのコリアンエリアです。
左側と右側の密度が明らかに違うのは行けば体感できますが、わたしは左側派です。
201809NangloGhar-1
ネパールといえばネパールモモです。
蒸しモモとスープモモはメニュー表を開く前にオーダーするべき!といっても過言ではないです。
201809NangloGhar-2.jpg
「ネパールのおいしいご飯のブランド」という謎の翻訳がくっ付いていますが、
そうだね、きょうは4人居るから小料理の他にこれもワンプレート食べましょう。
201809NangloGhar-5.jpg
パニプリが自分で作るタイプのやつでした。
コレは楽しい!
201809NangloGhar-6.jpg
ボールクラッカーの上を少し砕いて、じゃがいもと豆の茶色いやつを詰めてスープを入れて食べます。
かたくてなかなか砕けなくて苦戦!笑
201809NangloGhar-9.jpg
バラは玉子入りのやつが好きです。
バラは豆のパンケーキのことです。
バラにスープが付いてるのは初めて見ました。ダンクして食べました。
201809NangloGhar-7.jpg
タカリスペシャルはマトンとポークをオーダーしたんだけども、チキンとポークだったね。
うまいからどっちでもいいけど↓小皿に自分用をとりわける、バエるように!
201809NangloGhar-8.jpg
豆のせんべいがパリパリとアクセントになって旨いんだ〜。
ナングロガルの料理は塩が控えめ(現地の料理よりは)でおいしいですよ〜。
201809NangloGhar-10.jpg
お待ちかねのスチームモモ。
おいしいです。マトンくささがちょっと足りないけど!笑
201809NangloGhar-11.jpg
スープモモのスパイスの海で溺れたい、うまい。
ネパールに行こう、来年は絶対に!という決意を固めてモモを噛みしめました。
201809NangloGhar-13.jpg
モモのテイクアウトもできます。
作りたてが一番ウマイのは承知の上ですが、どんだけでも食べたいのです。
201809NangloGhar-3.jpg
ナングロガル (Nanglo Ghar)
東京都新宿区百人町1-17-10 常陽第2ビル 3F・4F
TEL:050-5590-8426