ワット・サケットから見るバンコクの夜景とロイカトーン2017。[ Wat Saket at The Golgen Mount Thailand. Loy Krathong 2017. ]


ザ・ゴールデンマウント・タイランドです。
タイの友達が「ゴールデンマウンテン!ゴールデンマウンテン!」って言うので、
バンコクに山なんかないだろ!って言ってやったらココに連れてこられました。
20171104WatSaket_Bangkok-7.jpg
318段の階段をのぼっていくそうな。
山っていうか、階段やん!
20171104WatSaket_Bangkok-6.jpg
途中にこんなアトラクションがあったら、
迷わずにゴーンといっときましょう、やっときましょう。
20171104WatSaket_Bangkok-5.jpg
ここにもシャンプーする女神いたわ!!!と思ったら、
日光東照宮のような「見ざる、言わざる、聞かざる」ぽいのがありましたよ。
20171104WatSaket_Bangkok-8.jpg
テッペンまでのぼると夜風も気持ちいいし、そこそこの夜景も見えます。
海抜はたったの80メートルですが、登りきった達成感で非常に気持ちが良い!
ちなみに外国人の入場料は20バーツですが、
トイカトーン期間中は徴収していないのか無料で入れました。
20171104WatSaket_Bangkok-2.jpg
お寺に入ってすぐのところに、こんなキレーなアトラクションが用意されていて、
もれなくキャンドルを買って浮かべてみた〜くなるようにできています。
20171104WatSaket_Bangkok-1.jpg
キャンドルを買うときに、タイ人友達に「何曜日生まれ?」ときかれました。
ここでタイの文化をいっこ紹介しましょうね。
タイでは「曜日の色」というのが決まっていて、
自分の生まれた日の色を身につけて幸運を呼び込んだりします。
日曜日、月曜日、火曜日、水曜日、木曜日、金曜日、土曜日です。
20171104WatSaket_Bangkok-3.jpg
何曜日ってきかれて火曜日ってこたえたけれども、
桃色のキャンドルは売っていなかったというオチですが、
たくさん浮かべたキャンドルはとても美しく、
ワット・サケットからみる夜景はそこそこキレイでした。
そしてロイカトーンだったため、激コミでした。
スポンサーサイト

サンティチャイプラカーン公園で2017のロイカトーンをお祝いしました。[ Loy Krethong 2017 at Santi Chai Prakarn Park. ]


2017年のロイカトーンは11月4日でした。
11月3日の夜、バンコクダウンタウンを125ccのヤマハの何かに乗って、
すり抜け上等!バス専用レーン爆走上等!
完全にバンコクのバイクっ子になってロイカトーンをお祝いしている場所に行きました。
20171104LoyKrethong-10.jpg
サンティチャイプラカーン公園です。
大洪水の2011年に、カオサンからぶらぶら歩いて大河と化したチャオプラヤ川を
見に来た時以来ぶりのサンティチャイプラカンパークです。
20171104LoyKrethong-2.jpg
公園の中には、伝統工芸や文化を展示してある(と思われる)ブースが
たくさんありました。
これはバナナの葉っぱで編んだ壺っぽいもの。
20171104LoyKrethong-3.jpg
砂糖をこねてつくったマジパン菓子のようなもの。
とくに食べさせてくれるわけではないらしい・・・。
20171104LoyKrethong-4.jpg
タイと言えばフルーツカービング。
ここではおにーさん、おねーさんが実際にカービングのデモをしていました。
20171104LoyKrethong-5.jpg
ただニコニコしているだけの綺麗なおねーさん。
こんなふうにロイカトーンは祝われていました。
20171104LoyKrethong-6.jpg
では今年のフロートを流しておきましょう!
今年はコレを買いました(正確には買ってもらいました)
お金を渡しているところが写り込んでてゲス感満載ですね。
マリーゴールドがいっぱいつまったフロートを片手に、
チャオプラヤ川のような大きい川にどーやってフロートを流すんだろうな?
って思ってたら・・・
20171104LoyKrethong-7.jpg
スライダーが用意されていました。
ここにフロートを流すと、どんぶらこっこと川に流れていってくれる寸法です。
きわめて合理的です。
20171104LoyKrethong-8.jpg
お祈りをして流したわたしのフロートが流れていく様子です。
どんぶらこっこ、どんぶらこっこ。
流れていった先を見にいってみよう!
20171104LoyKrethong-9.jpg
今年のチャオプラヤ川も豊水ですね〜。
しかも流れが速い。
スライダーから川に流れ出た瞬間にろうそくも消え、川の端の方にふきだまり、
いわゆるゴミと化していたのは言うまでもありません。
サンティチャイプラカーン公園からのロイカトーンレポートでした。
つづく。

バンコクに撮り鉄はいないのか?電車を撮るのに最高なのはこのBTS駅です。


バンコクに行ったらぜひ見てみたかったもの、それはマハナコーン(มหานคร)。
「偉大な都」と名付けられた314メートルの超高層ビルです。
2016年8月29日にできあがったばっかり、できたてホヤホヤです。
201707MahaNakhon-3.jpg
高いビルは好きですが、作り途中のような崩れたような謎のデザインを、
実際に見てみたかったので来てみました。
ま、高層ビルなんて近くで見るもんじゃないってことは分かっていましたが・・・
201707MahaNakhon-4.jpg
「君の名は」風になるアプリで加工したらいい感じになるかしら?
そーいえば、「タイ」と「君の名は」で思い出した三菱商事の御曹司さん(名前忘れた)に
品川で焼肉ごちそうになったことあるわ。
201707MahaNakhon-1.jpg
よりいっそう「君の名は」っぽくしてみた。
ちょうど明後日の土用の丑の日にDVDが発売になりますね〜。
途中で寝ちゃってストーリーの大半を覚えていないんでもう一回見なくちゃ。
201707Chong_Nonsi_Station-5.png
マハナコーンはチョンノンシー駅の西側にあります。
ちなみにタイ人に東西南北は通じないので、「駅の西側に居るよ」と言っても
98%の確率で迎えにきてもらえません。
タイ人と待ち合わせをするときは「〇〇ストリートのソイ3に居るよ」という感じで、
ソイを使うと100%の確率で迎えにきてもらえます。
ここで撮り鉄の話です。
このチョンノンシー駅ですが、地図で見てもよく分かる絶好の撮影ポイントです。
90度コーナーが2箇所もあるんです。
201707Chong_Nonsi_Station-1.jpg
まずは駅の北側コーナーを見てみましょう。
ここをセクシーに車輛をくねらせてBTS(スカイトレイン)が通るんです。
201707Chong_Nonsi_Station-2.jpg
どうですか、最高じゃないですか。
iPhone7でなんかセンスない感じに撮れちゃってますが・・・スンマセン・・・
201707Chong_Nonsi_Station-3.jpg
つづいて駅の南側のコーナーです。
コチラ側のすっきりとしたコーナーもたまらんでしょ。
201707Chong_Nonsi_Station-4.jpg
ここはさ、望遠で後ろの白い橋と一緒に撮ったらいいんじゃないかな。
30℃超えのBTS駅で電車にも乗らず、
あっちへこっちへ移動してiPhoneを構えていたわけですが、
わたし、まだ、BTSの各駅で撮り鉄を・・・
み た こ と あ り ま せ ん!
タイには撮り鉄って居ないのかな?
201707Phloen_Chit_Station.jpg
朝焼けのBTSステーションなんて最高だと思うんですけどね。
というか、
始発で空港に向かわなきゃいけなかったんで電車撮ってる余裕ありませんでした。
ここにね〜スカイトレインがシャーって写ってたらかっこいかったろうにな〜
おしまい。