バンコクで人気のルーフトップバー・スピークイージー [ The Speakeasy Rooftop Bar / Hotel Muse Bangkok / Thailand ]



すでに空気がラグジュアリーで高級さしか醸し出していないここはどこだ。
ここは高級ホテル・ミューズの最上階です。

201912SpeakEasy_BKK-4.jpg

ルーフトップバー・スピークイージーに来てしまいました。
The Speakeasy Rooftop Bar です。

201912SpeakEasy_BKK-3.jpg

わたしは今、天上の人です。
思えば、なんどもフラッとバンコクの数あるルーフトップバーの入り口で、
「ドレスコードがなってない」と追い返されること数回、やっとこれましたよ、ここへ。

201912SpeakEasy_BKK-1.jpg

やたらとデカく、暗いのに黒くて読みにくい高級そうなメニューです。
本当に高級でした、このカクテルが1杯660THB(約2500円)です。

201912SpeakEasy_BKK-2.jpg

いぇーい!2500円の味、天上からの眺め、最高(下品だ)

201912SpeakEasy_BKK-5.jpg

スピークイージーからチッロム駅のあたりをながめたところ。
メイン通りのプールンチ・ロードから少し奥まっているのでとても静かで良い場所です。

201912SpeakEasy_BKK-7.jpg

お手洗いのシンクで理解する高級度合い。
ホテルミューズ、ルーフトップバー・スペークイージー共に芸能人が宿泊に来たりする、
人気の高級ホテルなんだとか。

201912SpeakEasy_BKK-6.jpg

The Speakeasy Rooftop Bar
https://hotelmusebangkok.com/restaurants-bars/bangkok-rooftop-bar-speakeasy/

__________ 🍸__________
スポンサーサイト



クロントーイ市場にナーンレッドを探しに行ったが見つからないばっかりが、クロントーイ市場は生鮮食材の市場だった話。



こんにちは、庭木がマンゴーの国タイランドです。
きょうは市場にナーンレッドを探しに行きます。
ナーンレッドってなに?ってひとはまずナーンレッドについて知ってください、とても美味しいです。

201905KhlongToeiMarket-1.jpg

地下鉄に乗ってクロントーイ市場にやってきました。
緑色の屋根のところがクロントーイ市場です。

201905KhlongToeiMarket-2.jpg

あるかな〜ナーンレッド。
ナーンレッドの原料は見つけました、コメです、生米です。

201905KhlongToeiMarket-3.jpg

おもちゃか・・・

201905KhlongToeiMarket-4.jpg

おりしもタイランドはマンゴーのシーズンです。
うわぁ〜スーツケースいっぱいに詰め込んで持って帰りたい!!!
(日本の税関で取り上げられるので持って帰れません)

201905KhlongToeiMarket-7.jpg

ランブータンの積み上げっぷりがすごかったです。
モケモケしてるから、こんなに綺麗に積み上げられるのですね。

201905KhlongToeiMarket-5.jpg

ニワトリだと?
そもそもナーンレッドどころか、お菓子とかフルーツシェイクとか全然ないじゃん・・・

201905KhlongToeiMarket-6.jpg

アヒルかー・・・歩き回っても、生肉やらお魚が延々と並んでいるんだよクロントーイ市場。

201905KhlongToeiMarket-10.jpg

結局、ナーンレッドばかりかフルーツシェイク屋の1軒も見つけられないまま帰路へ。
とぼとぼ歩きながら信号待ちから一斉にスタートするスクーターなどを眺めるとか。
「クロントーイ市場に行ってきたけどナーンレッドは売ってなかったよ〜」とタイ人友達に話すと、
「クロントーイ市場になにがあった?」って逆に聞き返されたんで、
ナマ肉とか魚とか生きたアヒルが売られてた!と答えました。
「そうだよクロントーイ市場は昔からフレッシュミートの市場なんだよ!」とのことでした。

201905KhlongToeiMarket-8.jpg

地下鉄駅の入り口でクレープ状の何かを食べる。
地下鉄内で飲食は禁止なので入り口でもぐもぐと食べきる。

201905NangLed_Thai-1.jpg

タイ人のお友達がナーンレッドを手配してくれました、こんなにたくさん!嬉しい!
赤い熊の可愛いパッケージの「ช่างรังวัด」です。読めません!
このナーンレッドはとてもおいしかったです!次回も赤い熊マークのコレを大量に買ってきたいです。

*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*….*…..*……*…..*…..*


スクーターギャングスター、バンコクの夜を走りつくす。Kanomjeen Hai Lam の白くてヌメッとした変な中国うどんも食べる。



コンドミニアムの屋上からチャオプラヤー川を眺めるサンセットの時間。
中央の上の方に見える森は、バンコクの自然保護区だそうです。

201905Bangkok_touring-2.jpg

夕方から夜にかけてのバンコクダウンタウンはミニバイクでのツーリングに最高!
車なんかの乗ってちゃ渋滞にはまって2キロ進むのに30分程かかっちゃうので、
スクーターですいすい〜っとお出かけしましょう。(すり抜けテクニックは必須です)

201905Bangkok_touring-3.jpg

まずは軽く夕飯を食べに「Kanomjeen Hai Lam」にやってきました。
タイ人友達の説明では「チャイニーズうどん」と言ってました。

201905Bangkok_touring-11.jpg

ポークかビーフか、「汁あり・汁なし・あんかけ」からの三択、ざっくりこんな感じで選びます。
なにぶん、全部タイ語なので読めません。

201905Bangkok_touring-5.jpg

汁ありビーフのチャイニーズうどんです。
チャイニーズうどんと呼ばれている麵は全くと言っていいほどコシのないふにゃふにゃの小麦粉麵です。
麵自体は全然うまくないのですが、スープは絶品です。

201905Bangkok_touring-6.jpg

あんかけビーフのチャイニーズうどんです。
あんかけだけにはタケノコが入っているようです。
麵は汁があろうがなかろうが、白くコシのない謎の麵です。

201905Bangkok_touring-4.jpg

お腹いっぱいだと主張しても絶対ついてくると思った方が良い食後のゼザートです。
接待される側のわたしには断る権利は認められていません。とりあえず見に行く。

201905Bangkok_touring-7.jpg

寄生虫にしか見えない見た目のものがいっぱい入ってる黒糖かき氷です。
黄色いゼリー状のものがとても美味しかったです。
シャリシャリとした氷を楽しみたいのですが、30秒くらいで全部解けました、暑いですバンコク。

201905Bangkok_touring-13.jpg

ขนมจีนไหหลำ เจ๊วา เจ๊หย่ง [ kanomjeen Hai-lam ]
10300 バンコク 463/54-55 ซอยลูกหลวง8 ถนนลูกหลวง ดุสิต
https://www.facebook.com/HainaneseNoodleThailand2/

201905Bangkok_touring-12.jpg

おなかがいっぱいになったら、いよいよバンコクナイトツーリングのお時間です。
風を切っても切っても、どこまで切ってもはてしなくぬるい・・・これが5月のバンコクか・・・
真夏のタイに来るのは初めてです。

201905Bangkok_touring-9.jpg

ちょうど新しい王様の戴冠式を1週間後に控えたバンコクのダウンタウンは、
セレモニー用のライトアップで飾られていて、あっちこっち縦横無尽にスクータで走りまくって
キラキラした夜景を堪能してきました。

201905Bangkok_touring-10.jpg

PM2.5の大気汚染のせいなのかクシャミと鼻水とまらなーい!
ブレーキ・クラッチには常に2本がけの自分の写真に大満足のバンコクナイトルーリングでした。

*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*