ローカルコンビニエンスストア「立山サンダーバード」に再訪してみました。


一風変わったローカルコンビニエンスストアとして人気のあったお店、
立山サンダーバード。
インターネットやテレビ番組で話題になり、登山や釣りに行く人だけでなく、
ドライブや観光やデートの目的地としても定着したようです。
201706Tateyama_Thunderbird-2.jpg
ひさしぶりに来てみました。
蚯蚓(ミミズ)だけは4年前に来たときも漢字で書いてありました。あぁナゼ?
201706Tateyama_Thunderbird-3.jpg
そして立山サンダーバードではじまるのは、ただの冷やし中華ではありません。
冷やし中華サンドイッチがはじまっていました。
201706Tateyama_Thunderbird-4.jpg
店内には「芦峅寺にどうして?」
と思わずにはいられない世界のタバココーナーがあります。
201706Tateyama_Thunderbird-5.jpg
そうかと思えば、芦峅寺というロケーションにぴったりのおみやげコーナー。
しまった・・・白エビビーバー、、、買うの忘れてた、、、
201706Tateyama_Thunderbird-8.jpg
早朝に出かけるクライマーや釣り人に大人気のおにぎりコーナー。
201706Tateyama_Thunderbird-9.jpg
やっぱりとろろこんぶ梅でしょ。
201706Tateyama_Thunderbird-7.jpg
午後1時頃に立山サンダーバードに寄ったわけですが。
朝イチだとこんなにたくさんのサンドイッチがあるんでしょうか?
すごいねー!
201706Tateyama_Thunderbird-11.jpg
きのこの山とたけのこの里が入ってるサンドイッチ。
う、う〜ん・・・
201706Tateyama_Thunderbird-14.jpg
イチゴとクリームが入ったサンドイッチを店内でいただいてきました。
201706Tateyama_Thunderbird-16.jpg
イチゴのコンポートだけじゃなく、チョコクッキーが入っていました。
サクサク食感もあいまって美味しかったです。
201706Tateyama_Thunderbird-15.jpg
アスパラベーコンのサンドイッチもおいしかったよ!
201706Tateyama_Thunderbird-6.jpg
立山サンダーバードオリジナルグッズも販売していました。
201706Tateyama_Thunderbird-10.jpg
カール論争ではついに東側に組み込まれてしまった富山県ですが、
どん兵衛はWマークの関西風販売エリアになっています。
ところが立山サンダーバードでは両方購入して食べくらべできるもようです。
201706Tateyama_Thunderbird-12.jpg
富山県民の愛する食べ物、昆布〆。
コブジメまで売ってるの?!!!
201706Tateyama_Thunderbird-13.jpg
アイスクリームケースの上半分が昆布〆に占領されていました。
なんてピンポイント過ぎるコンビニエンスストアだろうか。
こんな不思議なコンビニエンスストアを経営していらっしゃる方は芦峅寺在住ではなく、
滑川のかただそうですよ、アメイジング。

関連記事
立山サンダーバード(201307) ←店舗情報はコチラ。
スポンサーサイト

全世界の運命を握るのは富山県だった。[ The most important place is TOYAMA to unlock for world mystely. ]



富山県には世界の秘密のすべてを解き明かしてしまうカギがある。

(としか思えない。)

気がついてしまっては、もう逃げられる手段は無い。

(としか思えない。)

やはりあの山はただの山ではなかった。

(としか思えない。)

なぜ富山県が日本の真ん中に位置するのかという必然。

(としか思えない。)

3000mの山と1000mの海溝という地形に隠された秘密。

(としか思えない。)

ここから、きみの壮大な戦いが始まる↓

http://toyama-asbb.com/

ジンベエザメが雄大に泳ぐのとじま水族館に行ってきました。[ There is an blue world for whale shark. My favorite are liver otters! Here is the Notojima-Aquqrium.]


登山から帰ってきて満身創痍のある日。
叔母がどうしても「のとじま水族館」に行きたいと言うもんだから、
やってきました「のとじま水族館」
水族館といえば、けっこうなスロープや階段があるじゃないですか!
筋肉痛のカラダにグッとくるね。
201307NotojimaAquarium-2.jpg
叔母が見たかったのはコレ。「ジンベエザメ館 青の世界」
2010年にできた別館です。
ジンベエザメが泳いでいる水槽は全国各地にありますが、
水槽を上からのぞくことができるのはここだけでしょう。
アクリルの板とか、まったく入ってないので、まさに「生」のサメを見れます。
201307NotojimaAquarium-3.jpg
でも、私が好きなのは魚群。
201307NotojimaAquarium-4.jpg
そしてガチャガチャが気になります。
201307NotojimaAquarium-5.jpg
イルカショーの時間になって、イルカプールへ急ぐ。
しかし、イルカショーといえば座席が階段状になっている。
一段ごとに「あぅ!あぅ!」と言いながらなんとかイルカショーに間に合いました。
201307NotojimaAquarium-6.jpg
かわうそが居た。
めちゃめちゃ可愛らしかった。
201307NotojimaAquarium-8.jpg
ペンギンは水鳥と化していた。
一羽として立っていません。みんな浮かんでいます。
201307NotojimaAquarium-7.jpg
イルカたちの楽園、トンネル水槽は工事中でした。
201307NotojimaAquarium-9.jpg
近未来的なクラゲの水槽エリア。
どうなっているのかは実際に見に行って確かめてね。
201307NotojimaAquarium-10.jpg
それでもやっぱり、私が好きなのは魚群。
201307NotojimaAquarium-11.jpg
魚群って美しいな。
201307NotojimaAquarium-12.jpg
特筆すべきは水族館の屋根が「瓦」だということ!
さすが北陸です。
ブルーの美しい瓦屋根の水族館でした。

大きな地図で のとじま水族館 を見る

のとじま水族館の入館料は大人1800円です。
が!途中のコンビニで発券していくと1600円で入館できます。
せっかくなので、のとじま水族館割引チケットを手に入れましょう。
201307NotojimaAquarium-15.jpg
発券は以下のコンビニエンスストアにある専用端末でね!
「能登島にコンビニあるの?」とか思ってる?
あるからッ!
201307NotojimaAquarium-16.jpg

さいごに、おまけです。
201307NotojimaAquarium-13.jpg
帰りに寄ったショッピングセンターのフードコートも瓦屋根でした。