スクンビット通り沿いで新鮮なシーフードをお腹いっぱい食べたい時は「レスト・BBQ・BKKストリートフード」へ。My favorite sea food restaurant "Resto Bbq Bkk Street Food" near by Phloen Chit Station in Bangkok. ]


バンコクのドミノピザのデリバリー用モータサイを見たら、
その流れでとなりのシーフードレストランへどーぞ(笑
ここは毎日新鮮な魚が山積みになってて、どれをみても美味しそうなんです。
201703Resto_Bbq_Bkk_Street_Food-6.jpg
わたしの大好きなタイのアサリも山積みです。
201703Resto_Bbq_Bkk_Street_Food-5.jpg
アサリはこのメニューに載ってる料理になって出てきます。
80バーツであろう値段が貼られていますが、メニュー名が書かれていません。
ザックリとしたメニュー表です。
201703Resto_Bbq_Bkk_Street_Food-3.jpg
レスト・BBQ・BKKストリートフード(という名前らしい)はこんなお店です。
テイクアウトする人も多いですが、
お店もそこそこ大きくて連日連夜盛り上がっています。
201703Resto_Bbq_Bkk_Street_Food-2.jpg
オープンエアーな厨房です。
201703Resto_Bbq_Bkk_Street_Food-7.jpg
このお店は早朝から深夜まで営業しています。
通りがかる時はいつも営業しています。
そして「食べる?」ってきかれます(笑
201703Resto_Bbq_Bkk_Street_Food-8.jpg
「君のオーダーしたホイライだよ」と言いながら調理してくれています。
タマネギが入っているのは見てみないフリをしましょう。
201703Resto_Bbq_Bkk_Street_Food-4.jpg
タイ名物(?)の雷魚の丸焼きもあるよ。
雷魚の丸焼きを生臭くなくちゃんと作るお店は良いお店です。
ごくまれに「うへぇ」ってなるほど生臭い雷魚を出してくる店があるので要注意です。
201703Resto_Bbq_Bkk_Street_Food-9.jpg
テイクアウト完了。
ホイライ(アサリを炒めたやつ)が袋に入ってた!
201703Resto_Bbq_Bkk_Street_Food-10.jpg
カオパックン(エビのチャーハン)、50バーツです。
どう考えても2人分の量をギューギューとパックに詰めてくれました。
201703Resto_Bbq_Bkk_Street_Food-11.jpg
袋に入ったままだと食べにくいので、チャーハントレイのフタの部分にホイライを。
毎回思うことですが、ここのレストランは1品の量が多いです。
何人かでワイワイとレストランで食べるのが一番楽しいんだろうけども・・・
わたしのお気に入りのシーフードレストラン、今年もまたいくからね!

"Resto Bbq Bkk Street Food" はこちら。
スポンサーサイト

バンコクのお洒落なカフェB-STORYでおいしいカフェラテをいただきました。[ We rouged around at cozy cafe "B-STORY" at Bangkok. ]


日本でもタイでもまったりおしゃべりしたい時にはおいしいラテと、
コージーな空間が必要ねってことでB-STORYにやってきました。
201702B-STORY_Bangkok-2.jpg
夕飯を食べてから来てしまいましたがフードメニューもいっぱいあって美味そうです。
めっちゃエアコン効いてるのであったかいラテをいただきましょう。
201702B-STORY_Bangkok-4.jpg
タイ人のお友達ふたりは冷たいドリンクです。
そういえば、、、
タイ人があったかいドリンクを飲んでいるのをあまり見たことがありません。
201702B-STORY_Bangkok-3.jpg
B-STORYは内装もお洒落です。
このへんは道の反対側にオフィスビルがいっぱいあって、
オサレOLさん達が会社帰りにゴハン食べて帰ったりするっぽいですよ〜。
201702B-STORY_Bangkok-8.jpg
カントリー調っていうのかな。
東京にあってもウケそうなかわいいお店です。
201702B-STORY_Bangkok-7.jpg
そんなステキなカフェで、超テキトーな英語をしゃべりまくるわたしたち。
ものすごく楽しかった!
201702B-STORY_Bangkok-6.jpg
お手洗いもステキ空間です。
この日は2階でパーティーがあったっぽくて大勢のおめかしした人達がいました。
201702B-STORY_Bangkok-5.jpg
基本あまいタイの飲み物は注文する時に「砂糖やシロップ抜いてね!」と言わないと、
あま〜いカフェラテをサーブされてしまいますのでご注意を。

B-STORYはこちらです。

バンコクのヤーンナワーで大人数でシーフードパーティーをしたいときはファープラーチョンノンシーへ。日本語のカラオケもあるよ。[ Let's hold a Sea Food Party at "Huapla chongnonsea Seafood Restaurant" in Yan Nawa, Bangkok. ]

201702Hua_pla_chongnonsea-1.jpg
タイで美人なオカマに出会い、オカマをオカマだと気がつかずに、
周りの誰からも「She is Ladyboy! real! For real!」と言われようとも、
わたしはオカマの黒目コンタクトでデカくなった黒玉をじっと見つめて、
「I believe you. 」と愛と友情を誓ってエビを食べたシーフードレストランはこちらです。
201702Hua_pla_chongnonsea-5.jpg
前置きが長くてスンマセン。
タイといえばこのエビですよね。
このエビが好きな日本人がいっぱい居て、連日このエビでも構わないとかなんとか。
わたしは1尾食べれば充分だけども、なにがそんなに彼女達を魅了するのであろうか?
うまいはうまいけども。
201702Hua_pla_chongnonsea-6.jpg
今日のディナーは Hua pla chongnonsea Seafood Restaurant です。
めちゃくちゃエビ押しなメニューです。
201702Hua_pla_chongnonsea-2.jpg
とにもかくにも今夜は大人数なので、
じゃんじゃん頼んでじゃんじゃん食べるスタイルです。
201702Hua_pla_chongnonsea-4.jpg
人気レストランらしいのですが、なんだか味付けがイマイチなんですよ。
魚が生臭かったり・・・。
ビーフンみたいな料理は見た目の割にすごくマズくていつも「???」ってなるんだけど、
あのヘンチクリンな味が正しい味のようです。
201702Hua_pla_chongnonsea-3.jpg
プーパッポンカリーはどこでたべても、そこそこ安定の美味しさ。
タイに来たら1回は食べておかないと!
201702Hua_pla_chongnonsea-7.jpg
タロイモのデザート。
これはうまい!別腹にねじこんででも食べた方がいいです。
201702Hua_pla_chongnonsea-8.jpg
好き嫌いはすごく分かれるフルーツですが、グリーンマンゴーです。
なんで熟して甘くした黄色いマンゴーを食べないんだ!?と思うけど、
庭木にマンゴーがたわわに実るような国ですから。
こーゆー食べ方もあるのだろう・・・私は好きですよ、この青臭いフルーツ。
201702Hua_pla_chongnonsea-10.jpg
宵っ張りのタイ人にかこまれて、知りもしないタイのアイドルの歌をうたい、
知りもしないタイのアイドルの踊りを一緒に踊らされて、宴は延々と続くのでした。
201702Hu_pla-_chongnonsea-9.jpg
眠さの限界に達して「おひらきにするよ!」と日本人のわたしが堰を切る始末です。
宵っ張りで宴好きなタイ人を放っておくと朝まで飲むに違いありません。
おひらきにして1階に降りていくと・・・真っ暗でした・・・。
通常はこの1階の半外スペースでお食事をいただくのですが、
今回は2階の蚊の入ってこない個室VIPルームを貸し切ってパーティーをしました。
というか、総勢30名ほどのタイの友達のみんながわたしを招いてくれました。
ありがたいこってす。

Huapla chongnonsea Seafood Restaurant
[ บริษัท หัวปลาช่องนนทรี จำกัด ]はこちらです。