バーンラックの黒ゴマしるこ屋台のおにーさんがかっこいいので、バンコクに行ったら絶対に黒ゴマしるこを食べにいきたい所存です。


ローストダックご飯をたんのした後はコチラへ。
たくさん人が集まっている場所があったのでのぞいてみると・・・
メニュー見てもタイ文字が読めないので全くなんなのかは分かりません。
黒い汁状のもの食べているっぽいです。
お客さんの7割以上がテイクアウトですが、
黄色いエプロンのおにーちゃんがなかなかのグッドルッキングガイなので、
ぜひここで食べていきたいと思いマス!!!
201710around_Bang_Rak-2.jpg
黒ゴマのデザートでした。
黒ゴマのおしるこっていうかそんな感じの食べものです。
1杯20バーツ、グッドルッキングガイを眺めるオプションは無料です♡
201710around_Bang_Rak-3.jpg
テイクアウトはもちろん袋に入れて!
どのお客さんも家族分を購入するのか(もしくは大好きすぎて一人でいっぱい食うのか)
大きな袋に小さい黒ゴマしるこ入りの袋をたくさん入れてもらっていました。
場所はローストダックご飯レストランの並びで、
レストランを背にロビンソンに向かって歩いて行くとあります。
201710around_Bang_Rak-5.jpg
Charoen Krung Rdまで出た後、お茶を買いました。
オススメは?ってお店の人に聞いたら、
わたしの顔をじっと見た後「ロータス!」と言うので蓮の根茶を買いました。
201710around_Bang_Rak-4.jpg
1杯7バーツでした。
えっと・・・さっき食べた黒ゴマしるこを完全に忘れさせてくれるほどに、
強烈に凶悪に甘い蓮の根茶でした・・・
ちょっと美味しいものに連続して当たったからって忘れてはいけません!
タイランドで飲むものは基本的にも応用的にも激甘だと言うことを!
201710around_Bang_Rak-6.jpg
前回のローストダックご飯の老舗レストランや、
今回の黒ゴマしるこ屋台のあるこのあたりはバーンラックといいます。
「かわいいまち」という意味だそうです。
あと、美味しい中華料理屋さんが多いエリアなんだって。
スポンサーサイト

サパーンタクシン駅から歩いて食べに行くローストダックご飯のおいしい老舗レストラン。

201710RoastDuckRice-4.jpg
こんにちは、ロビンソンです。
なんでロビンソンにいるかというと、
ローストダックご飯が食べたい!という欲求を満たすために、
バンコク版わたし専用食べログマン(もしくはオープンライスマン)に聞き出し、
第1チェックポイントのロビンソンまでやってきたわけです。

この文字見せてローストダックご飯食っとけってことなんで、
まずはこの写真の店を探します。
201710RoastDuckRice-1.jpg
ありました!ありました!
ここで間違いないハズ。
午後3時過ぎだったため、お客さんはいません。
タイのレストランにお昼休憩という概念があるのか無いのかは分かりませんが、
とりあえず営業してるっぽいです。
201710RoastDuckRice-3.jpg
言われた通りアイフォーンの画面を見せて注文しました。
そしてサーブされたローストダックご飯がこちらです。
ローストダックご飯とボトルのお水1本で60バーツです。
201710RoastDuckRice-2.jpg
ローストダックご飯、んめぇ!!!
さすが「バンコク版わたし専用食べログマン」のお気に入りのお店です。
彼がウマイというものはウマイ。
ごちそうさまでした。
お店の名前、読めもしなきゃ教えてもらっても無いですが、
この外観で探せばすぐ見つけることができます。

スクンビット通り沿いで新鮮なシーフードをお腹いっぱい食べたい時は「レスト・BBQ・BKKストリートフード」へ。My favorite sea food restaurant "Resto Bbq Bkk Street Food" near by Phloen Chit Station in Bangkok. ]


バンコクのドミノピザのデリバリー用モータサイを見たら、
その流れでとなりのシーフードレストランへどーぞ(笑
ここは毎日新鮮な魚が山積みになってて、どれをみても美味しそうなんです。
201703Resto_Bbq_Bkk_Street_Food-6.jpg
わたしの大好きなタイのアサリも山積みです。
201703Resto_Bbq_Bkk_Street_Food-5.jpg
アサリはこのメニューに載ってる料理になって出てきます。
80バーツであろう値段が貼られていますが、メニュー名が書かれていません。
ザックリとしたメニュー表です。
201703Resto_Bbq_Bkk_Street_Food-3.jpg
レスト・BBQ・BKKストリートフード(という名前らしい)はこんなお店です。
テイクアウトする人も多いですが、
お店もそこそこ大きくて連日連夜盛り上がっています。
201703Resto_Bbq_Bkk_Street_Food-2.jpg
オープンエアーな厨房です。
201703Resto_Bbq_Bkk_Street_Food-7.jpg
このお店は早朝から深夜まで営業しています。
通りがかる時はいつも営業しています。
そして「食べる?」ってきかれます(笑
201703Resto_Bbq_Bkk_Street_Food-8.jpg
「君のオーダーしたホイライだよ」と言いながら調理してくれています。
タマネギが入っているのは見てみないフリをしましょう。
201703Resto_Bbq_Bkk_Street_Food-4.jpg
タイ名物(?)の雷魚の丸焼きもあるよ。
雷魚の丸焼きを生臭くなくちゃんと作るお店は良いお店です。
ごくまれに「うへぇ」ってなるほど生臭い雷魚を出してくる店があるので要注意です。
201703Resto_Bbq_Bkk_Street_Food-9.jpg
テイクアウト完了。
ホイライ(アサリを炒めたやつ)が袋に入ってた!
201703Resto_Bbq_Bkk_Street_Food-10.jpg
カオパックン(エビのチャーハン)、50バーツです。
どう考えても2人分の量をギューギューとパックに詰めてくれました。
201703Resto_Bbq_Bkk_Street_Food-11.jpg
袋に入ったままだと食べにくいので、チャーハントレイのフタの部分にホイライを。
毎回思うことですが、ここのレストランは1品の量が多いです。
何人かでワイワイとレストランで食べるのが一番楽しいんだろうけども・・・
わたしのお気に入りのシーフードレストラン、今年もまたいくからね!

"Resto Bbq Bkk Street Food" はこちら。