お洒落なオープンエリアでいただくフォトジェニックな料理と創作タイフードが美味しいHUNGRY MONKEY(ハングリーモンキー)へ行ってきました。[ HUNGRY MONKEY at Bangkok. ]


ストームクラブの仲間がレストランをオープンしたので今夜はそこで会食です。
HUNGRY MONKEY (ハングリーモンキー) にやってきました。
201802HUNGRY_MONKEY-2.jpg
なぜモンキーかというと、お店の奥で本当に猿を飼っているからです。
ものすっごく小さい猿です。
猿には詳しくないので種類とかは分かりませんが。
201802HUNGRY_MONKEY-3.jpg
みんなー、おひさしぶり!
さ、何で乾杯しましょうか。
201802HUNGRY_MONKEY-6.jpg
ラテかよ!
2013年のラオス・タイ旅行で酒を飲みすぎてそれ以降、禁酒していることを
タイの仲間はみんな知っていますが、2018年はアルコール解禁の方向で行きますよー。
201802HUNGRY_MONKEY-5.jpg
とりあえず、洒落たくるくるフレンチフライでも食っとけ。
真ん中の茶色いソースがうまいのです。
201802HUNGRY_MONKEY-9.jpg
でた!おサレな皿にちょっとだけ盛ってあるバエちゃう系のやつ。
カルボナーラ、うまうまです。
201802HUNGRY_MONKEY-8.jpg
さらに紫玉ねぎで彩りの良いサラダね。
・・・おい、タイ料理なテイストはゼロなのか?
201802HUNGRY_MONKEY-4.jpg
あ、ちょっとタイっぽい。
いや、タイにこんな料理あったか?
201802HUNGRY_MONKEY-18.jpg
タイっぽいのってグリーンペッパーのブドウ状のやつの部分だけじゃないか。
これ、うまそうに見えるけど、食ったら死ぬやつだから要注意ね。
タイ人はバクバク食うけど、賢明な日本人は食わないこと!
(月まで飛んでって帰ってこれなくなります、 想定の範囲外の辛さです)
201802HUNGRY_MONKEY-7.jpg
スパイスとハーブが効いているチキンレッグ。
タイでもミニスキレットが流行っているのかしら?
201802HUNGRY_MONKEY-10.jpg
ハングリーモンキーの料理は洒落ているのでデートしてるカップルの多いことったら。
白身魚のソテーには日本風の甘辛ソースがかかってて美味しかったです。
201802HUNGRY_MONKEY-11.jpg
はい、ここでフレンチフライ、アゲイン。
日本でもタイでも、たくさん人が集まってお話に花が咲いている時の
マンチーフード(片手で掴んで食べれるたべもの)ってコレです。
201802HUNGRY_MONKEY-14.jpg
ステーキ!の上にグリーンペッパーのったやつ・・・。
ほんっとにタイ人ってコレ好きだよね、ブドウと間違えてるんじゃないかな!?ってくらい。
201802HUNGRY_MONKEY-16.jpg
あーーーー!やっとタイっぽいのきた!!!
イカスミスパゲッティのグラッパーオです。
201802HUNGRY_MONKEY-17.jpg
なんでジャスミンライスではなくイカスミスパゲッティ!?
という疑問はこの際忘れて、グラッパーオに舌鼓を打ちましょう。
201802HUNGRY_MONKEY-12.jpg
もうお腹いっぱい!ハングリーじゃないモンキーだよ!
イムレーオ(おなかいっぱい)モンキーだよ!と言いつつもデザートを見に行くモンキー。
201802HUNGRY_MONKEY-13.jpg
ハングリーモンキーには小さい店内カフェスペースがあります。
日中はここでカフェだけやってるのかも。
そもそも営業時間は何時からだっけ?
201802HUNGRY_MONKEY-19.jpg
カウンターとソファが一個あるだけです。
店内カフェというよりは、厨房エリアに注文スペースが付いてるって感じですかね。
201802HUNGRY_MONKEY-21.jpg
タイで流行ってるスイーツがありますよ。
見た目の豪華なやつね。
201802HUNGRY_MONKEY-20.jpg
味の想像がつかないお菓子も売っていました。
201802HUNGRY_MONKEY-15.jpg
ここでもチャータイを飲みます。
チャータイに注目してみると、これが無いカフェなんか無い!ってくらいに、
どこにでもあって、タイ人の大好きビバレッジであることがうかがえます。
201802HUNGRY_MONKEY-23.jpg
そして、チャータイ味のケーキで胃にとどめを刺しましょう。
おいしかったな〜チャータイケーキ。
201802HUNGRY_MONKEY-22.jpg
店内カフェの入り口にはガネーシャ。
201802HUNGRY_MONKEY-24.jpg
オープンエリアが気持ちいい HUNGRY MONKEY でした。
とっても広くてキレイなのでパーティーやデートにどーぞ!

↑ HUNGRY MONKEY はこちら。
スポンサーサイト

バーンラックの黒ゴマしるこ屋台のおにーさんがかっこいいので、バンコクに行ったら絶対に黒ゴマしるこを食べにいきたい所存です。その弐!


バーンラックはおいしい中華料理屋さんの多い街です。
今回、中華料理ばっかり食わされて「中華」と聞くだけで逃げ出したくなるくせに
自らすすんでバーンラックに行くのだから人間ちゅーのはどーしよーもないイキモンや。
201801YanNawa_Sathon-10.jpg
バンコクに来たら絶対に外せないお店があるんです。
いや、お店はないんだけども。
屋台なんでね。
話がややこしくなってます、つまりイメケン店主の屋台です。
201801YanNawa_Sathon-9.jpg
居ました、居ました、黄色いエプロンの王子。
シブいわぁ〜。
わたしの中の「理想どーりのかっこいいタイ人」です。
201801YanNawa_Sathon-8.jpg
ここでいただくのは1杯20バーツの黒ごまのしるこ的なものです。
甘いものが正義!のタイランドにあって、20年以上も愛されるこの屋台の味とは!
ものすごく自然な甘さで、おやつなのに健康になれそうな食べ物とでも言えばいいかな。
とにかくコレを食べないと(というか、おにーさんの顔を拝みに来ないと)
わたしのバンコク旅は始まりもしなければ終わりもしないのです。
201801YanNawa_Sathon-12.jpg
バーンラックといえばこのローストダック屋さんですね。
あひるご飯が食べたい時はここへ!
そうか・・・ローストダックって中華か・・・と思い返しつつ・・・
201801YanNawa_Sathon-11.jpg
同じ通りに何軒かローストダック屋さんがあります。
ちなみにローストダック屋さんにはカリカリのポークもあるので、
ぜひともローストダックとカリカリポークの両方がのったメニューを食べてください。
カリカリポークにはシーユーダムをかけると最高ですよ。
201801YanNawa_Sathon-13.jpg
わたしの愛する豚足ご飯を提供する店も何軒かあります。
多分どこで食べても美味しいと思われます。
201801YanNawa_Sathon-14.jpg
そしてバンコク名物の常温寿司ね。
日本人の間では寿司と区別して「スーシー」と表記されています(笑
7回もタイに行っていますが、いまだ常温スーシーは未体験です。
以上、バーラックのイケメン屋台、異常ナシでございました!

バーンラックでおいしい豚足ご飯屋さんをみつけたよ!Trok Sungでトロトロの豚足を食べましょう。


15泊16日のビンボー旅行をしていると必ずやってくるお洗濯の日。
今日は夕方まで寝るんだい!ともう一回ベッドにもぐったけれども、
いい天気だよ!洗濯日和だよ!とカーテンの隙間から差し込む太陽が語りかけるんだ。
くっそ、アマテラスめ、閉じこもってたのはテメェのほうだろうがよ・・・
いや、わたしがアマテラスなのか!と寸劇を繰り広げながらムクリと起き上がり、
大好きな廃墟マンションが見えるあのコインランドリーへ洗濯物を持って行くのです。
201801YanNawa_Sathon-7.jpg
コインランドリーに到着しました。
あぁ、残念・・・わたしとしたことが、10バーツコインがサイフの中に無いなんて。
「サッパー」という片言のタイ語を繰り出しつつ、隣の食堂の人に両替をしてもらいます。
洗剤を振りかざして、洗濯機を指差して、「サッパー(洗濯)」と言いながら、
20バーツ札をヒラヒラさせていれば、いくら空気読めないタイ人でも察して両替してくれます。
201801YanNawa_Sathon-2.jpg
こうしてわたしは今日も他人の好意に助けられて洗濯することができました。
では、洗濯を待つ間にランチでも。
201801YanNawa_Sathon-6.jpg
つまりはこーゆー図です。
この洗濯機を使うために、パラソルの奥の人に両替を頼んだら、
パラソルの奥の人は黄色いバナーのお店の人だったので、
黄色いバナーのお店でランチを食べることに決めました。
ちょうど「洗濯を待つ間にランチ食っとこう大作戦!」というワケです。
201801YanNawa_Sathon-5.jpg
食材をのぞいただけで「うまい!」というのが分かります。
いや、カンですけど。
201801YanNawa_Sathon-4.jpg
だって、メニュー見たってよく分からんし(笑
なんとなく「豚足ごはん屋さん」な感じがします。
迷うフリをして居ると「これにしなさい」ってレストランの人が言ってくれます。
そんでもってそのメニューは「間違いない!」のです。
201801YanNawa_Sathon-3.jpg
Trok Sung の豚足ご飯、50バーツ、めちゃウマです。
口の中でほどけていくようなトロットロに煮込まれた豚足のうまいことったら!
こんなうまい豚足ご飯屋さんの近くに宿をとっちゃいけねぇよ、
どっこにも出歩かないで宿とレストランだけを往復して引きこもっちゃうからネ。

↑Trok Sung はこちら。