Staralliance Gold - スワンナプーム国際空港から飛行機に乗る時はタイ国際航空一択だ!という話

202002StarallianceGold-1.jpg

なぜスワンナプーム国際空港でチェックインする時はタイ国際航空一択なのか。
それは、いつなんどきでもチェックインカウンターを利用できるから!
それがボーディングタイムの4時間前だろうと6時間前だろうと8時間前だろうと、
いつなんどきでもオーケーなんです、ね、一択です。
こんな金ピカの寺みたいなところからチェックインします(ウソです)
いつもお世話になっている全日空(だいたいLカウンター)は早くても
3時間前くらいにしかチェックインできません、ね、TG一択です。

202002StarallianceGold-2.jpg

スターアライアンスゴールドメンバーは迷わずBのカウンターへ行きましょう。
エコノミーの搭乗券であってもBのカウンターでヨシ!です。

202002StarallianceGold-11.jpg

エコノミーの搭乗券であってもインバイトされます、ヨシ!
スワンナプーム国際空港といえばお気に入りのエバー航空ラウンジへ直行です。

202002StarallianceGold-3.jpg

空港に来るまでに汗だくになりますね、即シャワーです、ヨシ!
シャワールームの順番待ちは2人、これがタイ航空の航空券で4時間前にチェックインした余裕です。
甘いパイナップル食べながら待ちます。

202002StarallianceGold-4.jpg

シャワルームの鍵を受け取ってさっぱりタイム。

202002StarallianceGold-5.jpg

ロクシタンのアメニティで良い香り、最高です。
シャワールームへと続くちょっと宇宙ちっくな廊下です。

202002StarallianceGold-7.jpg

シャワーの後はやっぱり食べる。
エバー航空のラウンジには美味しいものがたくさんありますが、このおかゆが一番です。
おかゆ・・・とか思わんと食べてみたらどうかね?すっごいうまいよ、本当に本当に。

202002StarallianceGold-6.jpg

仕上げに雑な味のデザートをいただいてちょっと寝よう。
カルーアミルク飲みすぎて、酔っ払ったのでちょっと寝よう。

202002StarallianceGold-8.jpg

さようならバンコク。
タイの旅が楽しいだけじゃなく、空港でリラックスできるとか最高ですよスターアライアンスゴールド。

202002StarallianceGold-9.jpg

久々に乗りましたエアバスA330-300です。
タイ航空のペン先がついてる万年筆、イカしてますね、欲しいです。

202002StarallianceGold-10.jpg

そんなことより、タイ航空の安全のしおり的な機内映像がイカれてました。
だいぶキマってました。
ANAの歌舞伎風も良いですが最近医療大麻で盛り上がるタイランドのフラッグシップキャリアの
この映像、ぜひみてください、メルヘンです。

__________ 🌺__________
スポンサーサイト



Staralliance Gold - プラチナステイタスを手に入れて1回目の外国へ、品川駅のコインロッカーから。



平日の夜中に羽田空港からバンコクへ行く日の朝のことです。
品川駅の特大ロッカーにスーツケースをぶち込んで出勤します。
とにかく大きいロッカーがあるんですよ、ここ、品川駅の中央Fって場所に。
駅の改札の中にあります。

2020HND-14.jpg

コインロッカーなび で空き状況もインターネットで知ることができます、超優秀。
定時に上がったら中央Fにスーツケース様をお迎えに行ってそのまま京急に乗り換えて羽田へ行きましょ。

2020HND-2.jpg

まだ2回目の国際線ターミナルです。

2020HND-3.jpg

バナナは液体物に入るかは知らんけど、没収されたらくやしさ満点なので食べます。
食べてからチェックインして荷物預けます。

2020HND-4.jpg

成田空港にはプレミアムエコノミー専用のカウンターはありませんが、羽田空港にはあります。
飛行機内の座席の数も圧倒的に少ないPYですが、カウンターの数もたった2つです。
青い看板がビジネスクラス、空色がプレエコです。

2020HND-5.jpg

木曜の夜中便なんてガラガラです。
こんなにもガラガラなのにプレミアムなセキュリティチェックのレーンを通ります。

2020HND-6.jpg

空港での4時間、仕事の後といえばやぱりサッパリとシャワーでも浴びて出国しようじゃあないか。
ドライアーがダイソン!
ドライアーがダイソン!ってだけで嬉しい小市民。

2020HND-7.jpg

シャンプーやコンディショナーはタイ生まれのナチュラルスキンケアブランド THANN(タン)ですが、
潤い関係のスキンケアは雪肌精でとても嬉しい小市民。

2020HND-8.jpg

とにかくシウマイがうまくてシウマイばっかり食べてたその日の夜。
成田空港のANAラウンジには梅酒があるのですが、羽田空港にはないのです・・・梅酒ない・・・
梅酒が飲みたかった小市民。

2020HND-9.jpg

GROUP2、おめでとう、プラチナステイタスを手に入れて初めての国際線です。

2020HND-10.jpg

プレミアムエコノミー、ひさしぶりに乗ったらちょっとなつかしかったです。
今日は深夜便なのでピエールエルメの謎にマズいデザートが提供されることもないのでゆっくり寝ましょう。

2020HND-12.jpg

ぜんぜん寝んかった。
実写版アラジンを見る小市民。

2020HND-11.jpg

パンケーキの朝ごはん、ANAにしてはおいしいメニューでした。

出国の後いきなり帰国編です、あすはスワンナプーム国際空港から飛行機に乗るなら絶対に
タイ国際航空一択ですよ!っていうお話です。

__________ 🛫__________

国際線787の勝ち席と負け席について考えながら、SFC修行最後のバンコク往復をふりかえってみた。



それはSFC修行最後の4レグが始まった日のことでした。
羽田空港国際線ターミナルから出発するのは初めてです。
ゴールデンウィークが始まったばっかりの羽田空港にはさつき人形が飾られていました。

20190503ANA_SFC-2.jpg

羽田空港にはプレミアムエコノミー専用カウンターがありました。
成田空港にはPY専用が無いのでビジネスクラスカウンターで手続きをするのですよ。
ゴールデンウィークで激混みのエコノミーカウンターをチラッと見遣って、
「連休はプレミアムエコノミー一択だぜ」と強く思うのでした。

20190503ANA_SFC-4.jpg

羽田空港のANAラウンジです。

20190503ANA_SFC-6.jpg

あるかなー?チョーヤの梅酒。あるある。

20190503ANA_SFC-7.jpg

飛行機見放題の窓際カウンター席に座って、かしわもちをモリモリ食べる。

20190503ANA_SFC-3.jpg

なんだ?窓ガラスがきたないな。
いや、きたないのではなく、こーゆー加工だ、コレは。

20190503ANA_SFC-5.jpg

白くモヤモヤした装飾付きの窓ガラスです。
飛行機がみたいのにモヤついてて、気分もモヤモヤです。

20190503ANA_SFC-8.jpg

プレミアムエコノミーの航空券には「ANA LOUNGE」って書いてあります。
友達がSFC修行をした2011年にはプレミアムエコノミーなんてなかったらしく、
こんなに快適なSFC修行はできなかったのだそうですよ。
改悪改悪と毎年言われてますが、いちがいに改悪でもなさそうですよね、実際問題。

20190503ANA_SFC-9.jpg

A380を3機も買ってしまったがために、大キャンペーン中のホノルル行きです。
そういえば、まったくもってうちわのお話なのですが、
彼氏の弟君は嫁をハワイに連れて行くことでバス釣り用の船を買っていい許可出たとかなんとか。
ウミガメ塗装のA380でハワイに行ってきたらいいのに〜。

20190503ANA_SFC-10.jpg

そして、またしてもボールペンを忘れてきたことに気がついたわたし。
ま、いいや、タイに着いたら売店でペン買って書こう・・・と思っていたら、
アメニティーの中にボールペンがあるじゃあないですか!
わかってるねーANAさん、そうです、必要ですよねボールペン。
たすかったぜ。

20190503ANA_SFC-12.jpg

乗り込んだら「すぐに機内エンターテイメント派」です。
ところがですよ、プレミアムエコノミーの最前列もモニター引っ張り出すタイプです。
つまり・・・

20190503ANA_SFC-13.jpg

離陸時にはモニターを片さないといけません。
つまり、映画が見れません。
負け席やな、これ。

20190503ANA_SFC-14.jpg

バンコク行きの機内ではイエスマンっていう映画を見ました。
実話をもとにして作られたんだとか。おもしろかったです、とっても。
帰りにはクリント・イーストウッドの「運び屋 The Mule」を見ました。
こちらも実話がもとになっているそうです、めちゃくちゃおもしろかったです。
「翔んで埼玉」も見れるかな?とおもいきや、5月時点では上映されていませんでした。
6月のプログラムには入っています、ちょっと見たかった、機内程度で。

20190503ANA_SFC-15.jpg

根菜だらけの機内食を食べたのはちょうど石垣島の上に来た頃です。

20190503ANA_SFC-16.jpg

そして、またきた・・・例のびっくりするほどマズいデザートが!笑
こないだ食べたのは3月でしょ、もうそろそろデザートが変わっててもいい頃なのに・・・

20190503ANA_SFC-17.jpg

USBケーブルはもれなくモニターを出さないとつかえない仕様です。
完全なる負け席じゃあないか!
ついこないだエグジットローや通路側、足元の広い座席などを有料化すると発表したANAですが、
国内線なら最前列の足元の広い座席はたしかに良いとは思いますが、
国際線では負け席以外のなにもんでもないな、モニター出さんと充電もできんし、
離着陸時には映画をみることもできないし、わざわざこの席を選ぶ意味がわからん!
おしまい