全日空のボーインク787-8国際線機材240席の機内での過ごし方・裏技編。


帰りの飛行機であることを発見しました。
スワンナプーム国際空港は搭乗エリアとショッピングエリアとフードエリアが、
見事なまでに離れた位置にあるため搭乗エリアまで来てしまうと、
もう戻ったりするのが面倒で買い忘れのおみやげなどは99%あきらめます。
201702Boing787-8ANA-2.jpg
ボーイング787-8、240席タイプの国際線機材です。
最近エグジッットローが空いていないのでいちばん後ろのこの席を使います。
それはなぜかというと・・・
201702Boing787-8ANA-7.jpg
ACHK列の最後尾の座席だけ2列なのです。
つまりはトイレに行きたい時にひとりにだけ頼めばよいので気持ちが楽!
そんな理由でこの席を選びます。
だったら通路側に座っとけよと思うんだけど、
せっかく空を飛んでいるんだから窓から外が見たいのです。
201702Boing787-8ANA-4.jpg
さようなら、タイランド。
さようなら、わたしのタイフレンズ。
また来るよ、必ずね。
201702Boing787-8ANA-3.jpg
座席に着いたら間髪入れずにスカイチャンネルON!です。
「君の名は。」のそのほとんどをうたた寝で見過ごしてしまいました。
映画館に2回も観に行ったよ!って言ってた友達に、「あれおもろいの?寝ちゃったけど?」
って告白したら激怒されたうえに映画館に行って謝ってこいと言われました。
帰りの便はくたくたで寝てしまうのは、しょーがないのです。
201702Boing787-8ANA-5.jpg
通常はありえないゴハンメニューにパン。
タイ国際航空ならばメシとパンを平気で重ねてくるけれどANAはそんなことはしない。
ではなぜ?
なんだかこの日の機内食は「肉を出せ!」という人が多すぎて、
CAさん達が希望メニューを乗客に尋ねながら、
「お魚メニューに協力していただけませんか?」とお願いに回っていました。
エコノミーに乗ってる分際で選ぶ権利を主張するとか見苦しいな・・・と思いつつも、
肉メニューにしかパンがついていないので、
「魚でいいけどパンもおくれ」って言ったわたしが一番ビンボーくせぇ!笑
梅味のソバとかいつも創作料理がスベッテル感あるANAの機内食です。
201702Boing787-8ANA-6.jpg
機内食も食べ終わり、空港でしこたま飲んだコーヒーがそろそろ尿に変わる頃です。
自分の座席の後ろを覗いてみたら通れそうなスキマを発見しました。
写真の撮り方で割かし広そうに見えますが、実際はもっと狭いです。
隣に座ってたスキンヘッドの格闘家系にーちゃんが持参のイヤホンで映画に夢中なんで、
邪魔しちゃ悪いかなと思ってこのスキマに挑んでみたら・・・
通れました。
まったくお勧めはしませんが、通れなくはないです、小さめの女性なら。
というわけでANAの787-8の240席国際線バージョン33Kの裏技でした。
スポンサーサイト

香港国際空港内のフードコートの奶茶のレベルが高いという話。[ I found YUMMY milk tea at Hong Kong International Airport terminal1. ]


香港国際空港は実に美しい空港でした。
天井が高くて広いいまどきの空港です。
201606HongKongAirport-2.jpg
滑走路と平行に配置された空港なので待ってるあいだ、
ずーっと飛行機観察ができるっていうのがステキです。
201606HongKongAirport-3.jpg
ボケーッとふらふら歩いていると広過ぎて自分が今どこに居るか見失います。
それはボケーッとしすぎか?
201606HongKongAirport-6.jpg
ホテルで預けたデポジットが返ってきたため香港ドルがあまっています。
何か食べようかしら。
201606HongKongAirport-7.jpg
並んでいる人がいっぱいいたTsui Wah EATeryっていうお店です。
列はそこそこ長くてもテキパキ働くスタッフがいっぱいいるので、
待ち時間はそんなに長くなさそうです。
201606HongKongAirport-12.jpg
この「盛りっぷり」を見てください。
どー考えても一人で食べきれる量ではありません。
ナイスです翠華茶餐。
201606HongKongAirport-9.jpg
とりあえずミルクティーとパンです。
なぜこのセットかというと持ってるコインを使い切ることができたから!
201606HongKongAirport-10.jpg
想像以上でした、参りました、香港のミルクティーはスゴイよ。
空港のフードコートのミルクティーさえもこんなに美味いなんて。
やっぱ香港に行ったら茶餐廳で奶茶ですね。
201606HongKongAirport-11.jpg
空港の中の茶餐廳はフードコートの中ですが奶茶は最高でした。
こんなことなら持ってるジャリ銭使い切りキャンペーンなんてやってないで、
パイナップルパンと奶茶にすればよかったわぁ〜。
201606HongKongAirport-5.jpg
なお、香港国際空港には得体の知れない魔物が出るらしいので用心してください。
魔物が現れたときは矢印の方向に逃げてください。
201606HongKongAirport-4.jpg
香港国際空港の第1ターミナルからでした。

成田香港往復のNH809とNH810の機体がボロ過ぎてなかなか貴重な体験でした。[ ANA NH809 and NH810 as Natita - Hong Kong round trip. The boing 767-300 was NOT kept clean and tidy. That's shame... ]


いつ見ても気分が上がりますなぁ〜787!
しかし今回、香港まで乗って行くのは767です。
201606ANA_NRTtoHKG-3.jpg
う〜ん、モニターといい椅子といい年期はいってなすなぁ。
もはや航空博物館に展示されていてもいいレベルです。
201606ANA_NRTtoHKG-2.jpg
そして驚くほどに少ないパッセンジャー。
どーゆことですか?
真夏の香港に行こうかっていう日本人なんか居ないってことですか?
201606ANA_NRTtoHKG-4.jpg
お!スターウォーズ特別塗装だ!
201606ANA_NRTtoHKG-10.png
5月のANA、成田ー香港便のエコノミークラス機内食です。
レコメンデッド!って書いてあるから満腹弁当にしてみますか。
201606ANA_NRTtoHKG-5.jpg
満腹弁当です。
今日なんて20席に1人くらいしか乗ってないから、
「弁当両方くれ!」って言えばもらえそうな気がしてなりません。
201606ANA_NRTtoHKG-6.jpg
機内食をうまいと思ったことは無いけど、やっぱりうまくなかったなぁ。
そもそもエコノミーのデザートなんかわざわざ作らないでチョコでいいじゃん!
と思うんだけどもさてどーなんですかね?
201606ANA_NRTtoHKG-7.jpg
折り返しまして香港から成田に帰ります。
JALとANAが並んでいますね。
1タミにJALが居るとはどーゆーこった?
201606ANA_NRTtoHKG-8.jpg
出発2時間前までゲートが決まらず、どこで待ってればいいのか右往左往しました。
なかなかゲートがきまらなかった便はゲートが決まった後も、
コロコロ変わる可能性が高いって言われたんで用心深くチェックしていました。
201606ANA_NRTtoHKG-9.jpg
ボーディングタイムをずいぶん過ぎてから搭乗が始まりました。
こんな押せ押せな時間で大丈夫なんかな?と思ったけれど、
どーやらパッセンジャーが少ないので出発時間ギリギリでの搭乗だったようです。
またガラガラです。
201606ANA_NRTtoHKG-12.jpg
明けて6月のANA、香港ー成田便エコノミークラスの機内食です。
パンが食べたかったのでBを選びました。
201606ANA_NRTtoHKG-14.jpg
機内食はパンを食ってなんぼです。
うまくないエコノミークラスの機内食においてパンだけはうまいのです。
特にタイ国際航空のパンはうまいのです!
「おかわりいかがですか?」ってきたら絶対にもらって食べます。
201606ANA_NRTtoHKG-11.jpg
この機内食のエライと思う点はデザートがチョコレートだったこと!
ソバはおいしゅうございました、が、なぜフィットチーネを?!
麺に麺を重ねる謎のメニューでした。
201606ANA_NRTtoHKG-15.jpg
6月のビデオプログラムにズートピアが登場していました。
それが・・・香港ー成田間のフライト時間が短過ぎて・・・
最後の最後のほんの最後のオチの部分が見れませんでした(号泣)。
あと10分、いや、あと5分飛んでくれていたなら!!!
無念です。
201606ANA_NRTtoHKG-13.jpg
何度見ても成田空港の「おかえりなさい」には泣かされます。
見た瞬間はどーってことないんだけど、イミグレーションに並ぶまでの間に、
いろんなものがこみ上げてきてジーンと目頭が熱くなるんですよ。
ただいま、日本!