THAI SmileのエアバスA320-200でハジャイからバンコクへ行く。[ THAI Smile Air, Hat Yai International Airport(HDY) to Suvarnabhumi International Airport(BKK). ]


トーイングカーで引っ張ってきた荷物を最終的には人力でコンベアーに寄せていきます。
ここはハジャイ国際空港です。
トーイングカーで牽引するときに飛行機や貨物に取り付ける棒のことをトーバーと言うそうです。
ここはハジャイ国際空港です(2回言った)
201801ThaiSmile_HATYAI-2.jpg
エアバスA320-200にのってハジャイからバンコクに帰ります。
まだ使われていました、目つきが悪い女性がやたら煙の出すぎる何かを吸っている図。
201801ThaiSmile_HATYAI-5.jpg
タイスマイルエアは飲み物のサービス以外の軽食は紙袋で配布されます。
バンコクからハジャイへ向かうときの謎の食いもんは、
いまだになんだったのかわかりません。
201801ThaiSmile_HATYAI-4.jpg
ハジャイからバンコクへ帰る便はクロワッサンのサンドイッチと水でした。
バジルシード入りの豆乳、もーいっかい飲みたかったなぁ。
201801ThaiSmile_HATYAI-6.jpg
相変わらず具材はナゾです。
チキンのグズグズっとした何かが入っていました。
201801ThaiSmile_HATYAI-3.jpg
タイスマイルエアは他のLCCと違い受託手荷物が20キログラムまでOKなので、
タイ国内の飛行機での移動にはとても便利です。
1900THBという低価格でラウンドチケットを購入できるのも嬉しいです。
スポンサーサイト

THAI SmileのエアバスA320-200でバンコクからハジャイへ行く。[ THAI Smile Air, Suvarnabhumi International Airport(BKK) to Hat Yai International Airport(HDY). ]


バンコクからハジャイまで飛行機で移動して、
ハジャイからクアラルンプールまで陸路で車とモーターサイクルでツーリングします。
まずはハジャイへゴー!
201711ThaiSmileAir-2.jpg
THAI Smileに乗っていきます。
THAI Smileはタイ国際航空が運営するLCCって思っておけばいいのかな。
201711ThaiSmileAir-3.jpg
なんと、スワンナプーム(バンコク)とハジャイの往復が1900バーツでした。
およそ6500円で往復できる上に受託手荷物20kgまでというのは良心的です。
201711ThaiSmileAir-6.jpg
機材はエアバスA320-200です。
自分の席にタイ人のおばちゃんが座ってたんで、
「あなたは真ん中でしょ、わたしは窓側を選んだの、どきなさい!」と
めちゃくちゃな英語でまくしたててどかしたら、
同伴してた日本人に褒められました・・・苦笑
201711ThaiSmileAir-5.jpg
容赦ないほどの冷風が吹き出しています。
目視できるほどのエアコンの風です。
さぶいわー!!!
201711ThaiSmileAir-7.jpg
いってきまーす、さよーならバンコクの夜。
201711ThaiSmileAir-8.jpg
なにやら紙袋が配られました。
201711ThaiSmileAir-9.jpg
紙袋の中には水とバジルシード入りの豆乳と謎のパンが入っていました。
激甘を予想して飲んだ豆乳でしたが、ごくごく平均的な甘さで美味しかったです。
201711ThaiSmileAir-11.jpg
しかしですよ、この謎のパンの中にはクリームシチュー状のものと、
高菜みたいな味の野菜とマッシュルームがこってりと入っていました。
美味くはないけれど、すごくマズイわけでもない・・・変な食べ物でした。
201711ThaiSmileAir-10.jpg
1時間ほどのフライトでハジャイに到着しました。
ハジャイをスタートしていやんなるほどのワインディングを走りKLを目指します。
つづく。
追記:ハジャイ(HATYAI)からカメロンヒルを抜けてクアラルンプールへいく様子は
   12月にどんどん公開されて行く予定で、予定は未定です。

魅力満載の富山きときと空港を満喫しましょう。


富山きときと空港へようこそ!
富山きときと空港についてご紹介します。
201706TOY_kitokito-1.jpg
富山きときと空港は日本で唯一の河川敷に滑走路のある空港です。
なんでまた河川敷に?という疑問は自分で調べてみてください。
河原の土手というか堤防のようなものの向こうに滑走路があるでしょ。
201706TOY_kitokito-2.jpg
この土手を超えて飛行機に乗らなければいけないため、
ボーディングブリッジが規格外の長さです。
その全長約83メートル。
平均的なボーディングブリッジが20m前後だと思うとベラボウです。
201706TOY_kitokito-24.jpg
一般的な空港ではこの部分しか無い場合がほとんどです。
富山きときと空港の長いボーディングブリッジを歩いてみたくなったでしょ。
201706TOY_kitokito-3.jpg
預けた手荷物は専用の通路を使い、堤防を迂回して運ばれてくるそうです。
待っている間はターンテーブルの上を巨大寿司が廻っていく様子を見て楽しみましょう。
201706TOY_kitokito-7.jpg
展望デッキものどかです。
かなり遠くから飛来する飛行機の様子を見ることができます。
201706TOY_kitokito-12.jpg
展望デッキに出るには4階までエレベーターで昇りますが、
4階の展望デッキからさらに飛行機に近い3階デッキにおりることができます。
201706TOY_kitokito-8.jpg
4階展望デッキのちょうど真ん前の下あたりに3階展望デッキがあります。
いってらっしゃーい!おかえりなさーい!と手を振るには最高の場所です。
201706TOY_kitokito-6.jpg
4階展望デッキから滑走路を眺めて左手に航空管制塔があります。

201706TOY_kitokito-14.jpg
飛来する飛行機はフライトレーダー24で確認して待ち伏せましょう。
富山湾側から着陸する飛行機は北陸自動車道を横切ったあたりから、
展望デッキで確認することができます。
201706TOY_kitokito-10.jpg
初めて見ました、エアソウル。
201706TOY_kitokito-9.jpg
札幌から到着した737です。
コレに乗って羽田に帰りますよ〜。
201706TOY_kitokito-13.jpg
富山きときと空港内ではFree Wi-Fi TOYAMAを使うことができます。
なかなかのスピードでストレス無く使えました。
201706TOY_kitokito-11.jpg
来てみたくなったでしょ、富山きときと空港。
ぜひ羽田空港からANAの飛行機に乗って来てください。