2017年6月に発売になったばっかりのiMacが我が家にやってきたんだ!の序曲。MacBook Pro Late2011のご臨終の巻。


それは、ある日突然の出来事でした。
MacBook Pro Late2011さん、ご臨終。
去年の年末までやっていたエクステンションリペアプログラムをちゃんと見逃さずに受けていれば、
こんな壊れ方はしなかったんじゃないかと思ってみても、
あとの祭りってヤツです。
201709Hello_iMac-26.jpg
何度、再起動してみたって、なんだかヘンチクリンな四角に囲まれたリンゴ・・・
PRAMリセットも、SMCクリアも、何度も何度もやってみて、
ハードウェアテストでも異常個所が見つからないというジーザスな状態です。
あとあと分かったのですが、この壊れ方はハードウェアテストで異常がでないそうです。
201709Hello_iMac-28.jpg
そしてぶっ壊れているにもかかわらず時折正常に起動してしまう、というのも
典型的な症状らしく私のMacBookも例外ではありませんでした。
壊れた!!!と思ってから3週間くらい使えてましたから・・・
201709Hello_iMac-29.jpg
そして、調子よく起動した時にすかさずTime Machineでバックアップをとります。
(ま、このタイムカプセルが後々なんの役にも立たず驚くのですが・・・)
201709Hello_iMac-30.jpg
とにもかくにも「熱すぎ!!!!」ってほど本体が熱を持つため、
扇風機MAXの状態で風を当てつつバックアップをとります。
201709Hello_iMac-27.jpg
そしてついに、何をやっても起動しなくなりました。
チーン、ナムナムナム。
私のインターネット環境は古いアイパッドでした。
というか、もうコンピュータめんどクセェって漫画ばっかり読んでしました。
201709Hello_iMac-31.jpg
イェーイ!新しいMac!!!
と思ったら、USBスーパードライブだけが先に届きました・・・
なんの嫌がらせかしら・・・
201709Hello_iMac-32.jpg
USBスーパードライブとは、やたらかっこいいApple製のDVDドライブのことです。
コレが届いた7日後にiMacが遅れてきたヒーロー的にやっくるのです。
最新のOSではアドビのCSバージョンのアプリは動かないだとかなんだとか、
不安と期待がまざりあった新しいコンピュータ、
超ウレシイ!
つづく。

GoProの互換バッテリーSmatreeを試してみた。


そーいえば、去年の11月のチェンマイ・ソンクラーン休暇の直前に買って、
チェンマイから帰って来てから1回も使っていなかったGoProの替バッテリー。
振り返りレビューとともに、また使いましょう、ぜひぜひ。
201709SmatreeGoPro-1.jpg
[Smatree] GoPro HERO3+用 大容量1290mAh バッテリー2個 + 充電器 セット
っていうのをアマゾンで1600円で買ったんです。
純正のバッテリーが1個3000円(税抜き)なので、かなり安いですよ、コレ。
201709SmatreeGoPro-2.jpg
3個もあれば!
アイフォーンとペアリングして使っても2時間ほど使えるでしょ。
201709SmatreeGoPro-3.jpg
さっそく充電してみましょう。
充電器にDECK1と2って書いてあるんですが、
バッテリーをねじ込むとインジケーターランプがどっちがどっちか分かりません。
201709SmatreeGoPro-5.jpg
片方だけ充電が終わったようです。
GoProのバッテリーは本体にはめ込んだ状態でケーブルをつないで充電するのです。
Hero3+みたいな古いやつは堅牢なハウジングに入っているのですが、
そのハウジングのフタを開けるのが億劫なのです、爪折れそうになるから。
201709SmatreeGoPro-7.jpg
バッテリー容量はSmatreeさんの方が少し大きいようです。
使っていてそんなに差は感じません。
GoProへの装着がキツすぎるっていうレビューも多々みましたが、
私の手元にやってきたバッテリー達は、キツくもユルくもありません。
201709SmatreeGoPro-8.jpg
もちろんGpPro純正バッテリーも充電できます。
というわけで4年前に買ったGoProのことを思い出したので、
使ってみようかと思った次第です。
Smatreeの各種バッテリーはアマゾンで購入可能です。

iPhone5とiPhone6のバッテリー交換をつぶさに観察してみたら、思っていたよりも成功率が高く交換できそうだった。[ We can Fix iPhone5 and iPhone6 to replace its buttery. ]


むか〜しむかし、あるところに、おじいさんと、おばあさんと、光った竹と、
かぐやひめ。
ありえないところが、ありえない感じで、かぐやひめ。
此は如何に(口語訳:まぁ、これはいったいどうしたことでしょうか?)
201701iPhone_Fix-10.jpg
iPhone5が見事に開いています。
ちょっとちょっと、コレ、三枚下ろし。
201701iPhone_Fix-11.jpg
楽しげに波打っています。
焼いた餅のようにふくらんだバッテリーが内側から画面を押し上げています。
201701iPhone_Fix-4.jpg
ダメモトで直してみるそうです。
うちのボス、バッテリー交換キットをAmazonで買ったらしい。
なんでも1500円くらいだったので、やってみても良いかなと思ったらしい。
201701iPhone_Fix-5.jpg
開けてみたら、布団乾燥機で膨らんだ布団みたいになったバッテリーがあったそうな。
まじめな話、iPhone5を持っていた知り合いが3人、ほぼ同時にこんなことになって、
iPhone5のバッテリーヤバイ説が決定づけられたものの、
すでに購入から2年以上経過していてAppleCare+も切れていた・・・
まさにアップルタイマー発動か?
201701iPhone_Fix-6.jpg
新しいバッテリーを装着した後、まさかのセメダイン。
二度と開かなくなっちゃう!と思ったら、波打って外れちゃいけないところが
外れたらしいので、そこをセメダインで接着したそうな。
201701iPhone_Fix-7.jpg
三枚下ろしになってしまったいちばん上二番目をくっつけているところ。
「誰がどこでやってるか」が問題であって、AppleStoreに修理に出しても、
きっと同じようなことをやっているに違いないことは確かなんだよ。
201701iPhone_Fix-3.jpg
コネクタが細かくて「キィー!!!」ってなるらしい。
組み立て直したら、ちゃんと生き返って、中に入ってるデータも全部残ってたそうな。
水没以外にはすこぶる強いんだねiPhone5。
生還おめでとう。
201701iPhone_Fix-8.jpg
時を同じくしてiPhone6のバッテリー交換に挑んだ友達もいました。
ギリギリ2年経っちゃってAppleCare+が切れてしまったから自力交換?
と思ったら、そもそもAppleケアプラスに入ってないとか・・・
Appleケアプラスに入らないでApple製品使う人いたとか目からウロコです。
201701iPhone_Fix-2.jpg
iPhone6を開けたら、矢印のところのベロをひっぱってバッテリーを外します。
メキメキーッて感じではがれちゃってるけど、そんなんでいいみたいです。
このバッテリーは膨れて交換なのではなく、
バッテリーの稼働時間が短すぎるから交換するんだとか・・・
それってOSの不具合じゃないのかな・・・っていうのはもう遅いので黙っときましょう。
201701iPhone_Fix-1.jpg
ピンク色のテレマークスキーのシールみたいなものを敷いてからバッテリー装着。
次回のバッテリー交換の時にピンクのシールっぽいものをひっぱればよいという仕組み。
こちらも無事、復活です。
(というかiOSをアップデートしたら直ったんじゃないのかな・・・と思わずにはいられませんが)
iPhone6も生還おめでとう。

バッテリー交換ってそもそも難しくないのか?
今のところiPhone4iPod touchもiPad miniMacBook Proも、
iPhone6ももちろんiPhone7もバッテリーが膨れたりしていないので、
交換する予定は無いけれど、AppleCare+が切れてどーしよーもなくなったら、
ボスやYくんに頼めばやってもらえるって分かったので万事OKです。