宮城製粉の冷凍ごまだれ餅を使って3分でタイのスイーツ・ブアローイナムキンを作る。


去年の10月のある日、ロケットニュース24で業務スーパーのごまだれ餅をつかって
台湾スイーツ湯圓(タンユエン)を作る
っていう記事を読んだんです。
コレハ!!!
タイのスイーツ、ブアローイナムキンも作れちゃうじゃないか!!!
201801Thai_Sweets-2.jpg
そう思ってさっそく最寄りの業務スーパーへ行って「ごまだれ餅」を入手しました。
ところが、ブアローイナムキンに必須のショウガ湯が無い・・・
さて、どうしたもんかな・・・と思ったら、
ジンジャーエールがあるじゃないか!
ワタシ天才。
201801Thai_Sweets-3.jpg
ごまだれ餅は宮城県を飛び出して「アジアぜんざい」になろうとしていました。
空前のアジア飯ブームの日本にはもってこいの作戦であります。
201801Thai_Sweets-4.jpg
さっそくレンジでチンしたジンジャーエールの中に解凍したごまだれ餅を投下。
写真からさえも伝わってくるシュワシュワ感。
201801Thai_Sweets-5.jpg
にじみでるシュワシュワ感。
201801Thai_Sweets-6.jpg
ごめんなさい、レンジでチンしたジンジャーエールではダメでした。
ジンジャーエールの爽やかな美味しさもなければ、
ごまだれ餅の素朴な甘さも完全にスポイルしています・・・
失敗失敗!
201801Thai_Sweets-7.jpg
ショウガ湯を買ってきました。
リベンジです。
201801Thai_Sweets-8.jpg
見た目もブアローイナムキンにそっくりです。
コレはうまいに違いない!
201801Thai_Sweets-9.jpg
ブアローイナムキン、完成です!
おいしいです、ここはまさにタイのヤワラー(中華街)のようです。
スポンサーサイト

智兎蔵(ちとくら)のユズ酒の仕込みが終わりました。[ Homemade Japanese Citrus Liquor made by Titokura sake company. ]

201712Homemade_Citrus_Liquor-1.jpg
ゆずをたくさんいただいたのでユズ酒を仕込みます。
大きい実のスユと、小さい実のユズの2種類もらいました。
201712Homemade_Citrus_Liquor-2.jpg
まず、湯につけて皮についてるであろう汚れなどをとります。
浸さなくてよかった気もするな・・・皮はほとんど使わないから・・・
今回仕込んだユズ酒が失敗したらこの工程のせいだと思います。
だって、なんだかユズがグニュグニュになっちゃったから。
201712Homemade_Citrus_Liquor-3.jpg
氷砂糖とホワイトリカーの計量です。
クッキング用のはかりがないので体重計でぼんやり測りました。
201712Homemade_Citrus_Liquor-4.jpg
ピットラボのメジャーカップはいつみても惚れ惚れするかっこよさです。
室温が20℃の時に1000mlという意味ですが、果実酒の材料なんてテキトーでいきましょ。
201712Homemade_Citrus_Liquor-5.jpg
皮をむいて白いモケモケを取り外したユズを果実瓶の中へ。
ユズの皮は大きいユズ2個分を入れました。
201712Homemade_Citrus_Liquor-6.jpg
仕込み完了です。
一般的なレシピではユズ600g・リカー1800ml・氷砂糖200gとなっていますが、
智兎蔵(ちとくら)酒造のレシピは以下のとーりです。
201712Homemade_Citrus_Liquor-8.jpg
ユズと氷砂糖が多く、ホワイトリカー少なめです。
なぜなら!わたしが酒を飲まないから!
いっぱい作ったってしょーがないからデス。
201712Homemade_Citrus_Liquor-9.jpg
こないだ仕込んだグレープフルーツブランデーとともに、
アジトに持って行って寝かせておこうと思います。
せっかくなんでワタシメイドの酒ブランドを智兎蔵(ちとくら)と命名しました。
テキトーなラベルも手描きで作って貼っておきました。
201712Homemade_Citrus_Liquor-7.jpg
こちらの飲み頃も3ヶ月後くらいからだそうです。
おたのしみに〜〜〜〜

智兎蔵(ちとくら)が9年ぶりに果実酒(グレープフルーツブランデー)を仕込みました。


大量の氷砂糖と果実の酒用ブランデーがありました。
ありましたと言うよりは、忘れていました。
なのでグレープフルーツを買ってきて仕込んでしまいましょう。
201710grapefruit_brandy-2.jpg
あれほど瓶ごと配ったハズだったのに、果実酒用の瓶がまだありました。
この狭い狭いアパートにどんだけ収納名人なのよワタシってば。
というわけで、
氷砂糖とブランデーとグレープフルーツです。
201710grapefruit_brandy-3.jpg
850mlほどのブランデーが残っていました。
そして200gしか氷砂糖は必要ないので、結局大量に余ります・・・
来年はまた梅酒でも仕込むか!
201710grapefruit_brandy-5.jpg
おいしくな〜れ〜
おいしくな〜れ〜
と呪文のように唱えながら全部の材料を瓶の中に入れます。
201710grapefruit_brandy-6.jpg
前回仕込んだグレープフルーツブランデーは2008年製です。
おじーちゃんの1周忌にお供えしてあったグレープフルーツで仕込んだお酒です。
このエピソードを話すと勿体無いからと飲んでもらえません。
じーちゃんも喜ぶからさ、飲んでよ。
201710grapefruit_brandy-7.jpg
今日、仕込んだグレープフルーツブランデーはいつ思い出して飲むかなー。
おいしく出来上がりますように・・・