担々麺の肉味噌を作った



担々麺にのってる肉味噌を作ってみよう!とひらめいた。
そこにラ王の担々麺があったから・・・のっけて食べようかと思って。

201902Dandan-Noodles-3.jpg

めちゃくちゃうまいのできたわー!
ちゃんと小松菜もゴマ油で炒めたんだよ。
そこはチンゲン菜だったんじゃなかろうか?と後から思ったけども。
それでは、材料です。

201902Dandan-Noodles-4.jpg

担々麺の肉味噌
豚ひき肉 500g
長ネギ  2/3本(みじん切り)
にんにく 2片(みじん切り)
ショウガ 1片(みじん切り)
カシュナッツ 30〜60g(みじん切り)
豆板醤  大1
●甜麺醤  大2〜3
●しょうゆ 大1
●酒    大2
ごま油  適量

1.にんにく・ショウガ・豆板醤をいためる(香りが立つまで)
2.さらにそこへ長ネギを入れて炒める
3.肉を入れて炒める(よーくいためる)
4.●の材料を入れて炒める
5.カシュナッツを入れてひとまぜして、ごま油で風味をつける
できあがり!

201902Dandan-Noodles-5.jpg

やはり担々麺には白髪ねぎを盛り付けた方がバエるね。
ここに山椒をパパッとふりかけて食べれば、もうここは中華料理屋さん!
「ここは中国!」と言いたいところだけど、ゴマ風味の効いた肉味噌が美味しい担々麺は、
日本オリジナルなので「ここは日本の中華料理屋さん!」


スポンサーサイト

ジビエキッチン・コガモの煮込みシチュー [ Gibier Kitchen : I cooked the Duck and vegetable stew. ]



今シーズンもいただいていますカモ鴨かも!
弾を500発買ったら、カモも付いてきた!みたいな流れで。
さっそく精肉開始。

201901gibier_cooking-2.jpg

パパッと手ぎわよくやったように見せかけて2時間ほどかかっております。
鳥の羽はふわふわと飛んでやっかいですよ〜
骨は出汁をとって鍋にするのが最高にうまいのですが、肉はどうしよう・・・
市販の合鴨の肉と違って、北から渡ってきた鴨の肉は脂肪がなくて筋肉質なんですよね・・・

201901gibier_cooking-3.jpg

茶色いシチューをつくってみます。
まず香ばしく表面を焼きます。

201901gibier_cooking-4.jpg

赤ワインとローリエで煮る、煮まくる。
贅沢に赤ワイン500ccほどだくだく注いで煮まくる。

201901gibier_cooking-5.jpg

贅沢にと言ってみたがメルシャンの500円ほどのやつでした。
今時のメルシャンはプラスチックボトルでした。
しかもリサイクルしやすいようにラベルがきれいにはがせます。
ちょっと、、、こんなにきれいに剥がれるステッカーって質がいいし高いのよと言わずにはいられない(w

201901gibier_cooking-6.jpg

鴨シチューに入れるハインツのデミグラスソース缶を買いに来ました。
ひたち野うしくの西友はまるで外国です。
あ〜、あったわあったわこーゆー感じ、タイのBigCとか台北のカルフールとかこんな感じ。
行けばわかるんで、行ってみてください、ぜひとも。

201901gibier_cooking-7.jpg

煮込んで煮込んでできあがった鴨シチューです。
おいしかったですよ、鴨肉の部分以外は。
なんだろう・・・この鴨肉のパサパサ感・・・
すべてをスープの部分に吐き出したヌケガラ的なスッカスカの肉でした。
料理の仕方のせいなのか、こーゆーものなのか。

201901gibier_cooking-8.jpg

しかし、シチューの部分はおいしかったので◎としましょう。ごちそうさま。

・コガモ2羽分の肉
・ハインツデミグラスソース缶1つ
・赤ワイン500cc
・ローリエ
・塩、コショウ
・にんじん、じゃがいも、たまねぎ
・適量の水


ジビエキッチン・イノシシ肉でジャマイカ味のジャークイノシシ
ジビエキッチン・キジバトの照り焼きと鳩汁うどん
ジビエキッチン・貴重な鹿の生肉で作る鹿ハムと干し肉とただの焼肉
ジビエキッチン・鹿のモモ肉でつくるシチューとタタキ
ジビエキッチン・岩手のヤマドリで作る煮込みうどん
ジビエキッチン・熊肉をトマトで煮込んだクマ肉トマトシチュー
徳島の大久保鍛冶屋さんの「イノシシの皮剥き」

ジビエキッチン・イノシシ肉でジャマイカ味のジャークイノシシを作ってみました。[ Gibier Kitchen : I cooked Wild Boar by seasoning like a JerkChiken recipe. ]



イノシシの肉をもらってきたので料理します。

201812jerk_boar-1.jpg

前日に毛皮を剥いで生肉したものですが、足を切り落とし忘れちゃいました。
足を切り落とし忘れて、精肉仕立ての背ロースを食べていたら、
「コレ持って帰れ!」と言われて持たされたやつです。

201812jerk_boar-4.jpg

塩コショウでの焼肉は昨日、腹いっぱい食べたので、
今日はライムをジュージュー絞って、ジャークチキンならぬジャークイノシシを作ります。

201812jerk_boar-5.jpg

スパイスはいろいろ。
タイムさえ入れれば、後は好きなやつをいろいろ!
(後日談ですが、乾燥パウダーのタイムではおいしくないとのこと。生が良いそうです。)

201812jerk_boar-6.jpg

漬け込む。最低3時間以上は漬け込む。12時間ほど寝かすと良いそうです。
食べたい日の前日から仕込まないとダメなんですね、メモメモ。

201812jerk_boar-7.jpg

rice and peas!
豆が多すぎで、ピーズアンドピーズじゃん、、、と言われた豆ごはんです。
ココナッツミルクを入れて炊き上げるライスアンドピーズはとってもうまい!

201812jerk_boar-8.jpg

ジャークイノシシ、できあがりました。
とってもおいしかったよ!特に次の日に焼いたものの方が美味しかったよ。

201812jerk_boar-9.jpg

ジャークイノシシ用に切り出した肉以外の細切れのものは、モツ煮の味付けで煮込んでみました。

201812jerk_boar-10.jpg

やわらかぁ〜く煮込まれたイノシシ肉のうまさったら!
味噌だけの味付けなのにめちゃくちゃイノシシ出汁がでていて美味いのなんのって。

201812jerk_boar-3.jpg

ピースサインは平和の象徴。
ごちそうさまでした。
仲間が獲ってきたイノシシ、余すことなくしっかりいただきました。

関連記事
ジビエキッチン・キジバトの照り焼きと鳩汁うどん
ジビエキッチン・貴重な鹿の生肉で作る鹿ハムと干し肉とただの焼肉
ジビエキッチン・鹿のモモ肉でつくるシチューとタタキ
ジビエキッチン・岩手のヤマドリで作る煮込みうどん
ジビエキッチン・熊肉をトマトで煮込んだクマ肉トマトシチュー
徳島の大久保鍛冶屋さんの「イノシシの皮剥き」