タイのお友達と2泊3日の箱根・富士ツーリング/ハイランドリゾート編

前回までのあらすじ:ようやく忍野八海まで行くことができました。
結局、富士山へは明日行くことにして今日はこのまま宿へ・・・

この旅で初めての富士山の姿です。
富士山を見て誰よりも一番わたしがワクワクしたと思われます。
日本人のDNAには富士山を見ると無条件に喜ぶという情報が刻まれていると思います。
20160403to05_Hakone_Fuji_touring-56.jpg
本日の宿、ハイランドリゾートホテルにチェックインです。
なんだか良くない予感がします・・・
だってこのホテルは富士Qハイランドの真横という絶好のロケーションです・・・
20160403to05_Hakone_Fuji_touring-57.jpg
宿泊者リストが「タイ王国大使館様」でした。
さらにはわたしの電話番号を代表番号として記入するアメイジング。
と言うよりも!
20160403to05_Hakone_Fuji_touring-59.jpg
フジヤマやらドドンパが見えるんですよ、このホテルから。
ゼッタイに乗りたいって言うヤツでてくるやん、こんなん見たら!
やっぱり居た・・・
20160403to05_Hakone_Fuji_touring-66.jpg
わたしの必死の説得もむなしく全員分のプライオリティー入場券ゲット・・・
悲しみの入場券ゲットです・・・
フジヤマの分のチケットだけかって乗るんだって(泣)
行列とか春休みとかいろんな方向から阻止を試みるも、
わたしがタイ人に勝てるわけが無い。
そうだった!あきらめが肝心なんだった、マイペンライ(泣)
20160403to05_Hakone_Fuji_touring-62.jpg
わたしはわたしなりにこの旅を楽しむのよ。そうよ、そうよ。
明日のことは、明日考えればいい!
20160403to05_Hakone_Fuji_touring-58.jpg
ハイランドリゾートホテルの客室の蛇口から出る水は富士山の伏流水です。
バナジウム天然水ってヤツです。
たしかに冷たくっておいしかったです。
20160403to05_Hakone_Fuji_touring-61.jpg
ハイランドリゾートの宿泊にはふじやま温泉の入浴料金も含まれています。
ものすごく太い柱と立派な梁の木造建築が美しいお風呂でした。
お風呂は100点なのですが、
ロッカーが縦型で隣の人とあまりにも込み込みなのがちょと残念でした。
ロッカーが正方形型だったらな〜。20160403to05_Hakone_Fuji_touring-63.jpg
翌朝です。
ブレックファストチケットもあるので、目覚めのコーヒーでも飲みに行きましょうか。
20160403to05_Hakone_Fuji_touring-64.jpg
飲み物だけ・・・と思って行ったフジヤマテラスの朝食バフェですが、
なんだかとてもいい感じで、ついうっかり朝ご飯を食べてみたり。
タイのお友達は何をチョイスしたのかしら?と思ったら、
まんべんなく和洋中をお皿に盛り日本の味を楽しんでいました。
ナポリタンは甘すぎて子供の味だそうです。
20160403to05_Hakone_Fuji_touring-65.jpg
コーヒーとキウイジャムとパンが最高においしかったです。
モーニングブッフェは2390円ですって。
こちらも宿泊費に込みですが思ったより高かったです。
そしてコーヒーを飲みながらアントニオーニノヒゲキが脳内でリピートされています。
それは、これから富士Qハイランドに乗り込んでゆくタイフレンズのことを思い、
というよりは富士Qでローラーコースターに乗るし、
富士山の4合目まで行くし、海ほたるにも行くんだと言うまるで欲張りさんの
モーニングブッフェの皿のような要求をどうやって満たしてあげようかと
思いを巡らせるわたしの憂鬱に他なりません。つづく。
スポンサーサイト

タイのお友達と2泊3日の箱根・富士ツーリング/芦ノ湖・箱根関所編

前回までのあらすじ:突然のツーリングのナビゲーターに任命され、
iPhone片手にGoogleマップさまさまでやっと箱根にたどり着いて
ホテルにチェックインしたのですが・・・

芦ノ湖でタイフレンズが見たかったもの、それは富士山。
芦ノ湖周辺でタイフレンズが食べたかったもの、それは黒卵。
けっして「箱根関所」ではなかったのです。
20160403to05_Hakone_Fuji_touring-102.jpg
晴れていれば芦ノ湖ごしに富士山がみえる絶好のロケーションでした。
晴れていれば・・・
20160403to05_Hakone_Fuji_touring-103.jpg
幸いツーリングを中止するほどの雨ではありませんでしたが、
富士山が見えると見えないじゃ、日本人のわたしにとってもえらい違いです。
20160403to05_Hakone_Fuji_touring-106.jpg
そしてしきりに「ブラックエッグ!」を連呼していましたが、
くろたまごを食べるどころか、大湧谷は立入禁止になっていました。
大湧谷のくろたまご館も開店休業状態です。
参照:大涌谷くろたまご館: 国立公園 箱根 大涌谷
20160403to05_Hakone_Fuji_touring-107.jpg
日本人でありながら箱根の噴火騒動のことなんかすっかり忘れていたわたしは、
バイクで乗り込んでいって救急搬送された14人とかって、
ワイドショーを騒がすとこでした。あぶねーあぶねー。
通行止めになっているから有毒ガスが出てるとこまでは行けないだろうけれども。
参照:大涌谷周辺(箱根火山)の県道の通行止について
20160403to05_Hakone_Fuji_touring-104.jpg
富士山は見せてあげられないし(わたしのせいじゃないけども)、
くろたまご食べさしてあげられないし(わたしのせいじゃないけども)、
なんだか煮え切らない思いのまま国道1号線をとぼとぼ歩いています。
とはいってもね、事前に行きたいとこリストとかちょうだいよ、
したらさ、代替案をいくつか用意するじゃない、くろたまごだってさ、
現地でさ、行けないっていうの気がつくまで必死でロープウェイの時間見たり、
なんかいろいろ空回りじゃんね、楽しんでもらいたいんだよ、せっかくの日本だし・・・

って思ってみても、よく考えたら・・・いや、考えなくても、
相手はタイ人だった!
ホテルのWi-Fiつながったところで近所を検索したら、
黒い玉子の写真をみつけただけかもしれん!
そう思うことにしよう、まいぺんらぁ〜い!
20160403to05_Hakone_Fuji_touring-101.jpg
というか、箱根関所にはなんの関心も無いのね、タイフレンズ。
わたしなんて関所に立ってみてゾクッてしましたよ。
こんな怖い場所を通過できる気がしません。
いまでいうところのイミグレーションなんですが、
もっとこう天国と地獄の境目っていうか、今にも崖から盗賊が襲ってきて、
身ぐるみはがされて芦ノ湖にすてられそうなイメージです。
富士山もくろたまごもない芦ノ湖でした。
つづく。

浅草のおすすめ人形焼きとサツマイモのお菓子。[ My favoret munches at Asakusa. ]


こんにちわ、浅草の続きです。
浅草と言えばウインズ浅草!
201603Asakusa-2.jpg
ではなくて、、、雷門ですね。
千葉に住んでても浅草に来たことが無い!っていう友達を引き連れて来ています。
近いのに行ったこと無いっていうのは、
富山に住んでて立山に登らないってのと同じ感じなんでしょうかね。
201603Asakusa-3.jpg
雲ひとつ無い快晴です。
外国人観光客の多いこと、多いこと。
浅草は観光のド定番なのでここ数年で10回ほど来ています・・・
201603Asakusa-5.jpg
そんな浅草案内に長けた(自分で言うか)わたしがおススメするのがここ。
浅草と言えば人形焼きですが、
三鳩堂では焼きたてほかほかの人形焼きを買うことができます。
なんと100円で2個!
201603Asakusa-4.jpg
「小鳥のをください!!!」って言ったら、
すっごくいそがしそうなのに、ちゃんと小鳥のを手渡してくれました。
お店のおばーちゃん、ありがとう!
201603Asakusa-6.jpg
友達が線香を買ってくれたけど、熱くて危なくて灰に挿せなくて、
えいや!と楼に投げ入れてきたのを仏様は見ていたであろうな・・・
201603Asakusa-7.jpg
浅草周辺でもう一件、サツマイモに目がないわたしの好きなもの。
浅草・満願堂の「芋きん」です。
その名のとおりサツマイモのきんつばです。
201603Asakusa-8.jpg
「いま食べたいのでいっこだけください!」という注文にもちゃんと応えてくれます。
いっこ129円です。
中身は全部サツマイモです。
ねっとりとした焼芋のようなおいしい芋がつまっています。
浅草観光が予想以上に楽しかったので次は築地に行く予定を立てることにしました。
201603Asakusa-9.jpg
浅草でみつけたステキなフォントと豚。
この豚は「林やシリーズ」に仲間入りさせておきます。
では、また浅草で!