富山の家庭料理がうまい居酒屋「中嶋」で幻の酒と富山ブラックラーメンを味わった話。


富山の家庭料理がおいしい居酒屋さん「中嶋」に連れて行ってもらいました。
ひとりではなかなか探し当てて行くこともできないような場所でしょ?
201802Nakajima_TOYAMA-2.jpg
そして、居酒屋さんですがとてもおいしい富山ブラックラーメンがあるんですって。
富山ブラックをちゃんとお店で食べたことがないのでとても楽しみです。
201802Nakajima_TOYAMA-13.jpg
おすすめコースAをひとつと、食べたいものを単品でオーダーすることにしました。
戦闘機や旅客機の模型がいっぱい置いてあるのが気になります。
201802Nakajima_TOYAMA-4.jpg
お通しです。
201802Nakajima_TOYAMA-3.jpg
おやじおまかせ1品目は、富山といえばうずまきかまぼこ。
そして富山県民が愛してやまない昆布巻です。
201802Nakajima_TOYAMA-5.jpg
おやじおまかせ2品目は昆布〆三種盛り。
本当に昆布が好きです、富山のひと!
201802Nakajima_TOYAMA-6.jpg
おいしそうに昆布にまみれたおつまみに舌鼓を打ちながらお酒を味わうKさんを見ていたら、
わたしもお酒が飲みたいなー、そうだった、今年はお酒を解禁したんだったーというのを
思い出して「古酒でつくった梅酒・ダルマ正宗700円」をいただきました。
なぜスクエアなんだよ、この写真・・・
この梅酒は、私の知っている梅酒とは全然違う梅酒でした、うまーい!
201802Nakajima_TOYAMA-7.jpg
さ、梅酒で回転数が上がったところでサンマ一夜干サバ塩麹漬いってみよー。
干物とは思えないみずみずしい身と丁寧な味付けに感動します。
201802Nakajima_TOYAMA-8.jpg
チャーシューとめんまあぶりです。
ガツンとした食べ物もおいしい中嶋、さすがです。
201802Nakajima_TOYAMA-9.jpg
中嶋のメニュー表です。
お店と同じ名前がついた「中嶋」というお酒はここでしか呑めない幻のお酒だとか。
日本酒の味わい方を教えていただきました。
匂いをかいじゃダメなんですって・・・知らなかったよ・・・
お酒を飲んで鼻の内側から上がってくる香りを楽しむのだそうです。
ひとつ、大人になりました。
201802Nakajima_TOYAMA-10.jpg
おでんにもうずまきかまぼこが入っている上に、とろろこんぶがかかっています。
トヤマっぽーい!
ここで昆布談義に華が咲いて「昆布の消費量が日本一の富山では昆布が獲れないんだぜー!」
という雑学を披露したり、富山の昆布あるあるネタで盛り上がっていると、
中嶋の店主が、富山県民が愛する「昆布汁」をササッと作って出してくれました。
201802Nakajima_TOYAMA-12.jpg
これが「昆布汁」です。
お湯にとろろ昆布と醤油を入れただけの即席汁ですが、これをやらない人は非県民!
ってほどにどの家庭でも出てくる定番メニューです。
東京在住のKさん、昆布を買って帰ると決意を固めて居ました(w
201802Nakajima_TOYAMA-11.jpg
〆に特性富山ブラックラーメンをいただきました。
富山ブラックってこんなにおいしいラーメンだったんだ!
スープの黒さからは想像できない繊細で深い味をぜひ、富山の中嶋で味わってください。
「とやまにこられんけ?」

中嶋
富山県富山市内幸町2-10 松よしビル 1F
TEL:076-441-1124
スポンサーサイト

ローカルコンビニエンスストア「立山サンダーバード」に再訪してみました。


一風変わったローカルコンビニエンスストアとして人気のあったお店、
立山サンダーバード。
インターネットやテレビ番組で話題になり、登山や釣りに行く人だけでなく、
ドライブや観光やデートの目的地としても定着したようです。
201706Tateyama_Thunderbird-2.jpg
ひさしぶりに来てみました。
蚯蚓(ミミズ)だけは4年前に来たときも漢字で書いてありました。あぁナゼ?
201706Tateyama_Thunderbird-3.jpg
そして立山サンダーバードではじまるのは、ただの冷やし中華ではありません。
冷やし中華サンドイッチがはじまっていました。
201706Tateyama_Thunderbird-4.jpg
店内には「芦峅寺にどうして?」
と思わずにはいられない世界のタバココーナーがあります。
201706Tateyama_Thunderbird-5.jpg
そうかと思えば、芦峅寺というロケーションにぴったりのおみやげコーナー。
しまった・・・白エビビーバー、、、買うの忘れてた、、、
201706Tateyama_Thunderbird-8.jpg
早朝に出かけるクライマーや釣り人に大人気のおにぎりコーナー。
201706Tateyama_Thunderbird-9.jpg
やっぱりとろろこんぶ梅でしょ。
201706Tateyama_Thunderbird-7.jpg
午後1時頃に立山サンダーバードに寄ったわけですが。
朝イチだとこんなにたくさんのサンドイッチがあるんでしょうか?
すごいねー!
201706Tateyama_Thunderbird-11.jpg
きのこの山とたけのこの里が入ってるサンドイッチ。
う、う〜ん・・・
201706Tateyama_Thunderbird-14.jpg
イチゴとクリームが入ったサンドイッチを店内でいただいてきました。
201706Tateyama_Thunderbird-16.jpg
イチゴのコンポートだけじゃなく、チョコクッキーが入っていました。
サクサク食感もあいまって美味しかったです。
201706Tateyama_Thunderbird-15.jpg
アスパラベーコンのサンドイッチもおいしかったよ!
201706Tateyama_Thunderbird-6.jpg
立山サンダーバードオリジナルグッズも販売していました。
201706Tateyama_Thunderbird-10.jpg
カール論争ではついに東側に組み込まれてしまった富山県ですが、
どん兵衛はWマークの関西風販売エリアになっています。
ところが立山サンダーバードでは両方購入して食べくらべできるもようです。
201706Tateyama_Thunderbird-12.jpg
富山県民の愛する食べ物、昆布〆。
コブジメまで売ってるの?!!!
201706Tateyama_Thunderbird-13.jpg
アイスクリームケースの上半分が昆布〆に占領されていました。
なんてピンポイント過ぎるコンビニエンスストアだろうか。
こんな不思議なコンビニエンスストアを経営していらっしゃる方は芦峅寺在住ではなく、
滑川のかただそうですよ、アメイジング。

関連記事
立山サンダーバード(201307) ←店舗情報はコチラ。

タイのお友達と2泊3日の箱根・富士ツーリング/ハイランドリゾート編

前回までのあらすじ:ようやく忍野八海まで行くことができました。
結局、富士山へは明日行くことにして今日はこのまま宿へ・・・

この旅で初めての富士山の姿です。
富士山を見て誰よりも一番わたしがワクワクしたと思われます。
日本人のDNAには富士山を見ると無条件に喜ぶという情報が刻まれていると思います。
20160403to05_Hakone_Fuji_touring-56.jpg
本日の宿、ハイランドリゾートホテルにチェックインです。
なんだか良くない予感がします・・・
だってこのホテルは富士Qハイランドの真横という絶好のロケーションです・・・
20160403to05_Hakone_Fuji_touring-57.jpg
宿泊者リストが「タイ王国大使館様」でした。
さらにはわたしの電話番号を代表番号として記入するアメイジング。
と言うよりも!
20160403to05_Hakone_Fuji_touring-59.jpg
フジヤマやらドドンパが見えるんですよ、このホテルから。
ゼッタイに乗りたいって言うヤツでてくるやん、こんなん見たら!
やっぱり居た・・・
20160403to05_Hakone_Fuji_touring-66.jpg
わたしの必死の説得もむなしく全員分のプライオリティー入場券ゲット・・・
悲しみの入場券ゲットです・・・
フジヤマの分のチケットだけかって乗るんだって(泣)
行列とか春休みとかいろんな方向から阻止を試みるも、
わたしがタイ人に勝てるわけが無い。
そうだった!あきらめが肝心なんだった、マイペンライ(泣)
20160403to05_Hakone_Fuji_touring-62.jpg
わたしはわたしなりにこの旅を楽しむのよ。そうよ、そうよ。
明日のことは、明日考えればいい!
20160403to05_Hakone_Fuji_touring-58.jpg
ハイランドリゾートホテルの客室の蛇口から出る水は富士山の伏流水です。
バナジウム天然水ってヤツです。
たしかに冷たくっておいしかったです。
20160403to05_Hakone_Fuji_touring-61.jpg
ハイランドリゾートの宿泊にはふじやま温泉の入浴料金も含まれています。
ものすごく太い柱と立派な梁の木造建築が美しいお風呂でした。
お風呂は100点なのですが、
ロッカーが縦型で隣の人とあまりにも込み込みなのがちょと残念でした。
ロッカーが正方形型だったらな〜。20160403to05_Hakone_Fuji_touring-63.jpg
翌朝です。
ブレックファストチケットもあるので、目覚めのコーヒーでも飲みに行きましょうか。
20160403to05_Hakone_Fuji_touring-64.jpg
飲み物だけ・・・と思って行ったフジヤマテラスの朝食バフェですが、
なんだかとてもいい感じで、ついうっかり朝ご飯を食べてみたり。
タイのお友達は何をチョイスしたのかしら?と思ったら、
まんべんなく和洋中をお皿に盛り日本の味を楽しんでいました。
ナポリタンは甘すぎて子供の味だそうです。
20160403to05_Hakone_Fuji_touring-65.jpg
コーヒーとキウイジャムとパンが最高においしかったです。
モーニングブッフェは2390円ですって。
こちらも宿泊費に込みですが思ったより高かったです。
そしてコーヒーを飲みながらアントニオーニノヒゲキが脳内でリピートされています。
それは、これから富士Qハイランドに乗り込んでゆくタイフレンズのことを思い、
というよりは富士Qでローラーコースターに乗るし、
富士山の4合目まで行くし、海ほたるにも行くんだと言うまるで欲張りさんの
モーニングブッフェの皿のような要求をどうやって満たしてあげようかと
思いを巡らせるわたしの憂鬱に他なりません。つづく。