タイのお土産に虫のスナックはいかがですか?[ CLISPY SIMK WORM SNACK from Thailand. ]


外国に旅行に行ってきた人の困ったお土産ナンバーワンといえば、
現地ならではのビックリな食べ物だったりするのですが、その際たるものがコレ。
201802CrispySilkWorm-4.jpg
クリスピーシルクワーム!
栄養満点で消化も良い蚕(かいこ)です。
201802CrispySilkWorm-2.jpg
開けてみたら、ズバリカイコ!でした。
カイコが練りこんであるカール状のお菓子とかそんなオブラートに包まれたものではなく、
スバリ、カイコ、そのまんま!
201802CrispySilkWorm-3.jpg
食べてみたら、そんなにマズいわけでもないけれど、決して旨くもない・・・
強いて言うなら「別に食べなくても、知らないで死んでもいい味」とでも言いましょうか。
こっからが暴挙です。
とりあえず、出会う友達、知人全員の口に放り込んでいきます。
その結果9割の人が「旨くも不味くも無い、なにこれ?」と反応していました。
201802CrispySilkWorm-5.jpg
新年会のおやつにもそっと混ぜておきました。
緑の袋のものは海苔風味のクリスピーシルクワークです。
201802CrispySilkWorm-6.jpg
虫スナックを食べた数人からは「貴重な体験をさせてくれてありがとう!」と言われました。
自分からは絶対にすすんで食べないであろうものを食べれたことに感動したのだとか。
そんなこと言われて逆にたじたじになってしまいましたが、
もう二度とみんなを困らせるようなお土産は買いません、ごめんなさい。
スポンサーサイト

タラート・ナット・ロット・ファイ・ラチャダーを練り歩いて食べて上から眺めてコンプリート![ Have you seen the Picture of Train Night Market Ratchada, Bangkok? It's so beautiful! ]


Train Night Market Ratchada にやってきました。
ラチャダーのナイトマーケットといえばたいがいみんな知っています。
The New Rot Fai Market Ratchada とも呼ばれています。
では、レッツゴー!
201802TrainNightMarketRatchada-3.jpg
はい、タイ名物の青空タトゥー屋さんです。
夜なので星空タトゥー屋さんとでも言えばいいかな?
201802TrainNightMarketRatchada-2.jpg
こちらは半分青空散髪屋さん。くどいようですが半分星空散髪屋さん。
飲食店が近くにあるのに切った髪の毛が散らばっている感じがタイっぽいです。
201802TrainNightMarketRatchada-5.jpg
わたしの大好物、ロティもあります。
こっから怒涛のロティ屋さんの実況です。
201802TrainNightMarketRatchada-8.jpg
このお店はロティの生地をパンダンリーフ入りの緑のものと、
普通のロティの2種から選べるとのことでしたので、迷わずパンダンリーフのロティで!
見事なのばしっぷりです。
201802TrainNightMarketRatchada-9.jpg
切ったバナナを入れてクルン、クルンと包み焼きしていきます。
これね、絶対日本でも流行ると思うんだ、誰かやってよ〜。
201802TrainNightMarketRatchada-10.jpg
焦げ目のパリパリ感がたまらないよね。
もーすぐできあがります、わたしのロティ。
201802TrainNightMarketRatchada-11.jpg
ギロチンの刃みたいな包丁で切り分けてできあがり!
おにーさん、結婚してるんですね、がんばって稼いでね。
201802TrainNightMarketRatchada-12.jpg
パンダンリーフ生地のバナナロティ、45バーツです。
「もーハラいっぱいで何も食べらんないからね!」と言っていた5分後にたいらげました。
ごちそうさまでした。
201802TrainNightMarketRatchada-15.jpg
ロティ屋さんのメニューはこちら。
わたしはバナナロティにコンデンスミルクだけがかかっているやつが好きです。
201802TrainNightMarketRatchada-6.jpg
ロティのお店の隣が虫の素揚げ屋さんでした。
虫の素揚げは酒のつまみとして人気があります。
201802TrainNightMarketRatchada-7.jpg
とは言え、ジャイアント・ウォーター・バグがジャイアントすぎるよ・・・
タガメ?
201802TrainNightMarketRatchada-4.jpg
「もーハラいっぱいで何も食べらんないからね!」と言っていた5分後にロティをたいらげ、
その3分後くらいにカオニャオマムワン(もち米とマンゴーのデザート)を買いました。
もちろんLサイズの99バーツのやつです。
201802TrainNightMarketRatchada-13.jpg
5色のもち米のカオニャオマムワンは初めて見ました。
カリカリ緑豆が付いていないのが残念ですが、おいしかったです。
201802TrainNightMarketRatchada-1.jpg
食ってばっかりじゃん!って思うでしょうけれど、ナイトマーケットなんてそんなもんよ。
ものすっごいでかい器に入ったジャンボラーメンとかあるから友達引き連れて行くといいよ。
あとは、洋服屋さんや正月のバトゥや魚サンダルなどが所狭しと並んでいます。
夕方5時から夜中の1時まで営業していますが月曜日はお休みなので気を付けてね。

お洒落なオープンエリアでいただくフォトジェニックな料理と創作タイフードが美味しいHUNGRY MONKEY(ハングリーモンキー)へ行ってきました。[ HUNGRY MONKEY at Bangkok. ]


ストームクラブの仲間がレストランをオープンしたので今夜はそこで会食です。
HUNGRY MONKEY (ハングリーモンキー) にやってきました。
201802HUNGRY_MONKEY-2.jpg
なぜモンキーかというと、お店の奥で本当に猿を飼っているからです。
ものすっごく小さい猿です。
猿には詳しくないので種類とかは分かりませんが。
201802HUNGRY_MONKEY-3.jpg
みんなー、おひさしぶり!
さ、何で乾杯しましょうか。
201802HUNGRY_MONKEY-6.jpg
ラテかよ!
2013年のラオス・タイ旅行で酒を飲みすぎてそれ以降、禁酒していることを
タイの仲間はみんな知っていますが、2018年はアルコール解禁の方向で行きますよー。
201802HUNGRY_MONKEY-5.jpg
とりあえず、洒落たくるくるフレンチフライでも食っとけ。
真ん中の茶色いソースがうまいのです。
201802HUNGRY_MONKEY-9.jpg
でた!おサレな皿にちょっとだけ盛ってあるバエちゃう系のやつ。
カルボナーラ、うまうまです。
201802HUNGRY_MONKEY-8.jpg
さらに紫玉ねぎで彩りの良いサラダね。
・・・おい、タイ料理なテイストはゼロなのか?
201802HUNGRY_MONKEY-4.jpg
あ、ちょっとタイっぽい。
いや、タイにこんな料理あったか?
201802HUNGRY_MONKEY-18.jpg
タイっぽいのってグリーンペッパーのブドウ状のやつの部分だけじゃないか。
これ、うまそうに見えるけど、食ったら死ぬやつだから要注意ね。
タイ人はバクバク食うけど、賢明な日本人は食わないこと!
(月まで飛んでって帰ってこれなくなります、 想定の範囲外の辛さです)
201802HUNGRY_MONKEY-7.jpg
スパイスとハーブが効いているチキンレッグ。
タイでもミニスキレットが流行っているのかしら?
201802HUNGRY_MONKEY-10.jpg
ハングリーモンキーの料理は洒落ているのでデートしてるカップルの多いことったら。
白身魚のソテーには日本風の甘辛ソースがかかってて美味しかったです。
201802HUNGRY_MONKEY-11.jpg
はい、ここでフレンチフライ、アゲイン。
日本でもタイでも、たくさん人が集まってお話に花が咲いている時の
マンチーフード(片手で掴んで食べれるたべもの)ってコレです。
201802HUNGRY_MONKEY-14.jpg
ステーキ!の上にグリーンペッパーのったやつ・・・。
ほんっとにタイ人ってコレ好きだよね、ブドウと間違えてるんじゃないかな!?ってくらい。
201802HUNGRY_MONKEY-16.jpg
あーーーー!やっとタイっぽいのきた!!!
イカスミスパゲッティのグラッパーオです。
201802HUNGRY_MONKEY-17.jpg
なんでジャスミンライスではなくイカスミスパゲッティ!?
という疑問はこの際忘れて、グラッパーオに舌鼓を打ちましょう。
201802HUNGRY_MONKEY-12.jpg
もうお腹いっぱい!ハングリーじゃないモンキーだよ!
イムレーオ(おなかいっぱい)モンキーだよ!と言いつつもデザートを見に行くモンキー。
201802HUNGRY_MONKEY-13.jpg
ハングリーモンキーには小さい店内カフェスペースがあります。
日中はここでカフェだけやってるのかも。
そもそも営業時間は何時からだっけ?
201802HUNGRY_MONKEY-19.jpg
カウンターとソファが一個あるだけです。
店内カフェというよりは、厨房エリアに注文スペースが付いてるって感じですかね。
201802HUNGRY_MONKEY-21.jpg
タイで流行ってるスイーツがありますよ。
見た目の豪華なやつね。
201802HUNGRY_MONKEY-20.jpg
味の想像がつかないお菓子も売っていました。
201802HUNGRY_MONKEY-15.jpg
ここでもチャータイを飲みます。
チャータイに注目してみると、これが無いカフェなんか無い!ってくらいに、
どこにでもあって、タイ人の大好きビバレッジであることがうかがえます。
201802HUNGRY_MONKEY-23.jpg
そして、チャータイ味のケーキで胃にとどめを刺しましょう。
おいしかったな〜チャータイケーキ。
201802HUNGRY_MONKEY-22.jpg
店内カフェの入り口にはガネーシャ。
201802HUNGRY_MONKEY-24.jpg
オープンエリアが気持ちいい HUNGRY MONKEY でした。
とっても広くてキレイなのでパーティーやデートにどーぞ!

↑ HUNGRY MONKEY はこちら。