シャインマスカットと巨峰のジベレリン処理をする

202005Shine_muscat-5.jpg

ぶどうの花が咲く時期がやってきました。



去年、2019年5月12日、ぶどうのジベレリン処理をしていました。
「ジベレリンに浸せば種無しになるらしーぞ!」ときいたので、とりあえずやってみました。

202005Shine_muscat-6.jpg

ジベレリン協和液剤をうすめて25ppmの溶液を作ります。
(インターネッツの情報より)
薬剤の箱に「水に溶かすと無色透明になる」って書いてあったが・・・(見なかったことに

202005Shine_muscat-1.jpg

住友化学園芸のサイトより抜粋
無核栽培とは?有核栽培とはとは??

202005Shine_muscat-2.jpg

2倍体?4倍体ってなんだ?
まずは・・・「今日から始めるぶどう栽培」的な本が必要なのか?!用語がわかりません・・・

202005Shine_muscat-7.jpg

ひたしまくります。
去年は「花切り」というものをまったく知らなかったため、花が咲いた葡萄の花をカットしていません。
なので「もっと長いコップが必要だ!」などとのたまいながらジベレリン処理していました。

202005Shine_muscat-3.jpg

2020年、今年は「花切り」というものを覚えました。
ぶどうはこんなになが〜く花が咲いて果実が実ります。

202005Shine_muscat-4.jpg

それをこのくらい残して花をカットしてしまうのだそうです。だいたい3.5〜4センチくらい。
(インターネッツの情報より)

202005Shine_muscat-9.jpg

シャインマスカット三種の神器を注文しました。
茨城県農業総合センター園芸研究所のPDFを読んだり、塚本ぶどう園の園長にきいたり。
やぶ蛇!やぶ蛇!教えてやっから手伝いに来いっていう流れになってしまう。
今じゃなくて、秋の収穫の時に手伝いに行きます!
つづく

秋の連休は日本一ファンキーなぶどう園でぶどう狩りをしよう。
塚本ファミリーぶどう園

__________ 🍇__________
スポンサーサイト



ホームベーカリーがやってきた!



ヒトは小麦の粉をこねたい衝動を抑えきれない動物ですが、
一旦こねてしまうと、その面倒くささに辟易する身勝手な動物でもあります。
そ・こ・で、ホームベーカリー様です。

202005HomeBakery-7.jpg

家にまったく同じホームベーカリーが2台あるという友達に1台借りました。
取説は無いのでインターネットで見てね〜とのことでしたのでさっそくプリントアウト。

202005HomeBakery-1.jpg

ホームベーカリーが届いたその日にやってみるでしょ、試運転!

202005HomeBakery-3.jpg

まさか、食パン1斤焼き上げるのに5時間もかかるなんて想像していなかったよぅ・・・
時計合わせをやらないで突然スタートしたためパンの焼き上がりが夜11時半ごろです。
焼きあがったパンの引き上げのため起きて待機!あと1分!

202005HomeBakery-4.jpg

おぉー!!!できてる。
パンができてるよー!


202005HomeBakery-5.jpg

パンが縦に長いため、どうやって切るのか?というディベートが始まります。
あーでもない、こーでもない、夜中の12時にパンを切る方向について熱弁中。

202005HomeBakery-6.jpg

時計合わせをやったので、パンの良い匂いが漂う中起床するなんてこともできます。
こないだ、チョコチップ入りのパンを焼いている最中に停電になって焦りましたが、
ちょうど発酵の時間に停電になったので一命をとりとめたチョコチップパン。
焼きたて食パンがうますぎて、ちっとも花捲(ホアジュアン)を作るに至りません。

__________ 🍞__________

花捲(ホアジュアン)をつくりたい!



ヒトは突然、小麦の粉を捏ねたくなる
そしてその衝動は誰にも、もちろん自分でさえも止めることはできない


202005FlowerRoll-2.jpg

きょうは大好物の花捲(ホアジュアン)を作ります。
日本名は「花巻(はなまき)」といいます。
簡単に言えば、あんまんや豚まんの「まん」の部分です。
こねて、発酵中ですが一向に膨らむ気配がありません。

202005FlowerRoll-3.jpg

イースト菌が死んでいたようです。
スーパーマーケットで新しいイースト菌を仕入れて来ました。
やりなおしッ!

花捲(ホアジュアン)の材料
・薄力粉 200g
・ドライイースト 小さじ1
・グラニュー糖 大さじ1
・しお ひとつまみ
・ぬるま湯 100〜110cc
・太白胡麻油 大さじ1

202005FlowerRoll-4.jpg

今度はちゃんと膨らみました。発酵成功です。
ここで中国人先輩から「酵母を使ってください、ドライイーストはダメです」とダメ出しです。
なんでも中国ではあちこちで天然酵母が売ってて容易に手に入るのでドライイーストは使わないとのこと。
とりあえず「はい」と返事をして無視しましょう。

202005FlowerRoll-5.jpg

のばす。なかなかの弾力で戻ろうとするのでなかなか伸ばせない。

202005FlowerRoll-6.jpg

なんとか花捲ぽくなりました。

202005FlowerRoll-7.jpg

想像していた大きさの1/3くらいです・・・小さいです・・・

202005FlowerRoll-8.jpg

蒸すと少し大きくなりましたが、それにしても小さいです。
そして、わたしが好きなタイプの花捲の味や食感と違います。
きっと強力粉が入っている方がわたしの求める花捲に近くなる気がします。
しかし2回もこねたので、もうこねたくない、しばらくはこねたくない。
ホームベーカリーがあれば!!!
つづく

__________ 🐷__________