ANAプレミアムメンバーステイタス2021年度継続のご案内がきた!



2019年5月3日に50000PP達成を果たしてANAマイレージクラブ・プラチナそして、
スターアライアンスゴールドメンバーになって2020年は素晴らしい空の旅を!
と思っていた矢先の世界同時疫病・・・国際線9割減便・・・
誰がこんな1年先を予想できたであろうか。
飛行機が飛んで無いんじゃあプラチナステイタスがあってもなくても無意味です。
修行中じゃなかったのが不幸中の幸いか?と思っていた矢先、ANAからメールが届きました。

202005ANA_SFC-5.jpg

5/8に届いたメールには「ステイタスの1年延長措置」が案内されていました。
とりあえず、いまのところラッキー!
この先、いつ世界中に旅立てる日が来るのかは全くもって分からないけれど。
ありがたい話です。

202005ANA_SFC-4.jpg

いまはじっくりと働いてお金を貯めて、機が熟すのを待つときです。
だいじょうぶ、マスカルポーネとラスベリーがあれば大丈夫、よく働きよく眠り待ちます。
バンコク、ホーチミン、バルセロナ、シアトル、カトマンズ・・・行きたいところだらけです。

✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈
関連記事
SFC修行2019!1/13から始めて5/3で終了するまでの獲得PP推移表と総費用のおさらい
Staralliance Gold - スワンナプーム国際空港から飛行機に乗る時はタイ国際航空一択だ!という話
スポンサーサイト



ANA・SFCの特典は優先搭乗や手荷物の重量、ラウンジの利用だけじゃあなかった!わたしの知らなかったSFC特典はコレです。



立山連峰ぅー!
雲のうえに出てる立山連峰を眺めて着陸です、オススメの席は右側です、Aじゃないほうです。

201909ANA_HBD-7.jpg

きょねんの分を取り戻すかのようによく乗っています。
無事ゴールデンウィーク中にプラチナを達成しましたが、まだわたしの知らない特典がありました。
優先搭乗や手荷物の重量、ラウンジの利用以外の聞いたこともない特典がありました。

201909ANA_HBD-2.jpg

カレンダーやら手帳をいただけるとのことです。

・・・興味ないな・・・と思ってたら・・・

201909ANA_HBD-3.jpg

申し込みをしなかった場合、500マイルもらえるそうです。
500マイルもらえるの?じゃ、そっちで!

201909ANA_HBD-1.jpg

ちなみに、誕生日には1マイルももらえません。
「おめでとう!」っていう画面が降ってきて、壁紙とかダウンロードできる模様です。

201909ANA_HBD-5.jpg

アクアラインが細くておっかないなぁー。
以上、今まで知らなかったSFCプラチナの特典でした。

__________ 🛫__________

SFC修行2019!1/13から始めて5/3で終了するまでの獲得PP推移表と総費用のおさらいです。[ Mileage Run 2019. At last I became The Star Alliance GOLD member and got the ANA MILEAGE CLUB Platinum. COMPLETED!!! ]



1月13日から始まったSFC修行は5月3日で無事終わりました。
では、日程と獲得PPと総費用をおさらいしてみましょうじゃありませんか。

201905Mileage_run-22.jpg

上の表はSFC修行を始める時につくった15レグでの獲得予定マイレージとPPです。
とにかく考えるのが面倒でバンコク→東京→石垣→東京→バンコクを繰り返す予定でした。
14レグ目の石垣島で50000PP達成予定です。
しかし2月に石垣島まで行って「石垣島遠いし朝早いし沖縄でA&Wのハンバーガー食べたいな〜」と思い、
PPを計算し直してみました。計算しなおしたのが↓下の表です。

201905Mileage_run-21.jpg

なーんだ!ピッタリじゃあないか!
14レグと15レグを羽田ー那覇・那覇ー羽田に変更してA&Wのハンバーガーも食べられる!
渡航先を石垣から那覇に変更したことで21750円返金されました。
願ったり叶ったりです。
3月23日のフライトを終えた時点で30000PPを超えるのでブロンズステイタス達成ですが、
事前サービスが始まるのが4月2日からなのでブロンズ達成の◀︎マークは上の表の位置です。

201905Mileage_run-3.jpg

実際にはブロンズステイタス達成のあとはマイレージの加算比率があがります。
なのでPPの計算は変わりませんが、獲得マイル数はバンコク往復2294マイル、那覇往復1672マイルで
ステイタスなしの状態よりも3966マイル多く獲得できます。

201905Mileage_run-7.jpg

50000PPを達成した後もプラチナステイタスになるまで2日ほどかかるので
51545PPなのにブロンズ!というレアな画面です。
こんなものをレアだ!と喜ぶのはもはや病気の人かアレな人ですが気にしません。

国際線区間はすべてプレミアムエコノミークラスを利用
国内線区間は海外乗り継ぎ割引適用のYクラス
全15レグで576870円でした。
・・・実は海外発券なのでまだ手元にバンコク行きのPY券が1レグ分あるのはナイショです。
(だからホントは16レグで576870円です、そして〆なければ永遠にバンコク往復が続きます、天国かよ)

201905Mileage_run-6.jpg

来年4月から使えるアップグレードポイントは20ポイントです。
小市民だからシアトルとかでファースト乗りたい!
そのためにはまず東京ーシアトルをビジネスクラスで買えってことか、おぅ・・・

201905Mileage_run-23.jpg

死ぬまでに1回くらい乗ってもバチは当たらんでしょう、ファーストクラス。

総括です。
2011年にSFC修行を終えた友達に聞いた総費用(航空券のみ)が593516円。
2019年にわたしが修行に使った航空券代金(まだ1レグ残っている)が576870円。
毎年条件が悪くなるとか騒がれていますが、だいたい60万円の航空券で解脱が可能。

成田(羽田)からバンコクは約7時間×3回
バンコクから成田(羽田)は約6時間×4回
羽田から石垣は3時間×3回
石垣から羽田は3時間×3回
羽田から那覇は2時間半×1回
那覇から羽田は2時間半×1回
合計約68時間のフライトでした。

国際線区間はすべてプレミアムエコノミークラスを利用
国際線ブッキングクラスE100%
PPシミュレーション:国際線G/E/Y/B/Mを適用
国内線区間は海外乗り継ぎ割引適用のYクラス
国内線ブッキングクラスY100%
PPシミュレーション:国内線運賃10を適用
PP単価は11.1915802円(約11.2円)
まだプレミアムエコノミー成田発バンコク行きが1回分残っていて最終獲得PPが56248なので、
正確なPP単価は10.2558313円(約10.3円

海外発券を選んだ理由はこちら

正月からはじめて半年(6月まで)以内に終わった方が良い理由は、
毎年4月2日から事前サービスが始まるので、4月2日以前までにプラチナまで達成すると
2019年4月2日から2020年3月31日の事前サービスと、
2020年4月1日から2021年3月31日までの本サービスをフルに受けることができるから!です。
というわけで7月に早速、帰省してきます。
優先チェックインカウンター、手荷物受け取り優先、専用保安検査場、ラウンジ利用で
めちゃくちゃ快適に違いない!
おしまい、よくやった、わたし!

✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈