アカシア茶 【 工程を写真で見て作る日本一やさしいアカシア茶のレシピ 】



材料(2人ぶん)
・ACRB  10g
・クエン酸 3.5g
・水    400cc
・卵白   4個ぶん

用意するもの
・0.1g単位で測れるスケール
・シェイカー(ナルゲンボトル500ml用がとても良い)
・ドリッパー(台形型のやつ。理由は後で書きます)
・コーヒーフィルター(いっぱい使うと綺麗なお茶ができます)
・500ml用のスケールカップ(何個かあると途中洗わないで良いので便利です)

201904_Acacia_ACRB-3.jpg

ACRB粉末を10グラム測ります。
10.1gになっているのはご愛嬌、静電気でそこいらに飛ぶからこんくらいでヨシとします。

201904_Acacia_ACRB-2.jpg

クエン酸3.5グラム
クエン酸が多いとおいしくなくなるマズさが増幅するのでちゃんと測ろう。

《なんで入れるのクエン酸》
アカシアコンフサ根皮粉末の中に有機酸の塩として存在するアルカノイドを水に溶かし出すことによって
アルカノイドの遊離塩基だけを抽出するため。粉を食べなくてもよくするため。

201904_Acacia_ACRB-4.jpg

シェイカーに目盛りがついているのに、先にACRBとクエン酸を入れてしまったがために、
水をスケールカップで図るハメに・・・アタマを使って手順を考えようの巻・・・

201904_Acacia_ACRB-5.jpg

振って振ってフリまくる。
時折ふりながら、30分ほど放置する。

201904_Acacia_ACRB-6.jpg

濾過する。
真っ赤な色が水によく溶け出しています。
草木染めをする場合も植物の色素を水に溶け出させるためにクエン酸を使います。

201904_Acacia_ACRB-7.jpg

たまご4個ぶんの卵白をときほぐしたもの。
この中に赤い液体を入れてよく混ぜ、卵白清澄でシブみを取り除きます。

201904_Acacia_ACRB-8.jpg

弱火にかけて、ときどき撹拌しながら沸騰直前まで加熱します。
モコモコモコモコ〜っとなってきたら沸騰直前(というかちょい沸騰)なので火を止めます。

《卵白清澄とは》
卵白のタンパク質は渋みの成分であるタンニンと結びつきやすいという性質を利用し、
じっくり加熱することで卵白にタンニンを結合させ、ACRBのマズさを取り除く工程です。

201904_Acacia_ACRB-9.jpg

加熱後の濾過、1回目です。
卵白のタンパク質がコーヒーフィルターの底にたまるので、なかなか濾過がおわりませんが、
ここは気長に待つ場面です、急がずに〜いそがずに〜。

201904_Acacia_ACRB-10.jpg

台形型のコーヒードリッパーよりも円錐型の方がサーッと濾過できるんじゃないだろうか?
って思ってやってみたら2人ぶん(たまご4個分の卵白)の質量に耐えきれなくて、
コーヒーフィルターが決壊すると言う大惨事になったので、台形型をオススメします。
早く淹れればいいってもんでもないので、ここはゆっくり待ちましょう。

201904_Acacia_ACRB-11.jpg

加熱後の濾過、2回目です。
2回目はコーヒーフィルターを新しいものに変えて濾過してください。

201904_Acacia_ACRB-12.jpg

なんて美しいアカシア茶でしょう!
自画自賛してもよいできばえです、上手、グッジョブわたし。

201904_Acacia_ACRB-13.jpg

1人ぶん水200ccからつくると、ほぼ100ccのアカシア茶ができあがります。
2人ぶん水400ccからでは、ほぼ200ccのアカシア茶ができました。
粉末の濾過と加熱後の濾過でだいたい半量になります。
つくりおきのアカシア茶は冷凍保存しておくことも可能です。

Have a good trip !!!

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
スポンサーサイト



1-propionyl-lysergic acid diethylamide

1P-LSD

・1P-LSD(1-プロピオニル-リセルグ酸ジエチルアミド)
・マイクロドーズ20-50ug / 通常量50-125ug / OD125-200ug+
・オンセット45-90分 / 継続時間8-12時間 / アフターエフェクツ6−24時間

・LSDの類似物
・LSDよりわずかに強力で継続時間が短い
・late2014にリリース



1P-LSD(1-propionyl-lysergic acid diethylamide)
1cP-LSD (1-cyclopropionyl-lysergic acid diethylamide)
1B-LSD (1-butanoyl-lysergic acid diethylamide)
ETH-LAD(6-ethyl-6-nor-lysergic acid diethylamide)
1P-ETH-LAD(1-Propionyl-6-ethyl-6-nor-lysergic acid diethyamide)

1-Propionyl-6-ethyl-6-nor-lysergic acid diethyamide

1P-ETH-LAD

・1P-ETH-LAD(1-プロピオニル-6-エチル-6-ノルリセルグ酸ジエチアミド)
・最小しきい値20-30ug / マイクロドーズ30-60ug / 通常量60-100ug / OD100-200ug+
・オンセット15-90分 / 継続時間6-10時間 / アフターエフェクツ2-12時間

・1pethlad
・ETH-LADのプロドラッグ(肝臓での代謝によってLSDになるもの)



1P-LSD(1-propionyl-lysergic acid diethylamide)
1cP-LSD (1-cyclopropionyl-lysergic acid diethylamide)
1B-LSD (1-butanoyl-lysergic acid diethylamide)
ETH-LAD(6-ethyl-6-nor-lysergic acid diethylamide)
1P-ETH-LAD(1-Propionyl-6-ethyl-6-nor-lysergic acid diethyamide)