トップウォーター7日目にして、ついに初ブラックバス![ Congratulations!!! At last, I had catched BLACK BASS for the first time!!! ]



まだブラックバスを触ったことがないトッパー1年生の7日目の釣行記です。
ねぇ、どこにいるの、ブラックバスさん。

201806Surface_day7-1.jpg

4時起床、出発、すでにいい感じの午前中。
やっぱり3時出発くらいキメていかないと朝まづめには間に合わないっぽいぞ。

201806Surface_day7-3.jpg

あぁぁああ・・・ナンマンダブー
(魚死んでるの見て釣れたためしがない、というかまだ生まれてこのかた釣ったことないんだった)

201806Surface_day7-2.jpg

水草、繁りすぎでしょ。

201806Surface_day7-5.jpg

水草しげりすぎのため、暑すぎてブラックバスいなさそうなため、
ウィードレス効果も高ければ、ブラックバスレス効果もすこぶる高いネズミを投げることにしよう。
覆い茂る水草の下の木陰で休んでいるブラックバスさん、あそびましょー
ワンバイトでフックカバーが外れた瞬間、ミドルボルテイジ!

201806Surface_day7-7.jpg

ナンダッテー!S氏、ワンフィッシュ。

201806Surface_day7-6.jpg

ブラックバスレス効果の高いネズミなんか投げてる場合じゃない。
ここはひとつデカいスーパースプークで・・・
と思ったら、お約束のフックのカバー取ってない系・・・
だからあれほど出発前にとっておけと!

201806Surface_day7-4.jpg

新しいルアーだけじゃなく、
きょうはグリップもロッドも「お初」なんだぜーい。
フジグリップ+ビキニロッド

201806Surface_day7-8.jpg

午後もちっとも釣れないな〜ブラックバス居ないのかな〜と思ったらデスヨ!ですよデスヨ!
いるじゃん。
完全に動きを止めて寝ているのか?それとも、わたしをバカにしているのか?
そーだね、わたしごときのヘッピリドッグウォークなんて素で無視だよね。

201806Surface_day7-9.jpg

すっごい!稚魚の群れ、まるでスイミーみたい。
いるよ、いるよ、いっぱいいるんだよ。

201806Surface_day7-12.jpg

ナ、ナ、ナンダッテー!S氏、ツーフィッシュ。

201806Surface_day7-10.jpg

やっぱ居るんだな。
そんな希望を胸に、渾身のサイドキャストで攻める木の陰。
S氏のいいつけどーりにルアーをツイートイールにチェンジして投げて投げて巻きまくる。

201806Surface_day7-15.jpg

ありがとう!
人生初のブラックバス、1匹目を釣りあげました。
テンパってトップのガイドに食い込むくらい巻き上げちゃったことはナイショです。

201806Surface_day7-13.jpg

記念すべき1匹目のブラックバスさん。
このこは、一生忘れることのできない魚です。

201806Surface_day7-14.jpg

喜びを噛み締めながら「あともう一匹」というスケベ根性で夕まづめを満喫しつつ、
結局、帰り支度が終わったのは真っ暗になった頃でした。
勝利の味のカントリーマアムは一段とウメェ!
トップウォーター7日目にして初ブラックバスと出会いました。
スポンサーサイト

canoe&surface2018 in 玉淀カヌーリゾート に参加してきたよ。その弐

201806canoe_and_surface-21.jpg

canoe&surface2018 たのしいランチと午後のサーフェイス
待ちに待ったランチタイムです。
13時集合って言われてたけど12時過ぎ早々にハラヘリ上陸デス。

201806canoe_and_surface-27.jpg

突然の「かっこいいぼくたちの釣り道具」です。
はい、ここから数枚、食べ物写真が続くのでサーフェイス要素をムリヤリ盛り込みました。
では、ランチです。

201806canoe_and_surface-18.jpg

パンが並んでいる絵ズラだけで「お〜いしぃ〜〜〜!」と悶えるような声を上げてしまいそう。
つくばのフリッシェス・ブロート モルゲンのパンです、ヨダレヨダレ・・・(失礼)

201806canoe_and_surface-20.jpg

コロッケやサラダ、アヒージョはcanoe&surface2018に参加したお料理上手なみんなの差し入れです。
ほんっとうにおいしかったー!

201806canoe_and_surface-19.jpg

こーゆーのをササッとつくっちゃうような女子力の高い男子多数!

201806canoe_and_surface-25.jpg

きのう焙煎したばっかりのコーヒー豆とか、ほんとにヘブンだな、ココは。

201806canoe_and_surface-23.jpg

おかわり2皿目のプレートは、モルゲンのパンにクリームチーズとミントハチミツを塗って、
今日の空を移す爽やかな珈琲と共にいただきました。

201806canoe_and_surface-22.jpg

作る人、淹れる人、食べる人、食べるだけの人、食べ続ける人、いろいろです。

201806canoe_and_surface-24.jpg

そんなGoE氏の3皿目か4皿目のプレートです。
ホットサンドが美味しそうねって、どんだけ喰っとんじゃ(w

201806canoe_and_surface-17.jpg

さー、午後の部もはりきっていってみよー!
え?カヌーにダブルパドル?なんか文句ある?

201806canoe_and_surface-29.jpg

できるわよ、シングルパドルだってお手の物よ。
↑分かりにくいかもしれないけど、めっちゃ上手に漕いでるってばシングルパドルで。

201806canoe_and_surface-30.jpg

そしてエレキの扱いもお手のモンっすよ!
そこ!誰?!おみこしワッショイスタイルとか言ってる人、ブツよ!
※ハンドコンを下から持つと「おみこしワッショイスタイル」と呼ばれて小馬鹿にされます。

201806canoe_and_surface-26.jpg

午後の釣果、まさかの!

201806canoe_and_surface-28.jpg

今日も釣れないよ。
異常なし!
canoe&surface2018 たのしかったなぁ〜最高だったなぁ〜

201806canoe_and_surface-32.jpg

千鳥ケ淵ではカップルだらけの水面上が、ココでは視界に入る限り男同士の仲良しカヌー。
トップウォーターっていう変態ちっくな遊びですが、
男同士でキャッキャと船に乗っている様は、自他共に変態と認めざるを・・・(割愛)

201806canoe_and_surface-31.jpg

この堂々たる存在感。
帰りの道の駅での一幕です。
あのね、カヌーとエレキハンドコン、欲しい・・・っていうのは心の奥にそっとしまっておこう。
また来年まで。
おつかれさまでした。

canoe&surface2018 in 玉淀カヌーリゾート に参加してきたよ。その壱



canoe&surface2018 ぼくたちのプロローグ

canoe&surface2018 というヘブンに行こうとしていました。
そう、canoe&surface2018のほんの1日前にエレキのマウントができあがりました。
エレキ自体はほんの2、3日前に手に入れてきたとか超突貫ップリです。
それにしてもユタカグ工房のエレキマウントの出来栄えの良さに感服!

201806canoe_and_surface-2.jpg

エレキマウントが出来上がったその日の深夜2時、
いわゆる「草木も眠る丑三つ時、屋の根も三寸さがる」という時間に集合。

201806canoe_and_surface-3.jpg

赤いカヌーを積み込んで出発!
え?ガススタンドのクレジットのサインを間違っちゃって?ノープロブレム、さ、行こう。

201806canoe_and_surface-4.jpg

canoe&surface2018 本編
カヌーリゾートたまよどについた頃にはすっかり朝になっていました。

201806canoe_and_surface-10.jpg

ブランコあったでー!左右のロープの長さが違うため不穏な動きを繰りかえすブランコでした。

201806canoe_and_surface-5.jpg

オトコふたりが向き合って乗り込むカヌー。お見合い乗りスタイル。

201806canoe_and_surface-6.jpg

ハンドコンとマウントの調子を見るために、ひと漕ぎ行って参ります、イッテラッシャイ。

201806canoe_and_surface-7.jpg

我々もお借りしたナバロで赤いオールドタウンを追いかけようじゃないか。
波立ってる!エレキ最高。

201806canoe_and_surface-8.jpg

14艇の船と30人ほどのトッパーが集うヘブンはそこにあり〼
あとは玉淀ダムのブラックバスさんたち、たのんだよッ!

201806canoe_and_surface-13.jpg

チワワ、スモールマウスバスを釣る。

201806canoe_and_surface-11.jpg

とりあえず、行けるとこまで行ってみよう!
(そう、ぼくたちにはエレキがあるじゃないか、笑)

201806canoe_and_surface-14.jpg

きょうのタックルボックスはアムコのでかいやつです。
ゆーてもレコはS氏のハコですね、カヌーだからって盛大に持ってきたご様子のパンダ祭り。

201806canoe_and_surface-12.jpg

全パンダ出動!ゴリラで投げまくり!(意味不明か)

201806canoe_and_surface-15.jpg

11時15分にSLが通るというワンチャンを見逃すまいと集まってカメラを構える仲間たち。
誇らしげに煙を上げて汽笛を鳴らしまくる機関車と、
お互いに手を振り合うSLの乗客と川面に浮かぶカヌートッパーたち。
知らない人同士が手を触り合って純粋に「たのしい!」って思える最高の瞬間でした。

201806canoe_and_surface-16.jpg

お昼の時間が近づいてきました。
8時前から船を漕いではルアーを投げている腹ペコトッパーたちは船着場へ戻ります。
楽しいランチタイムへつづく。