アサザに埋め尽くされた水面でザラマウスを投げ続けるトッパー、いまだ2匹目のブラックバスを見ず・・・


白鳥に近づくと明らかに怒っていたんだ・・・
すごい気迫で睨み返されて後ずさりしたんだ・・・
他の生き物の怒りを察知して回避しようとするのは、生き物の本能だなって思ったんだ。
201808surface_day9-2.jpg
サーフェイス修行9日目。
夕方からボートに乗って繰り出した水面ですが、さっそくおにぎり食べます。
なんて優雅な夏の夕方だろうか。
201808surface_day9-3.jpg
異常ナシです。
魚が釣れないことを日本では「ボウズ」っていうんだぜっていうのをタイ人友達に説明したら、
めっちゃ笑ってたんだよ、だからタイに釣りに行ったらタイ語で「ボウズ」はなんていうのかきいて、
タイに新しい釣り用語を普及させてこようと思ってるんだぜ。

日付は変わりまして、ある雨の日のことです。
夕方の1、2時間、オカッパリすることにしました。
201808surface_day9half-1.jpg
カッパを着ているから「おカッパり」というのか?
いやまさかそんな。
201808surface_day9half-3.jpg
どうすんだよワタシ、アサザだらけじゃねーか!!!
霞ヶ浦では全滅したとされているアサザがここににはまだあります。
移植したらいいんじゃないかしら?
いや、そーじゃないんだよ、こんなに生えてちゃルアー投げられない・・・
201808surface_day9half-2.jpg
どうせ釣れないトップウォーターだから、投げて遊ぶしかあるめぇ。
こんな時の強い味方はキマリネズミことザラマウスです。
そのウィードレスの高いボディは、ブラックバスさえもスルリとかわす、
ブラックバスレスルアーとも名高い(とわたしがキメた)あのザラマウスです。
201808surface_day9half-4.jpg
水草ヘッチャラ!スーイスイだぜ!
とばかりに、アサザの上でネズミをいたずらに滑らせていたら、
201808surface_day9half-5.jpg
青いカッパのオカッパリマンが釣り上げました。
しかも自作のハイボルテイジルワァで。
やるじゃねぇか!
201808surface_day9half-6.jpg
なぜこんな場所に?
なぜそんな確率で?
と思うけど、わりとよくこうなります。
ガイドのとこにフックがホールインワン。
201808surface_day9half-7.jpg
きょうは変な動きのルアーを借りて投げました。
ブリブリブリブリと全身を小刻みに震わせて不思議な動きをします。
こんなヘンテコな動きのものにかぶりついてくるブラックバスって生き物はなんなんだ。
そしてドコにいるんだよ。
わたしとも遊ぼうよ。
トップウォーター9.5日目、いまだ初バス以外のブラックバスに出会っていません。
つづく。
スポンサーサイト

ボートを手に入れたので乗ってみる、釣ってみる、遊んでみる。[ The topwater on the boat. ]


ボートがやってきた。
乗るしかない!
(この際、ボロボロだとか見てくれのことは一旦忘れて)
201808surface_day8-2.jpg
一応、進水式。
船長、遊んでるとゆうまづめに間に合いませんデス!
201808surface_day8-3.jpg
さぁ〜つれろよぉー!
ハッピーバスデイフィッシュ、たのむよぉ〜。
ちなみに誕生日に釣れたらプラス50センチにしてもいいって?
ほんじゃ、きょうはファッキン1メートルのブラックバス釣っちゃうよぅ!
201808surface_day8-6.jpg
・・・・・。
つれないなぁ〜、おかしいなぁ〜。
201808surface_day8-4.jpg
え?!そっち、釣れてんの?マジで?
いなして、いなして。
網をどっかで無くしてきたS氏、ハンドランディングのタイミングを図っている(のか?)
201808surface_day8-7.jpg
ハンドランディング、できた!
うらやましい、ほんとにほんとに羨ましい。
201808surface_day8-8.jpg
「誕生日の奇跡」は起こらなかった・・・。
そうです、上手な人は釣れて、ヘタクソは釣れません、そーゆー世界です。
葦のすぐ横にピタッと投げられないようでは、一生釣れませんよ。
わかってるよ!怒
201808surface_day8-5.jpg
それにしても、ボートは楽しい。
それにしても、エレキハンドコンは最高。
それにしても、ブラックバスを釣るのは容易ではない。
トップウォーター8日目、異常なし。
つづく。

へドン、テンモーコレクション!スイカ色のルアーを収集するトッパーのお話。[ Heddon Water melon color rules collection. ]



初めてベイトリールを投げた日から10ヶ月が経ちました。
「収集癖」のあるイキモノがルアーなんてものに興味を持ったら、
こうなってしまうことは回避できようもございません。

201807Heddon_Tengmo-2.jpg

あの日あの川でラッキーじゅうさんを初めて投げて、
スイカっぷりの良い色合いが気に入ったのです。
そしたらですよ「スイカ」って呼ばれてやがったんですよ、このGRっていうカラー。

201807Heddon_Tengmo-3.jpg

同じのがいくつもあるわけではありません。
ツヤツヤしたやつと、マットな仕上がりのやつ、マットな仕上がりの見る用(パッケージ入り)。
そりゃもうジャニオタみたいに、使う用・飾る用・保管用なんて買うわけです、アホです。
そして、大きさ違いのベイビーラッキーじゅうさんもね。

201807Heddon_Tengmo-4.jpg

買ってからまだ投げたことのない ヴァンプヴァンプスプーク です。
左のがウッドで、右のがプラッチックね。

201807Heddon_Tengmo-5.jpg

ウッドのヴァンプにはスタイ(よだれかけ)が付いています。
トレブルフックが3個もついているため、タックルボックスの中で絡まり合って、
ひとつの大きな集合体を形成するのに一躍かっています。
ラッキーじゅうさんと同じところに入れるとより一層効果的です。

201807Heddon_Tengmo-6.jpg

ペンシル3本いってみよー。
一番手前の スーパースプーク はカランコロンと音が鳴るのでとても好きです。
オリジナルザラスプーク これを基本のルアーと考えておけば間違いない(ハズ)です。
奥のが シッポのところに重りが入ってる ザラスプーク・スゥエイバック です。

201807Heddon_Tengmo-7.jpg

ルアーを買う身分になるまでは「同じモンばっかり買ってるな〜この人たち」と思ってましたが、
全然違うから!
ぜーんぜんちがうからね、これら。

201807Heddon_Tengmo-8.jpg

シッポにプロペラが付いているシリーズの ウーンデーッドザラマグナムトーピード です。
マグナムトーピードは同じではありません、縦割れと横割れです。
全然違うから!

201807Heddon_Tengmo-9.jpg

プロペラにも違いがあるそうな。
そのペラをさらに叩いて曲げてよく回転するようにペラ小屋で・・・(モンキーターン参照)

201807Heddon_Tengmo-10.jpg

クレイジークローラ、君はそこにいるだけで可愛いから。
そう、たとえ羽を閉じでスーッてひっぱられてくるだけだったとしても。
クローラです、女の名前みたくそう呼びます、クローラーではなくクローラと。

201807Heddon_Tengmo-11.jpg

ウッドでできてるの?!
と思ったくらいガッタガタのプラッチックボディがまた愛おしいのです。

201807Heddon_Tengmo-12.jpg

タイガー は思っていた以上に小さくて三度見しました。
タイガーの仲間にはビックタイガーマグナムタイガーというのが居るそうです。
どっちがデッカイのかは知りませんが、タイガーはとても小さかったです。

201807Heddon_Tengmo-15.jpg

比較するものがないと分かりにくいか?
あいにく、喫煙者ではないのでライターもタバコも持っていないのでコレでどーだ?

201807Heddon_Tengmo-17.jpg

見て欲しいのはパンダマンではなくて左の クラップシューター です。

201807Heddon_Tengmo-18.jpg

買った時からフックがついていなかったのです。
スーパーウィードレス仕様か!!!へドンさん、フックお願いします、フック。

201807Heddon_Tengmo-14.jpg

ウィードレスといえばネズミ、わたしの大好きなネズミ、ザラマウス です。
ネズミが好きすぎて メドウマウス も二匹追加しました。

201807Heddon_Tengmo-13.jpg

ネズミが好きすぎて、シッポ付きのクレイジークローラも迎え入れました。
途中からへドン・テンモーコレクションではなくなってきましたが、
ここでやっとテンモーについて教えてあげましょう。

201807Heddon_Tengmo-19.jpg

テンモーはタイ語のスイカ「แตงโม」のことです。
発音記号は「Tængmo」で日本人の耳には「テンモー」と聞こえます。
以上、テンモーコレクションについての説明でした。

201807Heddon_Tengmo-20.jpg

ネズミが立ったので今日も釣れるぞ!
暑くて釣りに出かけてもないけどなッ。
つづく。