香港のおみやげ完結編「京都念慈菴枇杷潤喉糖」と「陸羽茶室ティーパック」[ You should definitely buy it for Honk Kong souvenir. ;-) ]


やっと「香港のおみやげ完結編」です。
往路のスーツケースの半分はもちろん空いていますね?
復路のスーツケースの半分は言わずもがなおみやげで満タンですね。
ではいってみよー。
201704HongKong_souvenir-1.jpg
今回は香港みやげのド定番、念慈菴のハーバルキャンディーと陸羽のお茶です。
おみやげのパッキングに便利すぎるイーグルクリークのパックイットシリーズ、
旅行カバンのパッキングといえばイーグルクリーク!です。
201704NIN_JIOM_HerbalCandy-1.jpg
京都念慈菴枇杷潤喉糖は香港・台湾・中国では、
どこのおうちにもある”万能常備薬”なのでそうです。
京都念慈菴の枇杷潤(シロップ薬)喉(ノド用の)糖(飴)、つまりのど飴です。
201704NIN_JIOM_HerbalCandy-3.jpg
味は、日本で言うところのヴィックスドロップ味です。
1袋HK$8(日本円で約110円)です。
「なにこれ?京都のみやげ?」って言われました。
たしかに”京都”って書いてありますが香港みやげでございます。
201704NIN_JIOM_HerbalCandy-2.jpg
ハラフルードとそうでないものがあります。
わたしが一番おいしいと思ったアップル・ロンガン味はノンハラルです。
イスラム教のお友達にはレモングラスやマンダリン・レモン味をどーぞ。
201704LUK_YU-1.jpg
こちらも手頃なお土産として人気のルックユー(陸羽茶室)のお茶です。
鉄観音や水仙ウーロンなどいろんな味があります。
1箱FK$11.6(約160円)で25パック入っています。
201704LUK_YU-2.jpg
1パックで500mlのティーポット1回分にちょうどよいのです。
軽いのでおみやげに最適!と思います。
201704LUK_YU-3.jpg
味は、美味くもマズくもない、フツーのお茶です。
落としどころがないまま香港おみやげ、これにて完結です。

香港のおみやげ
鴛鴦茶とハローパンダ
クノールの香港式スープマカロニ(通粉)
ポップパンと香港限定味のコロン
香港名物の鷄蛋巻(エッグロール)
香港の冬の定番メニュー煲仔飯をカンタンに再現できる煲仔飯醤油
スポンサーサイト

香港島の西港城がカオスでした。美しいヴィクトリア様式の建物の中でパーティーをして紅茶を飲んで布地を買いましょう〜。[ The WesternMarket is old Victorian Architect at Sheung Wan, Hong Kong. ]


香港島の上環にウェスタンマーケット(西港城)というステキな建物があります。
イギリスには行ったことが無いのですが、昔のイギリスっぽさを感じます。
行ったことないのにどうやって感じているのかは聞かないでください。
201606WesternMarket_HongKong-9.jpg
3階建ての建物の1階部分にはレストランと雑貨屋さんが入っています。
そうですね、この建物にレストランと雑貨屋ってのはしっくりきますね。
201606WesternMarket_HongKong-2.jpg
レンガの壁、木の手すりの階段、ステンドグラスの窓、
建物全体が絵になるいいかんじの場所です。
階段部分はエアコンがなくてめっちゃくちゃ暑いですけどね。
201606WesternMarket_HongKong-3.jpg
お手洗いさえも重厚な木材の鏡台なんかがあってわくわくします。
そんなウェスタンマーケット(西港城)なのですが・・・
201606WesternMarket_HongKong-11.jpg
2階部分が全部生地屋さんです。
くりかえします、2階のフロア、全部が全部、生地屋さんです。
201606WesternMarket_HongKong-4.jpg
一体全体どーしてこーなったのか、まったく分かりませんが、
古いイギリスを感じる歴史的なレンガ建築の2階部分が全部生地屋さんなのです。
アメイジング香港。
201606WesternMarket_HongKong-8.jpg
で、そんな生地屋さんだらけの2階から3階へ続くエスカレーターです。
またしても意味が分からないくらいドラマティックに青く光っています。
201606WesternMarket_HongKong-7.jpg
「Club ONE 大舞臺 開放日」と書いてあります。
う〜ん・・・開放日ってことは、見学自由ってことでいいのかな〜?
ま、注意されれば出てけばいいやって思ってエスカレーターをのぼってみました。
201606WesternMarket_HongKong-5.jpg
これは結婚式場でしょうか?
なんだか青くてキレイですよ。
201606WesternMarket_HongKong-6.jpg
薄暗いからいい雰囲気なんだろうとは思いますが、良いですね。
ただし2階部分が全部生地屋さんです。
結婚パーティーをしている下の階が、あまり・・・
というか全くムードのかけらも無い生地屋さんなのですが・・・。
201606WesternMarket_HongKong-1.jpg
以上、わたしのなかで完全に不思議認定されたウエスタンマーケットでした。
上環(シャンワン)あたりで暑さに耐えられなくなったら、涼しいのでここへ。
ただし西港城の満記甜品(Honeymoon Dessert)は昼12時からの営業です。
あと、この建物は上へ上がるためのエスカレーターはありますが、
くだりのエスカレーターがありませんのでエレベーターで下りてください。

香港国際空港は飛行機を見るのに絶好の空港です。[ Airplane geeks definitely should visit to Hong Kong International Airport. ]

201606HongKongInternationalAirport-2.jpg
香港国際空港は飛行機を見るのに絶好の空港でした。
ちょうどわたしが香港に行く3週間前ここから帰りの便に乗りそびれて、
香港バケーションを2日間延長した知り合いが居たので、
先人に習い早めに空港に着いて「なにしよっかなー」と思っていたところ、
飛行機が見えすぎちゃって搭乗ぎりぎりまで窓にへばりついて飛行機を見ていました。
201606HongKongInternationalAirport-8.jpg
香港国際空港は滑走路と空港の建物の位置関係が絶妙です。
平行に存在するのでガラス張りの搭乗待ちスペースから飛行機見放題!
わたしが日本に帰国する日は矢印の方向から飛行機が降りてきました。
201606HongKongInternationalAirport-5.jpg
搭乗口付近の椅子に座ってこんなのが見れるって幸せです。
全世界の空港はこうあるべき!と思います。
201606HongKongInternationalAirport-1.jpg
上の写真と何が違うんだ?とか思わないでちょっと聞いてください。
こちらはフードコートなどがあるエリアの窓ぎわから見た滑走路です。
まぁ、たいした違いはありませんが。
どちらにしろ、よく見えるということです。
201606HongKongInternationalAirport-3.jpg
それにしてもこのキャセイパシフィック率の高さ!
飛んでくる飛行機の5機のうち4機がキャセイパシフィック機!
といっても過言ではありません。
201606HongKongInternationalAirport-7.jpg
ジャンボがいました。
というか、やっぱりキャセイか!笑
201606HongKongInternationalAirport-4.jpg
UPSのカーゴです。
逆噴射でボフーッってなってるのも見れます。
この空港、最高か!
201606HongKongInternationalAirport.jpg
フライトレーダー24で飛行機が飛んでくるのをチェックしながら待ちます。
というか、後ろにずーっと着陸機が並んでいるので切り上げ時に悩みます。
あと1機、あと1機・・・と見ているうちにすぐに搭乗時間になりました。
201606HongKongInternationalAirport-6.jpg
フライトレーダーでチェックした飛行機が次々に着陸。
というか、着陸ばっかり見てたけど離陸は???
着陸してくる飛行機を見るのが楽し過ぎて、うっかり離陸のことを忘れていました。
香港国際空港、トランジットだけでもいいからぜひまた行きたいです。