アメイジング自動ドア香港編!



香港で偶然見つけた自動ドアがありえない開き方をしました。
知らないと絶対危ないと思います。
というか、なんでこんなドアにしたの?
普通の引き戸式の自動ドアじゃダメな理由が分かりません。
とりあえず、53秒なんでムービーを見てください。



あぶないよ・・・

201707AutomaticDoorHongKong-1.jpg

写真を見たってスライド式の通常の自動ドアを付ける場所はふんだんにあるのに・・・
さすがです、中国、まいりました。
スポンサーサイト

香港のおみやげ完結編「京都念慈菴枇杷潤喉糖」と「陸羽茶室ティーパック」[ You should definitely buy it for Honk Kong souvenir. ;-) ]


やっと「香港のおみやげ完結編」です。
往路のスーツケースの半分はもちろん空いていますね?
復路のスーツケースの半分は言わずもがなおみやげで満タンですね。
ではいってみよー。
201704HongKong_souvenir-1.jpg
今回は香港みやげのド定番、念慈菴のハーバルキャンディーと陸羽のお茶です。
おみやげのパッキングに便利すぎるイーグルクリークのパックイットシリーズ、
旅行カバンのパッキングといえばイーグルクリーク!です。
201704NIN_JIOM_HerbalCandy-1.jpg
京都念慈菴枇杷潤喉糖は香港・台湾・中国では、
どこのおうちにもある”万能常備薬”なのでそうです。
京都念慈菴の枇杷潤(シロップ薬)喉(ノド用の)糖(飴)、つまりのど飴です。
201704NIN_JIOM_HerbalCandy-3.jpg
味は、日本で言うところのヴィックスドロップ味です。
1袋HK$8(日本円で約110円)です。
「なにこれ?京都のみやげ?」って言われました。
たしかに”京都”って書いてありますが香港みやげでございます。
201704NIN_JIOM_HerbalCandy-2.jpg
ハラフルードとそうでないものがあります。
わたしが一番おいしいと思ったアップル・ロンガン味はノンハラルです。
イスラム教のお友達にはレモングラスやマンダリン・レモン味をどーぞ。
201704LUK_YU-1.jpg
こちらも手頃なお土産として人気のルックユー(陸羽茶室)のお茶です。
鉄観音や水仙ウーロンなどいろんな味があります。
1箱FK$11.6(約160円)で25パック入っています。
201704LUK_YU-2.jpg
1パックで500mlのティーポット1回分にちょうどよいのです。
軽いのでおみやげに最適!と思います。
201704LUK_YU-3.jpg
味は、美味くもマズくもない、フツーのお茶です。
落としどころがないまま香港おみやげ、これにて完結です。

香港のおみやげ
鴛鴦茶とハローパンダ
クノールの香港式スープマカロニ(通粉)
ポップパンと香港限定味のコロン
香港名物の鷄蛋巻(エッグロール)
香港の冬の定番メニュー煲仔飯をカンタンに再現できる煲仔飯醤油

香港島の西港城がカオスでした。美しいヴィクトリア様式の建物の中でパーティーをして紅茶を飲んで布地を買いましょう〜。[ The WesternMarket is old Victorian Architect at Sheung Wan, Hong Kong. ]


香港島の上環にウェスタンマーケット(西港城)というステキな建物があります。
イギリスには行ったことが無いのですが、昔のイギリスっぽさを感じます。
行ったことないのにどうやって感じているのかは聞かないでください。
201606WesternMarket_HongKong-9.jpg
3階建ての建物の1階部分にはレストランと雑貨屋さんが入っています。
そうですね、この建物にレストランと雑貨屋ってのはしっくりきますね。
201606WesternMarket_HongKong-2.jpg
レンガの壁、木の手すりの階段、ステンドグラスの窓、
建物全体が絵になるいいかんじの場所です。
階段部分はエアコンがなくてめっちゃくちゃ暑いですけどね。
201606WesternMarket_HongKong-3.jpg
お手洗いさえも重厚な木材の鏡台なんかがあってわくわくします。
そんなウェスタンマーケット(西港城)なのですが・・・
201606WesternMarket_HongKong-11.jpg
2階部分が全部生地屋さんです。
くりかえします、2階のフロア、全部が全部、生地屋さんです。
201606WesternMarket_HongKong-4.jpg
一体全体どーしてこーなったのか、まったく分かりませんが、
古いイギリスを感じる歴史的なレンガ建築の2階部分が全部生地屋さんなのです。
アメイジング香港。
201606WesternMarket_HongKong-8.jpg
で、そんな生地屋さんだらけの2階から3階へ続くエスカレーターです。
またしても意味が分からないくらいドラマティックに青く光っています。
201606WesternMarket_HongKong-7.jpg
「Club ONE 大舞臺 開放日」と書いてあります。
う〜ん・・・開放日ってことは、見学自由ってことでいいのかな〜?
ま、注意されれば出てけばいいやって思ってエスカレーターをのぼってみました。
201606WesternMarket_HongKong-5.jpg
これは結婚式場でしょうか?
なんだか青くてキレイですよ。
201606WesternMarket_HongKong-6.jpg
薄暗いからいい雰囲気なんだろうとは思いますが、良いですね。
ただし2階部分が全部生地屋さんです。
結婚パーティーをしている下の階が、あまり・・・
というか全くムードのかけらも無い生地屋さんなのですが・・・。
201606WesternMarket_HongKong-1.jpg
以上、わたしのなかで完全に不思議認定されたウエスタンマーケットでした。
上環(シャンワン)あたりで暑さに耐えられなくなったら、涼しいのでここへ。
ただし西港城の満記甜品(Honeymoon Dessert)は昼12時からの営業です。
あと、この建物は上へ上がるためのエスカレーターはありますが、
くだりのエスカレーターがありませんのでエレベーターで下りてください。