千葉のブラジルへ行こうVol.2!モンテヤマザキでブラジルハンバーガーを食べる。[ Let's go to LITTLE Brazilian town in Yachiyo,Chiba. we can eat Brazilian hamburgers at MONTE YAMAZAKI. ]


6月の中頃に思い出して、食べたくて食べたくてたまらなかったブラジルバーガー。
悶え死ぬ前に食べにくることができました。
八千代の村上団地の中の商店街にアルモンテヤマザキです。
20170914MONTE_YAMAZAKI-1.jpg
お店の中には見たことのないような異国食材がたくさんあって、
入った直後から完全にモッテイカレそうになりますが、
ブラジルバーガーは出来上がりまでに15〜20分ほどかかるので、
注文してから店内をウロウロするのが吉です。
20170914MONTE_YAMAZAKI-3.jpg
南米といえば豆。
泣く子も黙る豆料理の雨あられ。
あぁ、、、ジャスミンライスが安い・・・
20170914MONTE_YAMAZAKI-4.jpg
プリンの元は1リットル用。
ゼリーの素にいたっては2リットル用が基本です。
作ってみようか!
と思ったけれど原材料に人工甘味料の名前が羅列されてたので今回はパスしておきます。
20170914MONTE_YAMAZAKI-2.jpg
シリアルバー的なもの。
書いてあるのはポルトガル語ですか?
20170914MONTE_YAMAZAKI-6.jpg
ベーコン味のマギーブイヨン的なやつです。
私の好きな香港の朝食「通粉」を作るのに使ったらウメーんじゃないかな!
20170914MONTE_YAMAZAKI-9.jpg
ってやってる間に出来上がりました。
X-リングイッサ(880円)なり。
でか!って言うほどにデカいのですが・・・
20170914MONTE_YAMAZAKI-8.jpg
どう?これででっかさのイメージ、つかめました?
トーストされてサクってなってるバンズとか、
これでもか!って入ってる具材とか、とにかく美味いのです。
20170914MONTE_YAMAZAKI-5.jpg
「そのへんで食べていきます!」ってお店の人に言ったら、
このテーブルと椅子を丁寧に拭いてくれました。
どうもありがとうございます。
20170914MONTE_YAMAZAKI-10.jpg
モンテ ヤマザキ (MONTE YAMAZAKI)
千葉県八千代市村上団地2-9-102
営業時間:朝9時から夜9時まで・月曜定休

関連記事
千葉のブラジルへ行こう!モンテヤマザキでブラジルハンバーガーを食べる(2015.11)
スポンサーサイト

柏のスリランカ!AYUBOWAN(アユボワン)でスリランカの味を堪能できるコロンボプレートをいただきました。


ずらりとならんだスパイスの向こう側にスリランカ(厨房)!!!
というわけでスリランカ料理をいただきに参りました。
201708AYUBOWAN_Kashiwa-1.jpg
柏のAYUBOWAN(アユボワン)です。
ランチメニューをじっくりと見ていると、
お店のフタッフが「Cのプレートがおすすめ」と指さしてきたので、それください。
201708AYUBOWAN_Kashiwa-3.jpg
日本のよくありがちなインドカレー店とよく似た内装です。
ネパールもインドもパキスタンもスリランカも「絶対一緒にされたくない!」と、
思っているに違いありませんが、
わたしには日本にあるそれらのレストランの内装における違いが分かりません・・・
201708AYUBOWAN_Kashiwa-4.jpg
スパイスや紅茶も販売中です。
いま気がつきました、スリランカと言えば紅茶!
201708AYUBOWAN_Kashiwa-9.jpg
つまりラッシー飲んでる場合じゃなくて、紅茶だったということに!
カレーっぽいものを食べたのでうっかりラッシーを飲んでしまいました。
201708AYUBOWAN_Kashiwa-5.jpg
ちなみに夜はバーになるらしく、お酒のメニューがたくさんあります。
201708AYUBOWAN_Kashiwa-7.jpg
夏の間は屋上にてビアガーデンも開催中だとか。
スリランカへのアーユルヴェーダ旅行なんかも手配していてなかなか手広い感じです。
201708AYUBOWAN_Kashiwa-6.jpg
厨房からスパイスの香ばしい匂いがしてきました。
何かをジュージューと炒めている音が聞こえます。
201708AYUBOWAN_Kashiwa-8.jpg
ランチプレートが運ばれてくる間、いろんなもの読んでみます。
スリランカ料理は日本料理のように「だし」をとるのだそうです。
それよりもなによりも・・・店内のあちこちにアーユルヴェーダやらロハスやら、
そんなスピリチュアルなキーワードがちりばめられていて・・・
医食同源とは言いますが、それを全面的に押してこられるのは好きではありません・・・
健康になるために食べてるんじゃなくて、うまいから食べたい!
うまいから食べてたら、健康になった!それでいいじゃん・・・と。
脱線した・・・閑話休題・・・
201708AYUBOWAN_Kashiwa-2.jpg
フリーwifi完備です。
201708AYUBOWAN_Kashiwa-10.jpg
おまちかねのコロンボプレートです。
チキンカレー、レンズ豆とココナッツのカレー、上にささってるのがパパダン(豆のせんべい)、
サラダと日替わりの副菜、そして飲み物(紅茶かラッシー)で1000円(税別)です。
201708AYUBOWAN_Kashiwa-11.jpg
スリランカはインドの南側にある涙型の島です。
なのでもっと南インドっぽいカレーなのかなと思ってたら、
見た目とシャバシャバ感はネパールのダルバートっぽいんだけども、
ネパールのカレーのようなトマト感は無くて、やっぱり独特でした。
スパイス以外の味の深みはやっぱり「だし」なんでしょうか、おいしかったです。
201708AYUBOWAN_Kashiwa-12.jpg
インゲン豆の副菜はおいしかったけれど、
もう一種類茶色い副菜が付いてて、高野豆腐のようなぶわぶわの肉(なのかな?)を
スパイスで炒めたものは謎味でした。
こーゆーなんだか訳の分からないものが付いてると異国を感じてワクワクします。
201708AYUBOWAN_Kashiwa-14.jpg
3階建てのビルの屋上でビアガーデンもやってる模様です。
2階ではマッサージが行われているようで、
なかなかやり手のスリランカレストランでした。

AYUBOWAN (アユボワン)
千葉県柏市東上町2-24
TEL:04-7186-6587
WEB:http://kashiwashoku.com/ayubowan/

流山おおたかの森ショッピングセンターの中にできたばっかりの鼎泰豐(ディンタイフォン)で小籠包を食べてきたよ。[ There's YUMMY xiaolongbao ( soup dumpling )in DIN-TAI-FUNG at Nagareyama, without traveling to Taipei. ]


ぼんやりと小籠包たべたいな〜とおもって鼎泰豐をググってみたら、
なんと流山おおたかの森ショッピングセンターに新しいお店ができてるじゃないか!
では、さっそく。
201705DIN_TAI_FUNG-9.jpg
台北の鼎泰豐(ディンタイフォン)にあったのと同じマスコットがいました。
台北でも大人気の鼎泰豐の様子はコチラでどーぞ。
201705DIN_TAI_FUNG-1.jpg
お水の代わりにポットでお茶がでてきました。
温かいお茶です。
どんなに真夏でも台北ではお湯かあたたかい茶が出てきました、それと一緒です。
201705DIN_TAI_FUNG-2.jpg
小籠包以外にも何か小料理を食べてみようか、と注文してみたコレ。
烤麩(カオフー)という上海地方の家庭料理だそうです。
201705DIN_TAI_FUNG-4.jpg
これがうまくてうまくて!!!
次に台湾や中国に行ったらカオフー行脚をしたいほどに旨かったです。
烤麩(カオフー)、忘れないようにメモっておこう。
201705DIN_TAI_FUNG-3.jpg
大人気!鼎泰豊のド定番、小籠包です。
やっぱりおいしい!日本で食べても美味しい!
201705DIN_TAI_FUNG-5.jpg
こちらは「海鮮小籠包3種盛り」です。
小籠包の皮で作った豆みたいなもので中の具材を分かるようにしてあります。
豆2個のがホタテ。
丸いマークがウニ。
豆3個のがズワイガニです。
どれもおいしかったけど、ウニがウニウニしくて最高でした。
201705DIN_TAI_FUNG-6.jpg
エビと豚肉入りのチャーハンにはわかめスープがついていました。
エビがプリップリでおいしかったです。
その他、空心菜の炒め物をいただきました。
鼎泰豊(ディンタイフォン)は台北でも高級な部類の小籠包レストランですが、
日本で食べるとなるとさらにご褒美価格です。
たいへんおいしくいただきました!

鼎泰豐・流山おおたかの森SC店
千葉県流山市西初石6-185-2
流山おおたかのもりS・C 3F
営業時間 11時から22時まで
参考までに・・・金曜日の夜8時頃に行ったら40分待ちでした。

関連記事
上海の德兴面馆(徳興面館)の小籠包
台北の小上海の小籠包
台北の好公道金雞園の小籠包
上海、豫園商城の南翔饅頭店本店の小籠包