THANK YOU 200,000 VIEW since October 5th 2012.



2月25日と26日のはざまあたりで20万ビュー、ありがとうございます。

ちなころぼっくるにっきがはじまったのは2006年5月10日ですが、

カウントは2012年10月5日からという中途半端な感じがまたヨロシ。

2015年2月13日に10万ビューをお祝いしています。

正直なところビューの数なんかどうでもよくて、書きたいから書く!

描きたいから描く!の姿勢を崩さず飽きるまで続けていこうと思っている次第です。

これからも、どーぞよろしく!
スポンサーサイト

糸島のタイ古式マッサージのサロン「バーンロムディ」でタイ古式マッサージを受けました。[ Thai traditional massage salon at Itoshima, Fukuoka. ]


ここで本題です。
なぜ満を持して初九州・福岡に上陸したのか!
それはmika先生がチェンマイとバンコクでの長い修行を終えて帰国して、
タイ古式マッサージのサロンを開いたからです。
201604Thai_Traditional_Massage_Fukuoka-8.jpg
タイ古式マッサージだけではなく、チネイザンやユーファイという
日本ではあまり聞いたことのない施術も習得してこられました。
201604Thai_Traditional_Massage_Fukuoka-4.jpg
さ、マッサージをやってもらおう!と思ったら・・・
そう簡単にタイ古式マッサージははじまりません。
まずは食事です。
人間に基本は食べること。特に味噌、日本人は味噌を食べないと!
201604Thai_Traditional_Massage_Fukuoka-5.jpg
朝ご飯を食べる習慣が無くなってからはや10年以上ですが、
mika先生がわたしの食生活を正しい方向に導いてくれようとしています。
基本はみそ汁!
それと、施術をするほうの先生はしっかり食べて、
リズムを崩さないように日々と同じように過ごしているようでした。
(とはいえ、わたしが寝坊したので先生もみちづれで寝坊させてしまいました。)
201604Thai_Traditional_Massage_Fukuoka-1.jpg
かなり遅めのブランチのあとに食休みを入れていよいよマッサージです。
バーンロムディのマッサージマットは通常の2倍の大きさがあります。
手足を大きく広げても、グイグイとストレッチされてもマットの上!

タイで何度もタイ古式マッサージを受けていますが苦手です。
実はmika先生の施術を受けるのもちょっとした賭けでした。
わたしの苦手なマッサージか否か。

バーンロムディで受けたマッサージは今まで受けたどのタイ古式マッサージとも
違う部分がありました。それは丁寧に丁寧に体の各部分を伸ばしてくれること。
こんなにも時間をかけてストレッチされてくれる先生はいませんでした。

タイ古式マッサージって太ももの筋肉をゴリゴリしてめちゃくちゃ痛いのが
基本なのかと思っていたけれど、全然違いました。
これは好きです、気持ちよかったです!

2時間コースのタイ古式マッサージをちょっと長めに施術してもらったので、
便秘が治る魔法のマッサージ・チネイザンはショートコースです。
なにぶん飛行機の時間があるため夕方4時過ぎにはバーンロムディを出発しないと。

201604Thai_Traditional_Massage_Fukuoka-10.jpg
チネイザンは「え?そこまで?」というほどに服をペローンとめくります。
そして内蔵の位置を整えてゆくのだとか。

初めてマッサージを受けて別世界に行ってしまいました。
トランス状態というのはきっとこーゆーことを言うのだろうと思います。
この不思議なマッサージからはすごいパワーを感じました。

そんな大げさな・・・と思うかもしれませんが、
mika先生におなかを差し出しているわたしの生死は、
完全にmika先生の手のうちにある、と思いました。
今回は時間の問題でショートコースでしたが、ぜひフルコースを受けてみたいです。
201604Thai_Traditional_Massage_Fukuoka-9.jpg
施術中も氷のように冷たいわたしの手足に、
mika先生が溶岩レンガを温めたものを当てがってくれました。
ホカホカの溶岩レンガをもってしても温まりの悪いわたしの手足に、
「すごい末端冷え性!冷たいものの飲み過ぎをやめないと」とイエローカードです。
溶岩レンガだけではなく、マッサージ中に体のポジションが変わるたびに、
いろいろなカタチのクッションを体に挟んだり足の下に入れてくれたり、
楽な体勢でマッサージが受けられるように気遣ってくれます。
近所だったら通う!回数券(あるのか?)買って通いたい!
201604Thai_Traditional_Massage_Fukuoka-7.jpg
タイ古式マッサージの創始者シヴァカ・ゴーマラバット師の像です。
ブッダの主治医だったそうです。
わたしが1泊2日の福岡旅行できかせてもらったマッサージの話だけでも、
ここには書ききれないほどなので、きっとmika先生はタイで毎日のように、
驚きや発見を体験してきたに違いありません。
201604Thai_Traditional_Massage_Fukuoka-6.jpg
マッサージをしていた先生のおなかが減るのはわけが分かりますが、
マッサージを受けていただけのわたしもナゼだか腹ぺこです。
さ、コレを食べて空港に向かうぞ!とパパッとmika先生が作ってくれました。
ポテサラを挟んだトーストと手作り苺ジャム入りのヨーグルトです。
手作り苺ジャムのうまいことったら!そしてハチミツがかかっていますが、
なんとタマリンドのハチミツだそうです。
マタリンド大好きなわたしが完全に見逃していたアイテムです。
次回、タイに行ったらぜひとも入手したいと思います。

バーンロムディ | 糸島のタイ古式マッサージのプライベートサロン
http://lomdee.daa.jp/

10th anniversary!



「ちなころぼっくるにっき」は今日、めでたく満10歳になりました。
一番最初の記事をふりかえってみたら、なんのこっちゃない味噌の写真と、
文字バケした日本海味噌の歌が書いてありました。
「〜」この記号が全て「?」になっています。

まだ八王子に住んでいました。
ちなみにゆきちゃんの日本海味噌は大きめのスーパーマーケットであれば、
たいがい手に入れることが可能です。

食べたいと思って足を運んで完食した天下一品の器の底に、
「明日もお待ちしています。」
と書いてあるんですよ、そーゆー場所を目指します、とりあえず今そんな気分です。
またあした。