五箇山で暮らす。


富山に住んでいたわたしにも「五箇山」という場所は特別な場所で、
子供の頃に父母に連れられて何度か合掌造りの家を見に来たことがありました。
家から見渡せる景色がダイナミックすぎる!
そんな場所に移り住んだ友達の家に遊びにいってきました。
201706Gokayama_Toyama-8.jpg
こちらが友達のおうちです。
蔵付きの絵に描いたような古民家です。
201706Gokayama_Toyama-2.jpg
まず、がんがら茶でおもてなしをしていただきまいsた。
あ〜見たことあるわ、このお茶、実家にあったわ〜。
201706Gokayama_Toyama-3.jpg
カワラケツメイという豆科の草を乾燥させて作るそうです。
豆の風味が効いていて、豆好きにはたまらんお茶でした、おかわり!
201706Gokayama_Toyama-10.jpg
あけて翌朝、じっくり時間をかけて炊き上げたあずきが胃に染みわたります。
お餅でパワーを得て、いざ畑へ。
201706Gokayama_Toyama-5.jpg
サツマイモの苗を植えるのを手伝いました。
サツマイモは茎を乾かして植えるだとか、根っこが出てるとダメだとか、より良いだとか、
諸説ありすぎて自分でやってみるのが一番のようです。
それがたとえ成功でも失敗でも。
201706Gokayama_Toyama-6.jpg
本見てたってサツマイモは育たない。
とりあえず植えるしかない!ということで畑へレッツゴー。
201706Gokayama_Toyama-7.jpg
サツマイモの苗は通称マルチと呼ばれる農業用ビニルをかけたあとに植えます。
芋掘りの時期にまた来たいな、とぼんやり思いました。
201706Gokayama_Toyama-9.jpg
すすたけは春の恵みです。
わたしの実家のあるあたりではあまり獲れませんが・・・
201706Gokayama_Toyama-4.jpg
すすたけといえば身欠ニシンで煮付けるもの!
Kちゃんもすっかりこの料理を覚えたようで、とてもおいしかったです。
よく味の染みた五箇山豆腐、あつあげ、がんもどき、最高でした。
1泊2日、おせわになりました、ありがとう。
スポンサーサイト

ますのすしと言えば「味の山正」の鱒の寿司です!富山県イチうまい!


富山と言えばますのすしです。
ますのすしといえば私の中でゆるぎない味の山正です。
ここでおみやげを買って帰ります。
201707Yamasyo_Takaoka-11.jpg
ショーケースに入っているのは箱だけのサンプルです。
2段2900円のますのすしを1個ください。
・・・2個買えなかった・・・2個買う財力はなかった・・・
201707Yamasyo_Takaoka-13.jpg
ますのすしを注文して、しばしの間待ちます。
店内を見回していると、小さい鱒の寿司をハッケン!
201707Yamasyo_Takaoka-2.jpg
ます中巻、1本498円、これなら買える!笑
ます中巻もください。
201707Yamasyo_Takaoka-5.jpg
おしげもなく鱒が入っていました。
こっちの鱒は火が通っている感じです。
やっぱり自分用のますのすしも買うんだった・・・と激しく後悔・・・
味の山正のますのすしは富山県イチうまいと思います。
味の山正・ウェブサイト:http://www2.tcnet.ne.jp/yamasho/

関連記事
富山県民がおすすめする本当に旨い鱒の寿しはこれだ!
富山名産ますのすしを焼いて食べてみると美味いらしいので試してみよう。