アサザに埋め尽くされた水面でザラマウスを投げ続けるトッパー、いまだ2匹目のブラックバスを見ず・・・


白鳥に近づくと明らかに怒っていたんだ・・・
すごい気迫で睨み返されて後ずさりしたんだ・・・
他の生き物の怒りを察知して回避しようとするのは、生き物の本能だなって思ったんだ。
201808surface_day9-2.jpg
サーフェイス修行9日目。
夕方からボートに乗って繰り出した水面ですが、さっそくおにぎり食べます。
なんて優雅な夏の夕方だろうか。
201808surface_day9-3.jpg
異常ナシです。
魚が釣れないことを日本では「ボウズ」っていうんだぜっていうのをタイ人友達に説明したら、
めっちゃ笑ってたんだよ、だからタイに釣りに行ったらタイ語で「ボウズ」はなんていうのかきいて、
タイに新しい釣り用語を普及させてこようと思ってるんだぜ。

日付は変わりまして、ある雨の日のことです。
夕方の1、2時間、オカッパリすることにしました。
201808surface_day9half-1.jpg
カッパを着ているから「おカッパり」というのか?
いやまさかそんな。
201808surface_day9half-3.jpg
どうすんだよワタシ、アサザだらけじゃねーか!!!
霞ヶ浦では全滅したとされているアサザがここににはまだあります。
移植したらいいんじゃないかしら?
いや、そーじゃないんだよ、こんなに生えてちゃルアー投げられない・・・
201808surface_day9half-2.jpg
どうせ釣れないトップウォーターだから、投げて遊ぶしかあるめぇ。
こんな時の強い味方はキマリネズミことザラマウスです。
そのウィードレスの高いボディは、ブラックバスさえもスルリとかわす、
ブラックバスレスルアーとも名高い(とわたしがキメた)あのザラマウスです。
201808surface_day9half-4.jpg
水草ヘッチャラ!スーイスイだぜ!
とばかりに、アサザの上でネズミをいたずらに滑らせていたら、
201808surface_day9half-5.jpg
青いカッパのオカッパリマンが釣り上げました。
しかも自作のハイボルテイジルワァで。
やるじゃねぇか!
201808surface_day9half-6.jpg
なぜこんな場所に?
なぜそんな確率で?
と思うけど、わりとよくこうなります。
ガイドのとこにフックがホールインワン。
201808surface_day9half-7.jpg
きょうは変な動きのルアーを借りて投げました。
ブリブリブリブリと全身を小刻みに震わせて不思議な動きをします。
こんなヘンテコな動きのものにかぶりついてくるブラックバスって生き物はなんなんだ。
そしてドコにいるんだよ。
わたしとも遊ぼうよ。
トップウォーター9.5日目、いまだ初バス以外のブラックバスに出会っていません。
つづく。
スポンサーサイト

木を焼いて削って洗って黒く加工する方法を学びます。


きょう、わたしに与えられたミッションはコレです。
白い板を焼くこと。まんべんなく焼くこと。でも板の表面だけね。
では、作業開始!
201809Handmade_craft-2.jpg
板を並べて隣へ隣へと焼いていきます。
ガス缶が冷えてバーナーの出力が落ちたらバーナーをチェンジして。
豪華にトーチバーナー2台使いでモリモリ作業しましょう。
201809Handmade_craft-14.jpg
ひとまわり分、終了・・・
コレは容易ではないぞ!
まだ進捗率が20%程度なのに、だいぶ辛いし飽きてきたぞ、どーするワタシ!?
201809Handmade_craft-4.jpg
しかもトーチバーナー2台使いなのに、ガス缶冷え冷えすぎて役に立たない。
ここでガス缶のおかわりが入ります。
トーチバーナー2台、ガス缶4本のローテーションで第二ステージに挑みましょう。
201809Handmade_craft-5.jpg
板の広い面は焼きやすいのですが、側面が焼きにくいいだってば。
なので側面をまとめて広い面として焼いてみましょう。
(隙間に炎が回って本格的に板が燃え始めました、消火!消火!)
201809Handmade_craft-6.jpg
板を全部焼き終わる頃にはシンデレラ!
灰かぶりオバサンの誕生でございます。軍手の跡がくっきり。
201809Handmade_craft-7.jpg
板を焼き終えたことを工房のボスへ報告すると、
ワイヤーブラシを探しておくようにとのことだったので探しておきました。
201809Handmade_craft-8.jpg
ボスが工房に帰ってきて焼いた板をブラッシングしはじめました。
焼け焦げた部分をブラシでこすって落とすのだそうです。
201809Handmade_craft-9.jpg
この作業は板を焼く作業よりも7割り増しでススだらけになります。
ススに咳こみながら丹念に板をブラッシングしました。
201809Handmade_craft-11.jpg
なんと、ブラッシングし終わった板と一緒に入浴タイム♡
ここでさらに湯でながしながら亀の子タワシでこすり洗いをします。
201809Handmade_craft-10.jpg
扇風機で乾燥中。
白く塗装されていた板はすっかり真っ黒になりました。
201809Handmade_craft-12.jpg
乾燥を終えた板は、こんなに感じのいい棚になりました。
この製法をなんというかは知りませんが、ボス曰く「安くて雰囲気のいい板ができる」そうです。
201809Handmade_craft-13.jpg
合板じゃない木の板っていいよね。
今回は木を焼いてブラッシングして洗って黒く加工する製法を学びました。おしまい。